2024年2月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

【2024年2月】コスパ最強のゲーミングPCおすすめランキング34選

当ページには広告が含まれています。

本記事では、2024年1月最新のコスパ最強ゲーミングPCのおすすめモデルを紹介しています。

初心者向けやスペック最強、BTOブランド別などに分けておすすめしているので、自分が気になるジャンルがないか目次をチェックしてみてください。

また、リアルタイムの価格相場、知識ゼロでも分かる選び方についても解説しています。

【提供:株式会社日本HP】当メディア限定クーポンが使える!
こちらから公式ページへ飛び132,000円(税込)以上のゲーミングPCを購入すると、7%安く買うことができます。期間は2024/2/29(木) 23:59までなので、お早めに!

以下の製品は対象外です。
・価格.com限定モデル製品(個人向けPCのみ対象外)
・プリンタ製品
・Workstation製品
・個人向けAndroidタブレット製品

2024年2月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル XL7C-R45XL7C-R45 RM5C-R46TRM5C-R46T ILeDEs-R779-L137C-UL2XBILeDEi-M77M-A147F-UL1XB
価格 161,980円(税込) 164,800円(税込) 296,700円(税込)
CPU Core i7-13700H Core i5-13400F Core i7-14700F
GPU RTX 4050 RTX 4060 Ti RTX 4070 Ti
目安fps/画質 ~120fps/フルHD ~180fps/フルHD ~240fps/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

最新の価格相場|ゲーミングPCは最低いくらで買える?

2023年最新のゲーミングPCの価格相場は、安いモデルだと15万円、コスパ重視だと20万円以上、性能重視だと40万円以上

2024年1月現在、最新のゲーミングPCの価格相場は下記のとおり。

  • 安いモデル:13~15万円以下
  • コスパ最強モデル:18~22万円以下
  • スペック最強モデル:40~50万円以上

以前よりかは価格の推移が落ち着いてきており、全体的に安くなってきている状況です。

上の価格を目安に、コスパの良いおすすめのゲーミングPCを本記事では紹介しています。

なお、各BTOメーカーの売れ筋ゲーミングPCの相場を解説した記事もあるので、あわせてどうぞ。

だらメモろぐ独自のゲーミングPCおすすめモデル選定基準

ゲーミングPCを既に持っている男女100人を対象として『だらメモろぐ』が独自でアンケートを実施。

調査のなかで分かった人気の高いパーツ構成、希望するフレームレート(fps)などをもとに、ベストなゲーミングPCを本記事で選定しています。

クリックで開く

▼ゲーミングPCを購入する際に希望するスペックはCore i7-12700×RTX 3070
人気のあるゲーミングPCのスペック

もっとも多かったのは、ハイスペック構成である「Core i7-12700×RTX 3070」。価格帯にして、およそ25~30万円です。

このスペックであれば、Apex Legendsなどの人気FPSゲームを200fps以上で安定して遊べるため、性能重視の方に人気があるといえます。

いっぽう、3位には「Core i5-12400×RTX 3060 Ti」の高コスパ構成もランクイン。20万円以下で購入できる安さ、160~180fpsは狙える性能の良さで注目を浴びています。

1位や2位の構成は、人によってはオーバースペックになる場合もあるので、ちょうどよい性能であることも人気の理由の1つです。

現在主流の構成なら1位は「Core i7-13700(F)×RTX 4070」か「Core i7-14700(F)×RTX 4070」。

3位は「Core i5-13400(F)×RTX 4060 Ti」か「Core i5-14400(F)×RTX 4060 Ti」搭載モデルに相当します。

▼ゲーミングPCを購入する際に希望するフレームレート(fps)は240fps
ゲーマーが求める理想のフレームレート(fps)

ゲーミングPCを購入する層がFPSゲームをプレイする層と大きく被っているからか、高フレームレートである240fpsを希望する人が多くいました。

上の見出しで紹介した1位・2位の構成で狙えるfps値なので、やはりゲーマーなら最低でもこれぐらいはほしいという人気の高さが伺えます。

最低ラインを攻めたい場合は、144fps以上を出せる3位の構成のゲーミングPCがおすすめです。

▼実際にゲーマーが使っているPCパーツ構成

CPU

ゲーミングPCに搭載しているCPUランキング

高性能なゲーミングPCに採用されるIntelの「Core i7シリーズ」が上位を占めています。

調査時点で最新のCPUは第12世代。第13世代Coreが主流の現在で、人気の構成をもとに選びたい場合は「Core i7-13700(F)」が搭載されているかチェックしましょう。

GPU

ゲーミングPCに搭載しているGPUランキング

CPUとは異なり、GPUは新しい世代であるRTX 30シリーズを搭載したゲーミングPCが半数以上を占めています。

概ね先程の人気スペック構成の順位と変わりませんが、なかには超ハイスペックなGPU「RTX 3090」を希望する人も。4K画質で遊びたい・240fps張り付きでプレイしたいといった人におすすめです。

最新世代のRTX 40シリーズなら、RTX 4070 Ti以上を選べば4K画質でのプレイが視野に入ってきます。

なお、10万円台で買いたい場合は、「GTX 1660 SUPER」もしくは「GTX 1650」が搭載されているモデルを選びましょう。

どちらも画質を落とせばゲームをプレイすることは可能です。ただし、重量級の最新タイトルではギリギリのスペックになるので注意しましょう。

メモリ容量

ゲーミングPCに搭載しているメモリ容量ランキング

メモリ容量は圧倒的に16GBが過半数を占めています。ゲームをプレイするだけなら十分な容量である、標準で搭載されている容量であるといった理由で、この結果になったと思われます。

基本的にカスタマイズしなくても大丈夫ですが、本格的に動画編集をしたい・少しでもカクつく要素を減らしたい・配信を快適にしたい場合は次点で人気のある32GBに増やしましょう。

SSD・HDD

ゲーミングPCに搭載しているSSD容量ランキング
ゲーミングPCに搭載しているHDD容量ランキング

SSDは標準搭載されている500GB、HDDは余裕を持った2TBが人気です。

ストレージ容量の不足が不安な場合は、SSDはいじらずカスタマイズで2TBのHDDを増設するのがおすすめ。

なお、ゲームをたくさんインストールしたい場合は、標準で1TB以上のSSDを搭載したモデルを選びましょう。

SSDが1TBあるモデルは、ほとんどハイスペックなので性能的にも満足できるはずです。

プレスリリースはこちら

ゲーミングPCのCPU・グラボ性能比較

どのCPU・GPUを搭載したモデルを選べばよいか分からない方向けに、両パーツの性能比較表を作成しました。

CPU・GPUに記載してあるコメントの組み合わせがおすすめです。たとえば、コスパ重視であればCore i5-13400(F)とRTX 3060 TiやRTX 4060 Tiを搭載したモデルを選びましょう。

CPUの性能比較表
AMD Ryzen 9 7950X
63,210
AMD Ryzen 9 7950X3D
62,638
Intel Core i9-13900KS
61,943
Intel Core i9-14900KF
60,983
Intel Core i9-13900KF←最強クラスCPU!
58,877
Intel Core i7-14700KF
53,873
Intel Core i9-13900F
52,568
AMD Ryzen 9 7900X
52,147
AMD Ryzen 9 7900X3D
50,617
AMD Ryzen 9 7900
49,049
Intel Core i7-14700F
48,714
Intel Core i7-13700KF
46,470
Intel Core i9-12900KS
44,219
Intel Core i9-12900KF
41,236
Intel Core i7-13700F←性能重視ならおすすめ!
39,750
Intel Core i5-14600KF
38,376
Intel Core i5-13600KF
38,130
Intel Core i9-12900F
37,032
AMD Ryzen 7 7700X
36,210
AMD Ryzen 7 7700
34,978
Intel Core i9-12900HX
34,816
AMD Ryzen 7 7800X3D
34,523
Intel Core i7-12700KF
34,480
Intel Core i5-13500
32,338
Intel Core i7-12700F
30,908
AMD Ryzen 5 7600X
28,721
Intel Core i9-12900H
28,593
AMD Ryzen 7 5800X3D
28,248
Intel Core i9-12900HK
27,933
Intel Core i5-12600K
27,796
AMD Ryzen 5 7600
27,487
AMD Ryzen 7 5700X
26,764
AMD Ryzen 7 5700X3D
26,702
Intel Core i7-12700H
26,445
Intel Core i5-14400F
25,735
Intel Core i5-13400F←コスパ重視ならおすすめ!
25,448
AMD Ryzen 7 5700G
24,658
AMD Ryzen 7 6800HS
22,927
AMD Ryzen 9 5900HX
22,736
AMD Ryzen 5 5600
21,598
Intel Core i5-12600
21,391
Intel Core i5-12400F
19,603
Intel Core i5-12400
19,454
AMD Ryzen 5 5500
19,526
AMD Ryzen 5 4500
16,195

【コスパ最強】初心者向けのゲーミングPCおすすめランキング

【コスパ最強】初心者向けデスクトップ版ゲーミングPCおすすめランキング

順位1位2位3位
モデルRM5C-R46TILeDEs-M7P5-AR56X-RBSXBRM5C-G60S
メーカードスパラパソコン工房ドスパラ
価格164,800円144,800円134,979円
CPUCore i5-13400FRyzen 7 5700XCore i5-14400F
GPURTX 4060 TiRTX 4060GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)500GB500GB500GB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

1位 ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

コスパ最強を求めるならコレ!ほとんどのゲームを快適に遊べるスペック

おすすめ度:5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13400F
グラフィックチップRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 価格を抑えつつ144fps張り付きも狙える性能
  • フルHDならほとんどのゲームが快適
  • 翌日出荷対応
こんな人にはおすすめしない
  • 4K解像度でゲームをしたい人

ドスパラから販売されているゲーミングPCでもコスパ最強といえる構成を採用した「RM5C-R46T」。

最新のミドルスペックグラボ「RTX 4060 Ti」を搭載しており、Apex Legendsの低設定ならシーンによっては200fps以上の高いフレームレートを出せます。

4Kなどの高解像度には向きませんが、フルHDならMMORPGを最高画質設定で遊ぶことも可能。DLSS3に対応したタイトルなら、より高いフレームレートでプレイできます。

また、ドスパラの出荷スピードは業界でも非常に早く、翌日出荷に対応しているのもポイント。

ゲーマーの多くが使っているフルHD環境に適した性能があるので初心者にも、上級者にもおすすめできるコスパ最強のゲーミングPCです。

2位 イーヤマ パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M7P5-AR57X-RLSXB

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M7P5-AR57X-RLSXB

RTX 4060搭載モデルが15万円以内というコスパの良さ!

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーAMD
CPURyzen 7 5700X
グラフィックチップRTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • Ryzen 7 5700X搭載の高コスパモデル
  • フルHDなら144fps以上でプレイできる
  • 光学ドライブ搭載可能
こんな人にはおすすめしない
  • VRを楽しみたい人

AMDの8コア16スレッドCPU「Ryzen 7 5700X」を搭載したパソコン工房のコスパモデル。

グラボには「RTX 4060」を搭載しており、Apex LegendsのフルHD・低画質設定なら200fps以上の高いフレームレートでプレイできます。

一般的なゲーミングモニターのリフレッシュレートは144Hzなので、フルHDでゲームをプレイするなら十分な性能です。

SSDは標準で500GBを搭載。ゲームを複数インストールしたい場合は、カスタマイズでストレージを追加するのもおすすめです。

CPUとグラボのバランスが良く、コスパも良好なモデルになっています。

3位 ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

価格控えめでも十分快適!初めてのゲーミングPCにぴったりなモデル

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-14400F
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • デスクトップのなかでも比較的低価格
  • フルHD・低画質なら100fpsを狙える性能
  • 翌日出荷対応
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質設定でプレイしたい人

RM5C-G60Sはグラボに「GTX 1660 SUPER」を搭載したドスパラのエントリー向けゲーミングPCです。

初心者向けのコスパ構成ですが、CPUには最新の「Core i5-14400F」を採用しているのがポイント。

フルHD・低画質の環境なら、Apex LegendsのようなFPSゲームでも100fpsを狙える性能があります。

PS4からゲーミングPCに移行したい、そこまでハイスペックじゃなくて良いから低予算でゲーミングPCを手に入れたいといった方におすすめです。

【コスパ最強】初心者向けゲーミングノートPC版おすすめランキング

順位1位2位3位
モデルP6-I7G50BK-ADell G15 ゲーミングノートPCRL7C-R35N
メーカーマウスコンピューターDELLドスパラ
価格169,800円(税込)129,987円(税込)114,980円(税込
CPUCore i7-12650HCore i5-13650HXCore i7-12650H
GPURTX 4050RTX 3050RTX 3050
メモリ容量16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)500GB512GB500GB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

1位 マウスコンピューター G-Tune P6-I7G50BK-A

マウスコンピューター G-Tune P6-I7G50BK-A

RTX 4050搭載!G-Tuneの最新ゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12650H
グラフィックチップNvidia RTX 4050
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz16インチ/165Hz
本体サイズ幅358.4×奥行き268.3×26.3mm
重量約2.34kg
OSWindows
おすすめする理由
  • おしゃれなデザイン
  • 最新のRTX 4050を搭載
  • 165Hzの高速ディスプレイ
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

intelの第12世代CPU「Core i7-12650H」を搭載したマウスコンピューターのゲーミングノートPC。

最新のエントリークラスGPUである「RTX 4050」を採用しているため、DLSS3を使えるのがポイント。

重いゲームのサイバーパンク2077でも、フルHDならDLSS3を使用すれば60fps以上のフレームレートで快適にプレイが可能です。

ディスプレイは165Hzの高いリフレッシュレートに対応。フルHDより縦に広いWUXGAなので、一度に閲覧できる情報が多くなるので、クリエイティブな用途に使い方にもおすすめのモデルです。

2位 DELL G15 ゲーミングノートPC

DELL G15 ゲーミングノートPC

コスパ良好!中高生でも手が出しやすい価格帯のノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13650HX
グラフィックチップNvidia RTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/120Hz
本体サイズ幅357.26×奥行き274.52×26.95mm
重量約2.81kg
OSWindows
おすすめする理由
  • おしゃれなデザイン
  • インテル第12世代CPU搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 144fps以上出せるゲーミングノートPCがほしい人

旧世代と比べてマルチスレッド性能が向上した「Core i7-13650HX」を搭載したゲーミングノートPC。

「RTX 3050」はRTXシリーズのなかではエントリークラスのグラボですが、ディスプレイのリフレッシュレートも120Hzと程々なので、バランスのとれた性能です。

カスタマイズではゲーミングマウスやキーボード、ヘッドセットなど周辺機器の選択肢が豊富にあるので好みの環境を作りやすくなっています。

約2.56kgとゲーミングノートPCとしては普通の重さなので、主に自宅で使う方におすすめです。

3位 ドスパラ ガレリア RL7C-R35N

ドスパラ ガレリア RL7C-R35N

コスパよし!144Hzモニターを採用したエントリー向けのノートPC

おすすめ度:3

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12650H
グラフィックチップNvidia RTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/144Hz
本体サイズ幅360×奥行244×高さ24~27.7mm
重量約2.1kg
OSWindows

おすすめする理由
  • 15.6インチ・144Hzの高速ディスプレイ
  • 100fps程度であれば出せる性能
  • 非常に安い
こんな人にはおすすめしない
  • ノートでもデスクトップ並の性能を求める人

エントリー向けの最新GPU「RTX 3050」を搭載したドスパラのゲーミングノートPC。CPUには「Core i7-12650H」を採用しているので、GPUの足を引っ張りません。

フォートナイトではシーンにもよりますが、フルHD・低設定なら130fps程度のフレームレートをだせます。

ディスプレイのリフレッシュレートは144Hzなのもポイント。設定を調整すれば、なめらかな映像でゲームをプレイ可能です。

シンプルなデザインなので普段使いにも適しています。カジュアルにゲームをプレイするという方におすすめのコスパがよいモデルです。

【ハイスペック最強】ゲーミングPCおすすめランキング

高性能なデスクトップ版ゲーミングPCおすすめランキング

順位1位2位3位4位5位
モデルPG-PSKXB7THydro Z790 Extreme/D5UA9C-R49FZ-I9G90ILeDEs-R7X7-LR79D-VLSXR
メーカーストームサイコムドスパラマウスコンピューターパソコン工房
価格269,800円(税込)495,710円(税込)564,980円(税込)659,800円(税込)434,800円(税込)
CPUCore i7-13700FCore i7-14700KCore i9-14900KFCore i9-14900KFRyzen 9 7900X3D
GPURTX 4070 TiRTX 4080(水冷)RTX 4090RTX 4090RTX 4080
メモリ容量32GB16GB32GB64GB32GB
ストレージ容量(SSD / HDD)1TB1TB1TB / 2TB2TB1TB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

1位 ストーム PG-PSKXB7T

ストーム PG-PSKXB7T

RTX 4070 Tiを採用!ストームのハイスペックゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13700F
GPUNvidia RTX 4070 Ti
メモリ容量32GB(DDR4)
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 4Kでのゲームも視野に入る性能
  • メモリが32GBと大容量
  • ストームの即納モデル
こんな人にはおすすめしない
  • 注文時にカスタマイズしたい人

ストームの「PG-PSKTi47」は、Intelの第13世代CPU「Core i7-13700F」を搭載したストームのゲーミングPC。

GPUにはハイスペックな「RTX 4070 Ti」を採用しており、Apex LegendsのフルHD・低画質なら上限フレームレートの300fpsも狙える性能があります。

また、ゲームによっては高精細な4K解像度でも快適にプレイできる非常に優秀なGPUです。

CPUのCore i7-13700Fはマルチスレッド性能が高く、メモリが標準で32GBあるのもポイント。配信や動画編集にも適したモデルになっています。

土日祝祭日をはさむ場合を除き、午前9時までに注文すると当日出荷される即納モデルなので、早くゲーミングPCが欲しい方にもおすすめです。

【水冷最強】2位 サイコム G-Master Hydro Z790 Extreme/D5

サイコム G-Master Hydro Z790 Extreme/D5

最強のW水冷システム!静音性と冷却性を兼ね備えた動作安定モデル

おすすめ度:5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700K
GPUNvidia RTX 4080(水冷)
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • W水冷による安定した動作
  • カスタマイズでRTX 4090が選べる
  • 鮮やかなLEDライティング
こんな人にはおすすめしない
  • 予算が40万円以下の人

「G-Master Hydro Z790」はサイコムの得意分野であるW水冷システムを搭載した最強のゲーミングPCです。

CPUのみに水冷システムを採用しているPCは珍しくありませんが、サイコムはGPUにも水冷を採用しているため強力な冷却と静音性を両立しています。

ゲーミングPCは温度が上昇すると本来の性能を発揮できません。しかし、本モデルは水冷システムで熱をしっかりと抑えられるため、熱暴走のリスクを避けることが可能です。

CPUは最新世代の「Core i7-14700K」を採用。Core i7ながら20コア、28スレッドとマルチスレッド性能が高いので、ゲームプレイと配信の高負荷でも快適です。

RTX 4090にカスタマイズもできるので、狙いたいフレームレートや予算に合わせて選びましょう。

3位 ドスパラ ガレリア UA9C-R49

ドスパラ ガレリア UA9C-R49

インテル最新世代!240fps張り付きを狙うならコレ

おすすめ度:5

タイプフルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-14900KF
GPUNvidia RTX 4090
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量2TB
電源1000W
OSWindows
おすすめする理由
  • 240fps張り付きを狙える性能
  • 4K画質でのプレイ・VRにも最適
  • 動画編集やイラスト制作などもサクサク
こんな人にはおすすめしない
  • 予算を抑えたい人

「ガレリア UA9C-R49」はドスパラのなかでも最強といえるモデルです。Intelの最新世代CPU「Core i9-14900KF」を搭載し、オーバークロックにも対応。

GPUも最新世代の最強モデルである「RTX 4090」を搭載し、他の追随を許さない猛烈なスペックとなっています。

最新世代の最強CPUとGPUの組み合わせなので、4K/60fpsはもちろん、Apex LegendsなどのゲームをフルHDで300fpsオーバーも狙えます。

CPUの性能を余すことなく発揮するために、冷却システムには水冷を採用。温度上昇によるクロック数の低下を防ぎます。

メモリは余裕のある32GBを搭載しているので、ゲーム配信時にもメモリ不足になることはほぼありません

1TBのSSDと2TBのHDDが備わっているのもポイント。多数のゲームと動画を保存できるので、ゲーム実況動画を投稿したい人にも最適です。

4位 マウスコンピューター G-Tune FZ-I9G90

マウスコンピューター G-Tune FZ-I9G90

全ての容量が盛り盛り!マルチタスクを超快適にこなせる最強ゲーミングPC

おすすめ度:5

タイプフルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-14900KF
GPUNvidia RTX 4090
メモリ容量64GB
SSD容量2TB
HDD容量
電源1200W
OSWindows
おすすめする理由
  • 最強スペックのRTX 4090を搭載
  • メモリが64GBでほぼ容量不足に陥らない
  • 非常に大容量なストレージ
こんな人にはおすすめしない
  • フルHDでゲームをプレイする人

「G-Tune FZ-I9G90」はマウスコンピューターが販売しているゲーミングPCのなかでも最強のハイエンドモデルです。

CPUにIntel最新世代の「Core i9-14900KF」、GPUには「RTX 4090」を搭載しており、メモリも64GBと非常に大容量。

ゲームを高精細な4Kでプレイできるのはもちろん、動画エンコードなどの重い作業も快適にできる性能があります。

また、2TBのSSDを標準搭載しているので、ストレージの容量を気にすることなく、ゲームをインストールできるのもポイントです。

4K解像度や240fps以上の高フレームレートでゲームをプレイしたい人や、動画編集などのストレージの容量を多く使う方におすすめします。

5位 イーヤマ パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-R7X7-LR79D-VLSXR

イーヤマ パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-R7X7-LR79D-VLSXR

Ryzen 9 7900X3D搭載!ゲームに特化したCPUを搭載したハイスペックモデル

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーAMD
CPURyzen 9 7900X3D
GPUNvidia RTX 4080
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源1000W
OSWindows
おすすめする理由
  • ゲームに特化したRyzen 9 7900X3Dを搭載
  • マットな質感で高級感のあるPCケース
  • WQHDでもゲームをプレイできる
こんな人にはおすすめしない
  • IntelCPUを好む人

3D V-Cacheを内蔵したAMDの最強クラスCPU「Ryzen 9 7900X3D」が搭載されているパソコン工房のハイスペックゲーミングPCです。

Ryzen 9 7900X3Dはゲーム向けのCPUで、基本モデルのRyzen 9 7900Xより省電力。ゲームに限れば第13世代Core i9と同等以上の性能があります。

グラボには「RTX 4080」が採用されているので、フルHDより高精細なWQHDでも高いフレームレートでゲームをプレイ可能です。

また、メモリは32GBと大容量で、電源ユニットには80PLUS PLATINUM認証を採用しているのもポイント。ゲームだけではなく、配信も快適に行える性能です。

SSDも1TBあるので標準構成でも十分ですが、HDDを追加するとより快適になります。

高性能なゲーミングノートPCおすすめランキング

順位1位2位3位4位5位
モデルROG Strix G16 G614JZRNEW ALIENWARE M16 ゲーミング ノートPCROG Zephyrus G14 GA402XZAORUS 17X XES-B3JP544UPROG Flow X13 GV302XV
メーカーASUSDELLASUSGIGABYTEASUS
価格359,800円(税込)351,843円(税込)359,800円(税込)286,000円(税込)319,800円(税込
CPUCore i9-14900HXCore i9-13900HXRyzen 9 7940HSCore i9-12900HX Ryzen 9 7940HS
GPURTX 4080RTX 4080RTX 4080RTX 3070 TiRTX 4060
メモリ容量32GB16GB32GB32GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)1TB1TB1TB1TB1TB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

1位 ASUS ROG Strix G16 G614JZR

ASUS ROG Strix G16 G614JZR

240Hzの超高速ディスプレイ採用!デスクトップ並の性能を持つ最強モデル

おすすめ度:4.5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-14900HX
GPUNvidia RTX 4080
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz16インチ/240Hz
本体サイズ
  • 幅354mm
  • 奥行264mm
  • 高さ22.6~31mm
重量約2.5kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 240fps以上を狙える超ハイスペ
  • 大迫力の映像が観られる
  • メモリ・ストレージが大容量
こんな人にはおすすめしない
  • 持ち運びやすいモデルがほしい人

Intelの最新世代CPU「Core i9-14900HX」を搭載したROGシリーズのなかでもトップクラスの性能を持つ最強モデル

GPUには「RTX 4080」を採用しており、重いFF15ベンチマークでもフルHD・高品質で15000以上のスコアを出せる性能があります。

また、ディスプレイは240Hzの超高速なリフレッシュレートに対応しているので、改めてゲーミングモニターを用意する必要もありません。

Core i9-14900HXは24コア32スレッドとマルチスレッド性能も高く、メモリは32GBを標準搭載しているのもポイントです。

デスクトップ並の性能があるので、ゲーム以外のクリエイティブな作業にも適した最強クラスのゲーミングノートPCになっています。

2位 DELL ALIENWARE M16 ゲーミング ノートPC

DELL NEW ALIENWARE M16 ゲーミング ノートPC

デザインと性能の両立!かっこいいノートパソコンがほしいならコレ

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-13900HX
GPUNvidia RTX 4080
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz16インチ/165Hz(カスタマイズ可能)
本体サイズ
  • 幅368.9mm
  • 奥行289.9mm
  • 高さ25.4mm
重量約3.25kg
OSWindows
おすすめする理由
  • ディスプレイをカスタマイズ可能
  • メカニカルキーボードにアップグレードもできる
  • デスクトップ並の高性能
こんな人にはおすすめしない
  • 持ち運びやすいノートPCが欲しい人

「ALIENWARE M16 ゲーミング ノートPC」はDellが販売しているゲーミングノートPCのなかでも最強クラスのスペックを持つモデルです。

CPUに「Core i9-13900HX」、GPUには「RTX 4080」とハイスペックなパーツを搭載。並のデスクトップPCを上回る性能があります。

ディスプレイはWQHDよりも少し縦に広いQHD+を採用し、165Hzのリフレッシュレートに対応しているのもポイント。

メモリは64GBまで、SSDはデュアルストレージにも変更できるので、用途に合わせてカスタマイズしたい人にもおすすめのゲーミングノートPCです。

3位 ASUS ROG Zephyrus G14 GA402XZ

ASUS ROG Zephyrus G14 GA402XZ

14インチと小型なのに高性能!RTX 4080を搭載したハイスペックモデル

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーAMD
CPURyzen 9 7940HS
GPUNvidia RTX 4080
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz14.0インチ/165Hz
本体サイズ
  • 幅312mm
  • 奥行227mm
  • 高さ19.5~22.61mm
重量約1.72kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 約1.72kgと軽量
  • RTX 4080搭載の高性能モデル
  • 165Hzの高速ディスプレイを採用
  • デザインがオシャレ
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質を楽しみたい人

AMDのCPU「Ryzen 9 7940HS」を搭載したASUSのハイスペックなゲーミングノートPCです。

ディスプレイサイズは14インチと小型モデルながら、最新のハイスペックGPU「RTX 4080」を搭載。

Apex Legendsなら低設定で平均200fps以上の高いフレームレートが出るため、デスクトップPC並の性能があります。

重量が約1.72kgと軽いのもポイント。持ち運びしやすく、ゲーム性能も高いので外出先でも快適にゲームをプレイすることが可能です。

ROG Zephyrus G14 GA402XZについては実機レビューがあるので、より詳細な情報を知りたい方はチェックしてみてください。

4位 GIGABYTE AORUS 17X XES-B3JP544UP

AORUS 17X XES-B3JP544UP

大画面で迫力ある映像を!360Hzの超高速ディスプレイを備えたハイスペックモデル

おすすめ度:3.5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-12900HX
GPUNvidia RTX 3070 Ti
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz17.3インチ/360Hz
本体サイズ
  • 幅398mm
  • 奥行254mm
  • 高さ30mm
重量約2.7kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 200fps以上も狙える性能
  • 17.3インチの大画面
  • メモリ・ストレージが大容量
こんな人にはおすすめしない
  • 持ち運びやすいモデルがほしい人

CPUに16コア24スレッドの「Core i7-12900HX」を搭載したGIGABYTEのハイスペックなゲーミングノートPC。

ノートPC版ながらハイスペックなGPU「RTX 3070 Ti」を採用しており、フォートナイトのフルHD・低設定ではシーンにもよりますが200fps以上の高いフレームレート出せます。

17.3インチの大型ディスプレイは360Hzと非常に高いリフレッシュレートになっているので、ゲームをなめらな映像でプレイ可能です。

また、最新の無線通信規格Wi-Fi6Eに対応しているのもポイント。2.5Gbpsの有線LANも搭載しているため、ラグの心配もありません。

メインメモリの容量も32GBと大容量なので、複数のアプリケーションを同時に使う方にもおすすめです。

5位 ASUS ROG Flow X13 GV302XV

ASUS ROG Flow X13 GV302XV

13.4インチのミニサイズ!外付けGPUでフルパワーモードにできる

おすすめ度:3.5

CPURyzen 9 7940HS
GPURTX 4060
メモリ16GB
SSD1TB
画面サイズと対応Hz13.4インチ/165Hz
本体サイズ
  • 幅299.4mm
  • 奥行212.9mm
  • 高さ16.75~18.75mm
重量約1.35kg(本体のみ)
おすすめする理由
  • かばんに入れやすく便利
  • タブレットモードにもできる
  • 専用の外付けGPUに対応
こんな人にはおすすめしない
  • 単体で高性能なゲーミングノートPCが良い人

AMDの最新世代CPU「Ryzen 9 7940HS」を搭載したASUSのゲーミングノートPCです。

13.4インチという非常にコンパクトなボディで重量も約1.35kgと軽いため、持ち運びやすいモデルになっています。

GPUには「RTX 4060」を搭載しており、FF14のフルHD・最高設定なら平均70fpsでプレイが可能。サイズを考えれば十分な性能があります。

また、タブレットとしても活用できる2in1タイプなのもポイント。外出先でもカクつき無くゲームをプレイしたい方におすすめなコンパクトモデルです。

ASUS ROG Flow X13 GV302XVについては実機レビュー記事がありますので、より詳細な情報を知りたい方はチェックしてみてください。

BTOメーカー別ゲーミングPCのおすすめ

ここからはBTOメーカー別にゲーミングPCを紹介していきます。売れ筋の人気モデルをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

なお、お気に入りのブランドがある場合は下記リストから読み飛ばせます。

また、ゲーミングPCをどこで買えばいいか分からない場合は、BTOメーカーの特徴をまとめた記事があるので、あわせて読んでみてください。

【2024年2月】イーヤマ(パソコン工房 レベルインフィニティ)のゲーミングPC人気売れ筋ランキング

順位1位2位3位
モデル
ILeDEi-M17M-A144F-SLSXB-WH

ILeDEi-M17M-A144F-SLSXB-BK

ILeDEi-M17M-A144F-RBSXB-WH
価格159,800円(税込)159,800円(税込)139,800円(税込)
CPUCore i5-14400FCore i5-14400FCore i5-14400F
GPURTX 4060 TiRTX 4060 TiRTX 3060
メモリ16GB16GB16GB
SSD500GB500GB500GB
HDD– – –– – –– – –
公式ページ公式ページを見る公式ページを見る公式ページを見る

【2024年2月】ASUSのゲーミングPC人気売れ筋ランキング

順位1位2位3位
モデルROG Ally ROG Strix G16 G614JVRTUF Gaming A15 FA507XV
メーカーASUSASUSASUS
価格109,800円 (税込)269,800円(税込)189,800円 (税込)
CPURyzen Z1 ExtremeCore i9-14900HXRyzen 9 7940HS
GPUAMD Radeon グラフィックスRTX 4060RTX 4060
メモリ容量16GB32GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)512GB1TB512GB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

【2024年2月】DELL(ALIENWARE)のゲーミングPC人気売れ筋ランキング

順位1位2位3位
モデルALIENWARE AURORA R16ALIENWARE AURORA R16ALIENWARE AURORA R16
メーカーDELLDELLDELL
価格273,553円(税込)254,980円(税込)540,980円(税込)
CPUCore i7-14700KFCore i7-14700FCore i9-14900F
GPURTX 4060 TiRTX 4060 TiRTX 4090
メモリ容量16GB16GB32GB
ストレージ容量(SSD / HDD)1TB1TB1TB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

【2024年2月】Lenovo(Legion)のゲーミングPC人気売れ筋ランキング

順位1位2位3位
モデル
LOQ Tower 17IRB8
LOQ Tower 17IRB8Legion Go
メーカーLenovo(レノボ)Lenovo(レノボ)Lenovo(レノボ)
価格193,600円(税込)159,500円(税込)134,860円(税込)
CPUCore i7-13700Core i5-13400FRyzen Z1 Extreme 
GPURTX 3060RTX 3050AMD Radeon グラフィックス
メモリ容量16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)512GB512GB512GB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

【2024年2月】MSIのゲーミングPC人気売れ筋ランキング

順位1位2位3位
モデルGF63-11UC-105JP GF63-11UC-062JPKatana-17-B12VFK-038JP
メーカーMSIMSIMSI
価格104,980円(税込)116,800円(税込)215,800円(税込)
CPUCore i5-11400HCore i7-11800HCore i7-12650H
GPURTX 3050RTX 3050RTX 4060
メモリ容量16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)1TB512GB1TB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

プロ・配信者コラボモデルのゲーミングPCおすすめランキング

順位1位2位3位
モデルSHA7C-R46 渋谷ハル コラボモデルSHAKA コラボモデル XA7C-R46TCRA7C-R47 Crazy Raccoon コラボモデル
メーカードスパラドスパラドスパラ
価格232,980円(税込)257,980円(税込)252,980円(税込)
CPUCore i7-14700FCore i7-14700FCore i7-14700F
GPURTX 4060RTX 4060 TiRTX 4070
メモリ容量16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)1TB1TB1TB
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ドスパラ ガレリア 渋谷ハルコラボ SHA7C-R46

ドスパラ ガレリア 渋谷ハルコラボ SHA7C-R36

渋ハル監修!デザインがおしゃれなゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700F
GPUNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 限定カラーが採用されたPCケース
  • 渋ハルコラボモデルオリジナル特典付き
  • Apexを160~180fps程度でプレイできる性能
こんな人にはおすすめしない
  • コスパを重視する人

Vtuberの「渋谷ハル」氏とドスパラのゲーミングPCブランド「ガレリア」がコラボしたモデルです。

最新世代CPUの「Core i7-14700F」とミドルスペックの「RTX 4060」、ストレージには高速なNvme SSDを1TB搭載。

ケースは高級感のある限定色・マットブラックで仕上げられ、フロントと両サイドに渋谷ハル氏のロゴマークが描かれています。

フロントのLEDも渋谷ハル氏をイメージしたオレンジに最初から設定されており、コラボモデルらしい丁寧にデザインされたゲーミングPCです。

専用のオリジナル壁紙、梱包箱も限定仕様なので渋谷ハル氏のファンなら特におすすめできます。

ドスパラ ガレリア SHAKA コラボモデル XA7C-R46T

ドスパラ ガレリア SHAKA コラボモデル XA7C-R36T

SHAKA氏とコラボしたRTX 4060 Ti搭載のミドルスペックモデル

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700F
GPUNvidia RTX 4060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • SHAKAコラボ特別LEDカラー
  • コラボモデル専用特典付き
  • 140mmファンによる高い冷却性能
こんな人にはおすすめしない
  • 予算25万円以下の人

ストリーマーの「SHAKA」氏とガレリアがコラボしたゲーミングPC。

通常のガレリアと違い、フロントのRGB-LEDはSHAKA氏をイメージした赤に設定されています。

CPUはintelの「Core i7-14700F」と、グラボにはミドルハイクラスの「RTX 4060 Ti」を搭載。フルHDであればほとんどのゲームを快適にプレイできる性能です。

また、14cmの大きなケースファンは12cmと比べて、低速回転でも風量を確保しやすいので静音性が高いのもポイント。

メモリは16GBと標準的なので、配信にも使う場合は32GBへのアップグレードがおすすめです。

ドスパラ ガレリア  Crazy Raccoon コラボモデル CRA7C-R47

ドスパラ ガレリア  Crazy Raccoon コラボモデル CRA7C-R47

CrazyRaccoonコラボモデル!LEDが映えるゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700F
GPUNvidia RTX 4070
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • ドスパラでは珍しい映えるケース
  • バランスの取れたハイスペックな構成
  • 1TBのSSDを標準搭載
こんな人にはおすすめしない
  • LEDに興味のない人

日本のプロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」とガレリアがコラボしたゲーミングPCです。

CPUはIntel第14世代の「Core i7-14700F」、グラボには「RTX 4070」を組み合わせたハイスペックな構成。SSDも1TBと十分な容量が標準搭載されています。

ドスパラのゲーミングPCでは珍しくケースがクリア仕様になっているのもポイント。LEDライティングが鮮やかに光るかっこいいデザインになっています。

性能だけではなく、ゲーミングPCをインテリアとしても使いたい方におすすめのモデルです。

最強のゲーミングPCの定義

そもそもゲーミングPCとは?

ゲーミングPCとは、ゲームをするために作られた高性能PCのこと。

ゲーミングPCとは、主にパソコンゲームをプレイするために作られた高性能なPCのことです。

PCゲームは家庭用ゲーム機よりも高精細な解像度や、高いフレームレートでプレイできるようになっています。

特に3Dゲームを快適にプレイするには高いグラフィック性能が必要になるため、PCに「グラボ」を搭載しなければいけません。

グラボの力を引き出すには高性能なCPUが必要になり、ロード時間の短縮のためにHDDより高速なSSDを搭載するなど、一般的なPCよりも必然的にハイスペックになります。

3Dゲームを始めとした重い作業をスムーズに行えるPCが、ゲーミングPCです。

普通のPCとゲーミングPCって何が違うの?

ゲーミングPCと普通のPCの違い

普通のPCとゲーミングPCの一番の違いは「グラボ」を搭載していることです。

普通のPCではCPUやマザーボードから映像が出力されていますが、ゲーミングPCでは専用のグラボを搭載するため、快適にゲームをプレイできます。

また、読み込み速度が高速なSSDを搭載したモデルばかりなので、ゲームのロード時間やPCの起動もはやいです。

SSDを搭載したゲーミングPCは10~20秒程度で起動することが多く、コピーのはやさもHDDとは比較になりません。

ハイスペックなモデルは動画編集も軽快にこなせるので、仕事の作業効率を上げたい方にもおすすめできます。

インテルとAMDゲームをするならどっちがいいの?

IntelとAMDゲームをするならどっちがいいか。ゲームをするならIntel、動画編集などもしたいならAMD

インテルとAMDを比較した場合、ゲーム性能を重視するならインテル安さを重視するならAMDのCPUがおすすめといえます。

最近まで逆風にさらされていたインテルですが、最新世代である第12世代の登場で格段に性能が向上。再び人気が戻りました。

AMDはインテルのCPUよりも価格が安い傾向にあり、コスパ重視の方に好まれます。

どちらを選んでも劇的な変化はないのが現状ですが、迷ったらインテルを選びましょう。

インテルとAMDどっちを選べばよいか気になる方向けに解説した記事もあるので、リンクをチェックしてみてください。

Core i5とCore i7ゲームをするならどっちがいいの?

最新の第14世代や第13世代であれば、Core i5とCore i7どちらもゲーム性能に優れています。

そのため、価格の安さを重視する場合はCore i5搭載モデル、性能を重視するならCore i7搭載モデルを選びましょう。

Core i5とCore i7の違いを解説した記事があるので、ゲームをするならどっちがいいか詳細な情報が気になる場合はあわせてチェックしてみてください。

コスパが最強のゲーミングPCの選び方

ここからはコスパ最強のゲーミングPCの選び方を解説していきます。

疑問に思っていることがあれば、下記リストからその見出しまで読み飛ばせます。

コスパが良いモデルがほしい場合の構成

コスパ最強のゲーミングPCがほしい場合は、CPU×GPUの組み合わせだけ見ればOK。

メモリやSSDなどのストレージ容量は標準のままで十分です。

パーツ構成
CPUCore i5-13400(F) or Core i5-14400(F)
GPU
  • GTX 1660 SUPER
  • RTX 3060 or RTX 3060 Ti
  • RTX 4060 or RTX 4060 Ti
メモリ容量標準のまま(16GB)
ストレージ容量標準のまま(500GB)

たとえば、安いモデルだと「RM5C-G60S」、コスパ重視のモデルだと「RM5C-R46T」が該当します。

CPUはCore i5シリーズ

CPUとは、データの演算処理やデバイスの制御といった役割を持つ、ゲーミングPCのなかでも重要なパーツです。

なるべく妥協はしたくないところですが、性能が良すぎると今度はオーバースペックになり余計な出費になります。

コスパを重視するなら、Core i5シリーズのCPUを搭載したモデルがおすすめです。

特にIntelの第13世代CPU「Core i5-13400(F)」は、性能が高く価格は安いというまさにコスパ重視の方向けになっています。

最新の第14世代「Core i5-14400(F)」はまだ発売したてなので、コスパを求めるなら第13世代を選びましょう。

GPUはGTX 1660 SUPERやRTX 3060

本記事の見出し「ゲーミングPCの価格相場」で記載されている安いモデルに該当する構成が「Core i5-12400×GTX 1660 SUPER」を搭載したモデル。

GTX 1660 SUPERは初心者向けのミドルスペックでありながら、Apexなどで100fps程度を狙える性能があります。

フォートナイトのような軽めのゲームであれば更に高fpsを出せることも。

144fps張り付きや配信をしたいという方は、「Core i5-13400」や「Core i5-14400」と「RTX 3060」を搭載したモデルがおすすめ。

欲を言えばRTX 3060 Tiのほうが良いですが、そこは財布と相談。今の予算で買える一番高いモデルを選ぶのがゲーミングPC選びの一番重要なポイントです。

また、省電力性能が向上した後継モデルのRTX 4060やRTX 4060 Tiを選ぶのもありです。

ハイスペックな高性能モデルがほしい場合の構成

ハイスペックな高性能モデルを求めている方は、ゲームだけでなく配信や動画編集などさまざまな用途を考えているはず。

上記のような作業を快適に行いたい場合は、CPUやGPUだけでなくメモリ容量・ストレージ容量も関係してくるため、必ずチェックしておきましょう。

パーツ構成
CPUCore i7-13700以上
GPURTX 4070以上
メモリ容量32GB以上
ストレージ容量
  • SSD:1TB以上
  • HDD:2TB以上

たとえば、価格を抑えたければ「XA7C-R47」が、性能を重視したければ「UA9C-R49」が該当します。

CPUはCore i9かRyzen 9シリーズ

最強のゲーミングPCを望むのであれば、CPUは最高峰のものを選びましょう。

ゲームプレイ自体はGPUの性能差がメインとなりますが、ゲーム配信を快適にするにはCPUの性能が大きく影響します。

高負荷の作業を同時にこなすにはコアの数が多い方が有利となり、IntelであればCore i9、AMDならRyzen9が最適です。

また、録画したゲーム動画を編集するときにもコア数が多ければプレビュー画面のレスポンスやエンコードのスピードに差が出てきます。

完全にゲーム特化を目指すのなら、Ryzen 9 7950X3Dを搭載したゲーミングPCを選ぶのもありです。

最高のゲーム環境のためにはCPUも妥協せずに最高のものを選ぶことが重要です。

GPUはRTX 4070以上

GPUはfpsの数値に直結するパーツです。GPUの選び方は自分がどのぐらいの画質で高fpsを目指すかによって変わってきます。

単純に高性能のGPUを搭載すればよいというわけではなく、モニターがフルHDではハイスペックなGPUを選んでも性能を活かすのは難しいです。

また、モニターは最大のリフレッシュレートが決まっています。例えば、リフレッシュレートが60Hzのモニターは、60fpsより上のフレームレートを描写することはできません。

RTX 4070以上であれば、フルHDより高精細なWQHDでも高いfpsを狙えます。4Kの高解像度でゲームをプレイしたい場合は、RTX 4070 Ti以上を選びましょう。

4Kでも100fps以上のフレームレートを狙うなら、現行では最強スペックのRTX 4090がおすすめです。

自分の求める環境に応じて最適なGPUを選ぶと無駄なく性能を発揮できるので、モニターの解像度とリフレッシュレートに合わせて選択しましょう。

メモリは32GB以上

メモリ容量が大きいということは、同時に複数のアプリを立ち上げられることを意味します。様々な作業を同時にこなしたい場合は、メモリ容量に注目しましょう。

ゲームによってはメモリを10GB以上使うものもあり、配信もしようとすれば配信ソフトで、さらに数GBほど消費することもあります。

パソコンを立ち上げただけでも4GB以上は使用するので、プレイするゲームによっては16GBのメモリではカクつくことも。

安定した動作でゲームをプレイしたい場合は、32GB以上を目安にしましょう。

ストレージは1TB以上

ストレージはゲームやファイルを保存しておくパーツのことです。読み込みの早いSSDと、安価で容量の大きいHDDに分けられます。

近年のゲームは一本あたり20~100GBほどデータ量があるので、小さい容量のストレージでは数本インストールしただけで一杯になる場合も。

不便しない範囲でゲームを楽しみたいということであれば、1TB以上はあったほうがいいです。

録画した動画も、時間が長くなるほど容量が大きくなるので、投稿もしたいということであればなおのこと大きめの容量を確保することをおすすめします。

SSDは読み込み書き込みが高速ですが、価格が高くなりがちです。早く読み込む必要のない動画などのデータを保存する場合にはHDDの容量を増やしましょう。

1TBのSSDと2TBのHDDなどの組み合わせが一般的なので、予算に合わせて検討してください。

サイズはPCケースのタワータイプで把握しよう

ゲーミングPCのケースには幾つか種類がありますが、主流になっているのは以下の3種です。

ゲーミングPCのタワータイプ

ミニタワー

ゲーミングPCとしてはコンパクトなケースです。

高性能なグラボは大型化しているので組み込めない場合もありますが、省スペースなのでデスクの上に置きやすいというメリットがあります。

ミドルタワー

ゲーミングPCのなかでは一般的なサイズで、広いスペースが確保できるため拡張性が高く、内部の清掃などメンテナンスもしやすいです。

大型のCPUクーラーも取り付けられるので冷却性能も高くなります。

フルタワー

ミドルタワーよりもひとまわり大きなケースです。幅だけでも250mm以上はあるため場所を取りますが、パーツのサイズで困ることがないため、拡張性が抜群です。

フルタワーは設置スペースを確保できる方におすすめします。

PCケースにはキューブ型やスリムなど、ほかにも種類はありますが、こだわりがなければ「ミドルタワー」を採用したモデルがおすすめです。

仕事でも使うならオフィス付きモデルを選ぼう

ゲーミングPCは普通のPCと比較して処理性能の高いCPUや、より高速なSSDを搭載しているため、仕事の効率アップも期待できます。

ただし、ゲーミングPCは3Dゲームをプレイするために販売されているため、ほとんどの場合オフィスは標準で付いてきません。

ゲーミングPCをカスタマイズする時に、オフィスを付属するか選べるモデルもあるので、仕事でも使う場合は必ずチェックしましょう。

一式セットで買うべき周辺機器も忘れずに

4Kの高解像度やフルHDでも144fps以上で、3DゲームをプレイできるのがゲーミングPCの魅力です。

しかし、一般的なフルHDモニターのリフレッシュレートは60~75Hzなので、ゲーミングPCの性能を発揮しきれません。

最近はフルHDなら144fps以上でプレイできるゲームも多いので、ゲーミングPCの性能を活かすならゲーミングモニターが必要です。

また、多数のボタンがあり、高感度センサーを搭載したゲーミングマウスやマクロ機能があるゲーミングキーボードを使えば、より快適にプレイできます。

特にFPSのような競技性の高い対人ゲームでは、ゲーミングデバイスがあると有利に立ち回れるのでおすすめです。

コスパ最強のゲーミングPCのおすすめブランド

ここでは、有名な各BTOブランドの解説を行っています。

気になるメーカーがある場合は、下記のリストから読み飛ばせます。

ドスパラ(ガレリア)

ドスパラ公式サイト

ドスパラは日本で最も有名なゲーミングPCメーカーの1つといっても過言ではありません。

特にゲーミングPCの「ガレリア」シリーズで有名。コスパ・スペックともに最強のゲーミングPCがラインナップされています。

ドスパラのメリットの1つは業界最速クラスの出荷スピードです。注文状況にも寄りますが、最短で翌日には出荷されます。

また、ホームページが非常にわかりやすく、初心者でも迷わずに目的のモデルにたどり着けるのもポイントです。

急いでパソコンが欲しい、初心者でも選びやすいメーカーを探している方はドスパラをおすすめします。

パソコン工房(イーヤマ)

パソコン工房(イーヤマ)公式サイト

ゲーミングPCブランド・レベルインフィニティで有名な「パソコン工房(イーヤマ)」。

通常のゲーミングPCはもちろん、Vtuberやストリーマー・声優とのコラボモデルも豊富で、自分にぴったりな一台を見つけやすいのが魅力です。

モデルによってはコスパの良さがドスパラを抜くこともあるので、できる限り予算を抑えたい方はチェックしてみてください。

HP(OMEN)

ハイエンドモデルのコスパが業界一ずば抜けているHP(OMEN)。

ほかメーカーと比較して10万円ほど安いモデルもあるため、コスパ・スペックともに最強のゲーミングPCがほしい人にぴったりです。

一部のモデルに、独自のCPU冷却システム「OMEN Cryo チェンバー」を搭載しているのが特徴。長時間の使用でも安定した動作でプレイできるため、ストリーマーなどにもおすすめです。

\ 下記ページから購入で7%OFF /

ASUS

ゲーミングノートPCの種類が豊富なASUS。

デスクトップPC並の高性能モデル、軽量薄型で持ち運びに適したモデル、10~15万円ほどのコスパに優れたモデルなど、タイプはさまざま。

通常のセールのほか、店長の気分でゲリラ的にセールが開催されるので、ほしいゲーミングPCがある場合は毎日チェックしておくのがおすすめです。

ヤフオクやメルカリの中古品も検討してみよう

コスパが最強のゲーミングPCが欲しい場合は、ヤフオクメルカリの中古品を買うことを検討してみてください。

稀に状態の良いモデルや、価格が控えめでお得に買えるモデルが出品されています。

ただし、初心者が中古のゲーミングPCに手を出すとかえって損をするケースも。

注意すべき点などを「中古ゲーミングPCのおすすめ」記事で記載しているので、気になる方はチェックしてみてください。

最強のゲーミングPCはどんな人向け?

1PCで快適にゲーム配信したい人

ゲーム配信はゲームだけでなく配信アプリなどを起動するため、要求されるスペックが高くなります。そのため、ストリーマーを目指す場合はスペック最強のゲーミングPCがおすすめです。

プレイ用と配信用で2台のパソコンを用意する人もいますが、この運用をする場合かなりのスペースが必要となり、費用もかかってしまう点がデメリット。

最強スペックのゲーミングPCが1台あれば、ゲームプレイと配信の両方を処理できるうえ、費用も抑えられます。

144fps・240fps張り付きでプレイしたい人

ゲームをゲーミングPCでプレイするメリットの1つは高fpsによる滑らかな映像です。

家庭用ゲーム機では難しいスムーズなプレイは、一度体験してしまうと戻れないほどの差があります。

144fpsや240fpsといった高フレームレートで快適にプレイするためには、スペック最強のゲーミングPCが必要です。

画質を犠牲にせず、滑らかな映像でプレイしたい人は特に注目しておきたいところ。

最低でもCPUは第12世代以降のCore i7以上、グラボはRTX 3070以上の性能を持ったモデルを選びましょう。

4Kなどの高画質ゲーミングモニターで遊びたい人

4Kの高画質な映像で遊べることも最強スペックのゲーミングPCが持つメリット。同じく4Kに対応しているモニターがあれば、最高級の画質でゲームを楽しめます。

4Kは画素数がフルHDの約4倍と非常に高精細。4K解像度を一度体験するとゲームの概念を変えるインパクトを受けると言っても過言ではありません。

ゲームメーカーが意図した最高の表現を味わいたい場合は、4Kでプレイできる最強スペックゲーミングPCがおすすめです。

4Kを視野に入れるならグラボは最低でもRTX 4070 Ti以上、CPUは第13世代のCore i7以上を選びましょう。

最新世代のCore i9と現行では最強のグラボであるRTX 4090を組み合わせれば、4Kでも100fps以上のフレームレートでゲームを遊ぶことも可能です。

コスパ最強のゲーミングPCでよくある質問

ここではコスパ最強のゲーミングPCでよくある質問をまとめています。

気になる疑問点があれば、下記のリストから該当の見出しまで読み飛ばせます。

ゲーミングPCで何ができる?

ゲーミングPCを使えば、最新のゲームはもちろん、3Dモデリング・動画編集・イラスト制作・Vtuberモデルの作成など幅広い作業ができます。

ゲーミングPCは何が必要?

ゲーミングPCに必要な周辺機器は、ゲーミングモニター・ゲーミングマウス・ゲーミングキーボード・ゲーミングヘッドセット・ゲーミングチェアです。

詳しくは本記事の見出し「一式セットで買うべき周辺機器も忘れずに」で解説しています。

ゲーミング PCは何年で買い替え?

使い方にもよりますが、ゲーミングPCはロースペック・ミドルスペックの場合3年、ハイスペックなら5年で買い替えになります。

搭載されている冷却ファンの性能、ホコリの入り込み具合によっても変動します。なお、ゲーミングPCの寿命について解説した記事もあるので、あわせてどうぞ。

ゲーミングPCは最低何万?

ゲーミングPCを買うには、最低でも15万円は予算を用意する必要があります。配信をするなら18万円、一式を揃えるなら25万円程度用意しましょう。

ゲーミングPCの発光は何色?

ゲーミングPCのLEDライティングの発光は、約1680万色以上であることが多いです。

ゲーム部屋にマッチするよう虹色に光るモデルもあれば、おしゃれさを重視して水色・白色に限定して光るモデルもあります。

光るパーツが多用されだしたのは2000年代後半だといわれており、各メーカーが光るゲーミングPCを発売したことで「ゲーミング=光る」というイメージが定着しました。

虹色のライティングは見た目やデザインだけのものとされてきましたが、網膜が虹色の光を受けることで集中力が増すという説もあります。

ゲーミングPCには何が入ってる?

ゲーミングPCの性能を大きく左右するのは、GPU(グラボ)・CPU・メモリの3パーツです。

パーツの性能が高ければその分スペックも高くなりますが、どれか1つだけが突出して高くてもパーツの性能を活かしきることができません。

ゲーミングPCとして販売されてるモデルはいずれも各パーツのバランスを考慮して、最大限のパフォーマンスを引き出せるよう設計されています。

Steamっていったい何?

PCでゲームをプレイする際に現在主流となっているのが、オンラインプラットフォームを通してゲームを購入・ダウンロードする方法です。

Steamは2004年にサービスを開始したオンラインプラットフォームで、「Apex Legends」や「Rust」などのメジャータイトルからインディーズゲームまで、50,000を超えるタイトルを販売しています。

PCでゲームを楽しむのなら、必須プラットフォームのひとつです。

ゲーミングPCが故障しやすい時期ってある?

一般的にPCの修理依頼が多いのは7月と8月です。

これは季節的に高温や高湿、紫外線など、PCが故障しやすい環境が揃っているためと考えられます。

ゲーミングPCは置く場所によって熱のこもり方が大きく異なるため、本格的に夏が到来する前に、設置環境をチェックしてみることも大切です。

当サイトではゲーミングPCの置き場所について解説した記事も掲載しているので参考にしてみてください。

マグネイトとガレリアの違いはなんですか?

マグネイトとガレリアはどちらもドスパラのBTOパソコンブランドで、大きな違いは価格です。

マグネイトは一般向けのミニタワーパソコンですが、ガレリア同様にRTX 4060などを搭載したモデルもあります。

例えば、Core i5-13400FとRTX 4060を搭載したほぼ同じスペックのモデルでも、マグネイトのほうが安価に入手可能です。

ただ、あくまで一般向けのブランドなので、140mmのファンを装備しているガレリアと比べると静音性など総合的な性能は劣ります。

ケースの見た目を気にせず、コスパよくゲームをプレイするならRTX 4060などを搭載したマグネイトを選ぶのも手です。

コスパ最強のゲーミングPCおすすめ総評

今回は最強のゲーミングPCおすすめモデルを紹介しました。

デスクトップでは「UA9C-R49」が、ノートでは「ROG Strix G16」がおすすめ。

予算と相談しつつ、自分にぴったりなモデルを探してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • はじめまして。
    1点ご質問がございます。

    極力出費を抑えて持ち運べるノートパソコンの購入を検討しておりますが、ゲーミングPCを買うには、最低でも15万円は予算を用意する必要があると記載がありました。

    記事の中で初心者におすすめのノートパソコン「2位 DELL G15 ゲーミングノートPC」が気になりますが、金額的に安いので逆に購入検討の際に不安になりました。
    他のおすすめと比べて大幅に劣る点はありますでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

  • はじめまして!コメントありがとうございます。

    CPUは最新の世代を積んでいますが、いっぽうでGPUはRTX 3050とやや控えめな性能です。

    画質やフレームレートにこだわりがない方にとっては十分ですが、4K画質・240fpsを希望される場合は向いていません。

    また、同モデルは2.81kgと重く、持ち運ぶのは難しいので、こちらの軽量なゲーミングノートPCがおすすめです。

  • 動画編集で使えるゲーミングノートPCがほしいと思っているのですが、メモリ容量など必要なスペックがいまいち分かりません。
    初心者向けのゲーミングノートPCおすすめはありますか?

  • 動画編集の場合、最低でも16GB、余裕を持たせるなら32GBのメモリを搭載したモデルがおすすめです。
    どのようなゲームをするかによってCPU・GPUの必要スペックが変わってきますが、安いモデルがほしいのであれば「Core i5-13400H×RTX 4060」以上、性能を重視するのであれば「Core i7-13700H×RTX 4070」以上のモデルをおすすめします

コメントする

CAPTCHA


目次