2022年10月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【買うならどこ?】ゲーミングPCのおすすめ人気メーカーランキング。16社を比較

ゲーミングPCはメーカーによって価格も性能も異なるため、どこから買うか悩んでしまいますよね。

下手に適当なところから買ってしまうと、「あそこで買えばもっと安かったのに!」なんてことも。

本記事では、全16社のゲーミングPCメーカーを徹底比較。特徴や違いだけでなく、セールの頻度までも解説しているので、ぜひゲーミングPC選びの参考にしてみてください。

なお、2022年最新のコスパ最強ゲーミングPCのおすすめモデルを探している方は、下記記事を参考にしてみてください。

目次

ゲーミングPCのメーカーの違いとは?

ゲーミングPCメーカーの違いは、

  • 大規模工場の有無
  • 製品の在庫数
  • 出荷速度
  • コラボモデルの有無
  • サポート体制

などがあります。

自前の工場を持っているほど規模の大きいメーカーであれば、ストックが豊富で在庫切れになりにくく、出荷も速いです。

資金力もあるので、グラフィックボードなどの不足しがちなPCパーツを大量に仕入れられます。ほかメーカーではRTX 3090搭載モデルが売り切れているが、大手メーカーだと販売しているなんてことはザラにあります。

また、サポート体制もゲーミングPCメーカーによって異なります。専用のコールセンターを用意しているメーカーであれば、24時間365日受付・チャットや電話での問い合わせなどの手厚いサポートが期待できます。

ゲーミングPCメーカーを希望別におすすめ

安いゲーミングPCメーカー

安さ重視ならこのメーカー

安いゲーミングPCがほしい場合は、ドスパラやパソコン工房、フロンティアなどのメーカーがおすすめ。

超格安!とまではいきませんが、大手メーカーであるドスパラの製品は基本的に標準的な価格を上回ることはなくお買い得です。

パソコン工房は、場合によってドスパラよりも安いモデルを販売していることがあります。プロゲーマーやVtuberなどのコラボPCも豊富なので、推しがいる方は要チェック。

また、年中セールを行っているフロンティアも、安さを重視するならチェックしておきたいメーカー。

たまに思わず「おっ!」と言いたくなるぐらい割引されているゲーミングPCがあります。

カスタマイズでいろんなパーツが選べるゲーミングPCメーカー

自由度の高さが魅力のメーカー

お気に入りのメーカー製PCパーツを取り入れたい、かっこいいPCケースを選びたい場合におすすめなのが、上記3メーカー。

どのメーカーも搭載しているパーツの透明性が高い(どのメーカー製のパーツか明記している)ですが、なかでもSEVENは各パーツ細かいところまでカスタマイズできます。

サイコムはコンセプトごとにゲーミングPCが選べ、ストームはNZXTなどの人気メーカーのPCケースが選べます。

デザインがかっこいいゲーミングPCメーカー

デザイン性抜群のメーカー

ゲーミングデバイスでお馴染みASUSとRazer。どちらもゲーミングノートPCが中心です。

ASUSはゲーミングモデルらしい派手なデザイン、Razerはスタイリッシュさのあるデザインが特徴。

デスクトップPCでLEDライティングもりもりのモデルがほしいなら、マイニングベースも調べておきましょう。

写真映えするような製品ばかりで、ゲーム部屋をおしゃれに彩りたい人に向いています。

有名なゲーミングPCのおすすめメーカーランキング

1位 ドスパラ(ガレリア)

ドスパラ(ガレリア)
悪いところ
良いところ
  • ハイスペモデルのストレージ・メモリ容量は少なめ
  • 割引セールの頻度は低い
  • RTX 3080を搭載したゲーミングノートPCがない
  • コスパがいい
  • 最短翌日出荷
  • 信頼性が高い
  • ラインナップが豊富
  • サポートが万全
  • 多数の支払い方法に対応
  • ポイントが使いやすい

業界最大手といっても過言ではないほど人気があるゲーミングPCメーカー「ドスパラ

10万円で買えるモデルから最新世代のCPUを搭載したハイスペモデルまで、ラインナップは非常に豊富です。

ただし、一部を除くハイスペックモデルの構成がほぼメモリが16GB・SSDが1TBなのが惜しいところ。

ゲーミングPC本体が割引になるセールはあまり実施されないですが、ポイント還元キャンペーンの頻度は高めです。

ドスパラの1番いいところは、このポイントにあります。

1ポイント1円分として使えるので、ゲーミングPCを買ったときに付与されたポイントを、ドスパラ内で売られているゲーミングデバイス購入時に使うことで安くPCセットを揃えられます

また、Steamウォレットに移すこともできるので、新作ゲームを買うときに使ったりゲーム内課金に使ったりすることが可能。

メーカーのなかではもっとも信頼性が高く、お得に買い物ができるため非常におすすめ。

翌日出荷に対応しているので、すぐにゲーミングPCが届くメーカーを探している人にも向いています。

ドスパラ(ガレリア)の評判

2位 パソコン工房(レベルインフィニティ)

パソコン工房(レベルインフィニティ)
悪いところ
良いところ
  • 一部通常モデルのPCケースがかっこよくない
  • コラボモデルが豊富
  • サイトが使いやすい
  • ラインナップが非常に多い
  • 税込表記で価格が分かりやすい
  • 割引セールの頻度が高い
  • 出荷は早め(モデルによる)

コラボモデルが非常に多いゲーミングPCメーカー「パソコン工房」。プロゲーマーやVtuberだけでなく、声優とのコラボも行っています。

価格は比較的安いので、コスパの良さを求めている人におすすめです。セールも度々開催されています。

現在準備中になっていますが、14インチと小型なゲーミングノートPCも選べるので、持ち運びやすいモデルがほしい人にも向いています。

コラボモデルはサイドパネルが強化ガラス仕様になっていますが、一部の通常モデルは業務用PCのような無骨なデザインが採用されています。

質は問題ないものの、写真映えするかっこいいゲーミングPCがほしい人は製品画像をよく見て選ぶようにしましょう。

3位 マウスコンピューター(G-tune)

マウスコンピューター G-tune
悪いところ
良いところ
  • 出荷が遅い
  • 価格が高め
  • 高品質
  • 自由度の高いカスタマイズ
  • サポートが充実している
  • ミニ~フルタワーまでラインナップがある

ドスパラに次いで有名なゲーミングPCメーカー「マウスコンピューター」。長野県に工場を持つ大手です。G-tuneというブランドを展開しています。

UPS(突然停電が起きても電力を供給できる装置)が選べたり、SSDは最大2TB・HDDは最大8TBまで選べたりとカスタマイズの自由度が高いのが特徴です。

24時間365日電話での相談が可能、3日以内の修理完了を目指すなどサポートも非常に手厚く、初めてのゲーミングPCで不安な人でも安心して購入できます。

ただし、モデルにもよりますが価格は少し高め。出荷も2週間程度かかることが多く、すぐにゲーミングPCがほしいという人には向いていません。

マウスコンピューター(G-tune)の評判

パソコン工房(レベルインフィニティ)の評判

4位 フロンティア

フロンティア
悪いところ
良いところ
  • サイトに検索機能(GPUで絞り込みなど)がない
  • 製品の写真が少ない
  • 在庫が少ない
  • 価格が安くコスパがいい
  • 最新パーツを搭載したモデルの発売が速い
  • 福袋でお得なPCセットが買える

価格の安さで知られるゲーミングPCメーカー「フロンティア」。セールの開催頻度がトップレベルで高いのが特徴です。

初心者向けのミドルスペックモデルはもちろん、ハイスペックモデルもセールで安くなるので、コスパを求めるならまずフロンティアをチェックしましょう。

サイトに検索機能が無いため、価格や特定のパーツを搭載したモデルを絞り込んで探すといったことが出来ないのが不便なところです。

もともと人気なのもありますが、在庫数が少なく売り切れていることが多々あります。気になるモデルがあれば早めに購入の決断をした方が良いです。

フロンティアの評判

5位 サイコム

サイコム
悪いところ
良いところ
  • 出荷まで最大7日かかる(土日祝日/臨時休業を除く)
  • 価格が高め
  • カスタマイズ性に優れている
  • パーツの透明性が高い
  • 税込表記のみで価格が分かりやすい
  • 組み立て直後に動作確認を行うため初期不良率が限り無く0に近い
  • 初期不良が起きなければ出荷は早め

ゲーミングPCメーカーのなかで唯一デュアル水冷PCが購入できる「サイコム

トップレベルでカスタマイズ性に優れているのが特徴です。基本パーツはもちろん、拡張カードやOSの有無まで選べます。

PCパーツのメーカーにこだわりがなければ、自作PC感覚で注文可能。組み立て作業を省ける自作PCといったところでしょうか。

組み立て後に必ず動作確認テストが行われるため、初期不良率が限りなく0に近いのもサイコムの魅力です。

サポートや製品の質担保の分、価格はやや高め。信頼性のあるメーカーから買いたい人におすすめです。

サイコムの評判

6位 ASUS(ROG)

悪いところ
良いところ
  • デスクトップのラインナップは少なめ
  • 標準価格はやや高め
  • ゲーミングノートPCの種類が豊富
  • クーポン適用だと格安に
  • デザイン性に優れている
  • サイトが使いやすい
  • 高リフレッシュレートに対応したゲーミングノートPCがある

PCパーツメーカー、ゲーミングデバイスメーカーとしても有名な「ASUS

ゲーミングPCはほとんどがノートタイプですが、わずかながらデスクトップタイプも販売されています。

”ゲーミングモデルらしい”かっこよさがあるデザイン、白を基調としたスタイリッシュなデザインなど、見た目を重視する人におすすめなモデルが多数あるのが特徴です。

ASUSのゲーミングノートPCは最大300Hzと高リフレッシュレートに対応したモデルがあるので、性能重視の人にも向いています。

ASUS(ROG)の評判

7位 MSI

悪いところ
良いところ
  • 価格が高め
  • セールの頻度が低い
  • ゲーミングノートPCの種類が豊富
  • 冷却性能に優れたモデルが多い

ASUS同様、PCパーツやゲーミングデバイスの販売も行っていることで有名な「MSI

ゲーミングノートPCは排熱効率がデスクトップタイプと比べて悪く、熱暴走のリスクが高いのですが、MSIのモデルは独自の冷却システムが搭載されているため安心。

また、ノートPCとしては珍しく、Intel最新世代の「Core i9-12900HK」を搭載したハイスペックモデルがあるのも魅力です。

なお、公式サイトからでもゲーミングPCは買えますが、パソコンショップarkの方が見やすく探しやすいのでこちらで買うことをおすすめします。

MSIの評判

特になし

8位 Razer

悪いところ
良いところ
  • デスクトップモデルがない
  • 価格が高い
  • デザイン性に優れている
  • 携帯性に優れている
  • Razerのゲーミングデバイスと揃えると統一感が出る

光るゲーミングデバイスとトリプルヘッドスネークのロゴで有名な「Razer」。RTX 3000シリーズを搭載したハイスペックモデルのみ販売しています。

RazerのゲーミングノートPCは、分厚くなりがちな高性能モデルでも薄型を維持しているのが魅力。サイズもコンパクトなモデルが多く、持ち運びやすい製品を探している人に向いています。

価格は高めなのでコスパが良いとはいえませんが、かっこいいデザインが好みならおすすめです。

Razerの評判

9位 レノボ(Lenovo)

悪いところ
良いところ
  • 在庫がかなり少ない
  • クーポンを使ってもコスパが悪いモデルがある
  • クーポンを使えばモデルによってはそこそこ安くなる
  • 48回まで分割払い手数料が0%
  • 学割が効く

ゲーミングPCブランド・Legionを展開している大手メーカー「Lenovo

ゲーミングノートPCのラインナップは豊富。比較的安いGTX 1650搭載モデルや、ハイスペックなRTX3000シリーズを搭載したモデルが多数あります。

ゲーミングデスクトップPCもあるにはありますが、在庫が1モデルを除きほぼ全滅しているので期待はできません。

基本額がありえないぐらい高いですが、クーポンコードを入力すればそこそこの値段にまで下がります。

なかにはコスパが良くなるモデルもあるので、割引後の価格をチェックすることをおすすめします。

レノボ(Lenovo)の評判

10位 DELL(ALIENWARE)

悪いところ
良いところ
  • 価格が高め
  • デザイン性に優れている
  • 公式ページでどれぐらいfpsが出せるか分かる

宇宙人のロゴが有名なブランド・ALIENWAREを展開している「DELL

あくまでも参考値ですが、サイト内でゲームタイトルを選択すると、どれぐらいフレームレート(fps)が出るか確認できるため非常に便利です。

他のメーカーには無い独特なデザインをしたPCケースを採用。近未来的な見た目が好みならかなりおすすめできます。

ミドル~ハイスペックモデルまでしっかりラインナップがありますが、価格は高めなので注意。見た目重視の人に向いています。

DELL(ALIENWARE)の評判

11位 HP(OMEN)

悪いところ
良いところ
  • 出荷が遅い
  • デスクトップPCのコスパは最強

ビジネス用ノートPCなどの人気が高いメーカー「HP」。ゲーミングPCブランド・OMENを展開しています。

RTX 3090搭載モデルが40万円で購入できるという驚異のコスパが一番おすすめできるポイントです。ちなみにメモリ64GB、ストレージはSSDが1TB + HDDが2TBとかなり豪華。

ただし、CPUはIntel第10世代なので、その点目を瞑れるかどうか。また、出荷が遅いのも悪い点として挙げられます。

HP(OMEN)の評判

12位 TSUKUMO

悪いところ
良いところ
  • 価格がやや高め
  • コンパクトモデルがある
  • 信頼性がある

ゲーミングPCのほか、自作PCパーツ・ゲーミングデバイスなどを取り扱っているネットショップ「TSUKUMO」。オリジナルブランド・G-GEARが有名です。

ミニ~フルタワータイプのほか、縦長の特殊な小型PCケースを採用したモデルがあるのが特徴。省スペースなゲーミングPCを探している人におすすめです。

コラボ製品以外はシンプルなデザインなので、目立ちにくいゲーミングPCがほしい人にも向いています。

ただし、価格はモデルにもよりますが「やや高め」な傾向なので、徹底した安さを求める方にはおすすめできません。

TSUKUMOの評判

マイナーなゲーミングPCのおすすめメーカーランキング

1位 ストーム

悪いところ
良いところ
  • 翌日出荷モデルが無い(6-8営業日出荷)
  • 在庫切れが起こりやすい
  • PCケースがおしゃれ
  • サイトが見やすい/使いやすい
  • PCパーツの透明性が高い
  • 小型・静音などシリーズが多数ある
  • 実質4500円引き

16社を比較した僕が個人的にもっとも推したいゲーミングPCメーカー「ストーム

まず評価したいのが、サイトの見やすさ・使いやすさ。サイトデザインが他メーカーと比べて段違いに優れているため、初心者でも迷うこと無く製品を選べます。

パーツや価格はもちろん、ケース・クーラーと詳細に絞り込んで検索することも可能。「ユーザのため」が考えられているサイト設計です。

採用しているパーツが何社製かを明記しているのもおすすめできるポイント。パーツの透明性が高く、自作PC思考で依頼できます。

ゲーミングキーボードやマウスがセットになっているので、デバイスを揃えたい人にも向いています。

なお、不要な場合はカスタマイズ画面で「無し」を選択すると4,000円引きに。ボタンを1つ押すだけのアンケートに答えれば、実質4,500円引きになります。

上位モデル(RTX 3090搭載など)の在庫切れが発生しているので、復活まで少々待つ必要がある点が惜しいところ。

また、十分速い方ではありますが、出荷が全モデル6-8営業日後なので、翌日出荷がいいという人には向いていません。

ストームの評判

2位 マイニングベース

悪いところ
良いところ
  • 標準搭載されているメモリ・ストレージの容量が少ない
  • 価格が高め
  • 関東は翌日、それ以外でも翌々日にゲーミングPCが届く
  • かっこいいゲーミングPCが揃っている
  • 各パーツ選択欄に説明文があるので初心者でもカスタマイズしやすい
  • 公式キャラの天音ちゃんがクソかわいい(重要)

“魅せる”ゲーミングPCを販売していることで有名な「マイニングベース」。全モデルLED仕様という派手派手しさが特徴的。

AUQAやSIRIUSといったオリジナルシリーズを展開していますが、自作PCユーザから人気を得ている「NZXT」とのコラボモデルも販売。見た目を重視する人には特におすすめできるゲーミングPCメーカーです。

14時までに注文すれば、関東は翌日着、関東以外でも翌々日着という納品スピードも知っておきたいポイント。最新パーツを搭載したRTX 3090モデルも選べるので、高性能モデルをすぐに手にしたい人にも向いています。

ただし、標準搭載されているメモリが8GB、ストレージは240GBと少なめなので、基本要カスタマイズです。

マイニングベースの評判

3位 VSPEC

悪いところ
良いところ
  • 価格が高め
  • 信頼性と製品の質が高い
  • パーツの透明性が高い
  • 価格が税込表記
  • 珍しいパーツが選べる
  • PCケースの種類が豊富
  • 即納か送料無料か選べる

創業10年以上の老舗ゲーミングPCメーカー「VSPEC

担当職人は、一人につき5,000台を超える組立実績を持っており高い信頼性があります。

組み込むパーツは、カスタマイズ画面でメーカー・型番まで確認できます。ほとんどの人が選択肢に入らないとは思いますが、3DCGなどのデジタルコンテンツ向けのGPU「Quadro」も選べるのが特徴です。

取り扱っているPCケースは全部で302種類。定番のNZXTだけでなく、FractalDesignも選べます。

また、短納期サービスで納期を早められるほか、14日間に納期を伸ばして送料を無料にすることも可能(時間指定なしの場合)。

パーツの自由度などは高いですが、その分価格もやや高めです。

VSPECの評判

特になし

4位 SEVEN

悪いところ
良いところ
  • 価格が高め
  • PCの性能やおすすめの用途が分かりやすい
  • 当日出荷対応/送料無料モデルがある
  • ウィークリーセールを実施している

総取り扱い台数が2000を超えるパソコンショップ「SEVEN」。ゲーミングPCブランド・ZEFTを展開しています。

各パーツの性能、おすすめの用途を星マークなどで可視化しており、初心者でも選びやすいような工夫を施しているのが特徴です。

サイトデザインは煩雑としておらず、非常に見やすい作り。絞り込み機能も充実しているので、好みのモデルが選びやすく便利です。

価格は少々高いですが、不足しがちなRTX 3090などのGPUを搭載したモデルが多数あるため、今すぐにハイスペックゲーミングPCがほしい人におすすめです。

SEVENの評判

5位 NINGMEI

あくまで検索してわかった範囲ですが、中国人の方が運営されているショップです。Yahooショップや楽天などを中心に通販でゲーミングPCを販売しています。

一応保証があるようですが、僕だったら安心感のある大手メーカーからゲーミングPCを買います。ちなみに口コミはありません。

ゲーミングPCのメーカー比較一覧表

おすすめ度や出荷速度、ゲーミングPCのデザイン性などがパッと見で判断できるよう、比較表を作りました。

▼見るのがめんどい人:おすすめ度~サポートまででOK

▼しっかり特徴を知りたい人:横スクロールで最後まで確認

メーカー名 ブランド・シリーズ おすすめ度 コスパ 出荷速度 サポート セールの頻度 デザイン デスクトップPCのラインナップ ノートPCのラインナップ サイトの見やすさ・使いやすさ
ドスパラ ガレリア 5
マウスコンピューター G-tune 3
パソコン工房 レベルインフィニティ 5
フロンティア GBシリーズなど 4.5
ASUS ROGなど 4
MSI(ark) Katanaなど 3.5
Razer(ark) Razer Blade 2.5
Lenovo Legionなど 3
DELL ALIENWAREなど 3
HP OMEN 3
TSUKUMO G-GEAR 3.5
ストーム PG-Dなど 5
マイニングベース Astromeda 3.5
サイコム Hydroなど 3.5
VSPEC 3
SEVEN ZEFT 3.5

ゲーミングPCのメーカーランキングでよくある質問

ゲーミングPCは何年持つ?

ゲーミングPCの寿命は、およそ3~5年とされています。ただし、1日の使用時間やメンテナンスの頻度などによって上下するため、あくまでも目安の数値になります。より詳しくゲーミングPCの寿命、CPUやグラボの買い替え時期について解説した記事もあるので、あわせてどうぞ。

【結論】ゲーミングPCを買うならどのメーカーが良いか

価格やサポート、出荷速度を考えると「ドスパラ」でゲーミングPCを買うのがもっともおすすめです。ポイントの用途が幅広いのも推せる理由の一つです。

また、デザインを重視するのであれば、「ストーム」も候補に挙がります。知名度は大手メーカーと比べると高くないのですが、NZXTなどの人気なPCケースを採用しているほか、パーツの透明性も非常に高いので個人的に結構推してるメーカーです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次