2022年10月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

ゲーミングPCとは?普通のPCの違いや何ができるのかを解説

ゲーミングPCとは、3Dゲームを快適にプレイするために作られた高性能なPCのことです。

ゲーミングPCは選択肢の幅が広いので、PCパーツの基本的な知識がないと、性能の足りないモデルを買ってしまう可能性があります。

本記事ではゲーミングPCの基本的な知識を解説し、スペックごとにおすすめのモデルを紹介していきます。

なお、2022年最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめモデルを紹介した記事もあるので、あわせてどうぞ。

目次

普通のPCとゲーミングPCって何が違うの?

普通のPCとゲーミングPCの大きな違いは「グラボ」を搭載していることです。

グラボとは、モニターに映像を出力するために必要なPCパーツ。ほとんどの普通のPCには搭載されていないパーツです。

このグラボの代わりとして、CPUには内蔵グラフィックスが備わっています。映像を映すだけであれば問題ありませんが、ゲームをプレイできるほど性能は高くないのが問題。

軽いゲームならともかく、最新の3Dゲームをグラボなしで快適にプレイするのはほぼ不可能です。

また、グラボが搭載されていても、その性能を活かすにはグラボに見合った性能を持つCPUが必須で、さらにゲーミングPCをスムーズに動かすために十分なメモリ容量も必要になります。

たぶーら

つまり、ゲーミングPCとは、ゲームを快適に遊ぶために必要な高性能PCパーツを搭載したパソコンということ!

ゲーミングPCはゲームをするのになぜ必要なの?

ゲーミングPCがゲームをするために必要な理由は、普通のPCでは3Dゲームがまともに動作しないからです。

普通のPCは文書作成やブラウジングを目的として作られているため、グラボは搭載されていません。

軽い2Dのゲームならともかく、グラボのない普通のPCだと3Dゲームは動作すらしないこともあります。

理屈ではグラボを増設すれば、普通のPCでもゲームをプレイできるようになりますが、多くの場合はケースのスペースが足りません。

仮に増設できたとしても、普通のPCは手を加えずに使うことを前提にした完成品なので、グラボに電力を供給できるだけの電源容量がまずありません。

そのため、3Dゲームを快適にプレイするには、グラボを搭載したゲーミングPCが必要になります。

ゲーミングPCの重要パーツ

CPUとは?

CPUは、データの処理や計算を行う、PCにとって頭脳にあたるパーツです。

CPUの性能を表す用語として、コア・スレッド・クロック周波数の3つがあります。

「コア」とは?
CPUの核にあたるのがコアです。コアの数が多いほど高性能なCPUになります。

「スレッド」とは?
コアが処理できる仕事量の単位をスレッドといいます。複数の作業を並列処理するマルチスレッド性能に影響します。現在は、1コアに対して2スレッドのCPUが多いです。

「クロック周波数」とは?
CPUが処理できる速度を表す数値のことです。クロック周波数が高ければ高いほど、高性能といえます。

上記3つは、いずれも数値が大きいほど性能が高くなります

また、ゲーミングPCの総合性能を考える時は、CPUとグラボのバランスが重要です。

極端に性能が低いCPUでは、ハイスペックなグラボのグラフィック性能を活かしきれないので注意しましょう。

Intel Core iシリーズの特徴

スクロールできます
CPU名スコア(PassMark)コア数スレッド数PBP(MTP)
Core i5-124001951661265W(117W)
Core i5-126002104361265W(117W)
Core i5-12600K276521016125W(150W)
Core i7-1270031362122065W(180W)
Core i7-12700K345341220125W(190W)
Core i9-1290036766162465W(202W)

表はCPU性能を測定するベンチマーク「PassMark」のスコアを参考にしています。

IntelのCPU「Core i」シリーズの特徴は、コア1つの性能にあたるシングルスレッド性能が高く、ゲームに適していることです。

一般的な使い方やゲーム用でコスパがいいのは「Core i5」。動画編集などのゲーム以外の重い作業でも快適なのが「Core i7」です。

たぶーら

迷ったら最新のCore i7を選べば、性能面で困ることはまずありませんよ!

AMD Ryzenシリーズの特徴

スクロールできます
CPU名スコア(PassMark)コア数スレッド数PBP(MTP)
Ryzen 5 45001583061265W
Ryzen 5 5600X2198661265W
Ryzen 7 5700X2653881665W
Ryzen 7 5800X28155816105W
Ryzen 7 5800X3D27625816105W
Ryzen 9 5900X393281224105W

AMD「Ryzen」シリーズの特徴は、コア数が多く複数の作業を並列処理するマルチスレッド性能が高いCPUを安価に入手できることです。

ゲーム用途では、多くの場合Intelにやや劣りますが、クリエイティブな作業に適しています。

Core iシリーズと同様に、コスパを求めるなら「Ryzen 5」、快適さを優先するなら「Ryzen 7」を選びましょう。

例外として「Ryzen 7 5800X3D」はゲームに特化したCPUなので、クリエイティブな性能を求めるなら、「Ryzen 9 5900X」のほうがコスパはよくなっています。

グラボとは?

グラボとは、ゲーミングPCのグラフィック性能を決める最も重要なパーツです。

CPUの内蔵グラフィックスでは、最新のPCゲームをなめらかな映像でプレイするには性能が足りないため、グラフィックを担当するグラボが必要になります。

グラボの主なブランドは2つ。NVIDIAの「GeForce」と、AMDの「Radeon」です。

Radeonも性能は高いですが、ゲーム用なら最適化されているタイトルが多いGeForceをおすすめします。

注意点として、グラボにも性能のグレードがあるため、プレイしたいゲームに合わせて選ばないといけません。

基本的には「RTX 3070」のような70番台のグラボを選べば、最新のゲームでも快適にプレイできます。

GTXとRTXの違い

NVIDIAのGeForceには「RTX」と「GTX」の2つのシリーズがあります。大きな違いは、RTXシリーズが「リアルタイムレイトレーシング」専用のRTコアを搭載していることです。

リアルタイムレイトレーシングとは、光の屈折や反射などのリアル表現を反映させて、より美しいグラフィックにする機能。

GTXシリーズでも使えますが、専用のRTコアがないため、グラボの負荷が大きくなり快適なプレイは難しくなります。

現在のGTXシリーズは、RTXシリーズの下位グレードと考えましょう。

ただし、RTXシリーズの最下位グレード「RTX 3050」は、GTXシリーズの上位モデル「GTX 1660 SUPER」とほぼ同等の性能なので、スペックが気になる方は下記表を参考にしてみてください。

グラボの性能比較表
NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti
21929
AMD Radeon 6900 XT
20867
NVIDIA GeForce RTX 3090
19931
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti
19628
AMD Radeon RX 6800 XT
19436
NVIDIA GeForce RTX 3080
17631
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti
14857
NVIDIA GeForce RTX 3070
13651
AMD Radeon RX 6700 XT
12827
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti (ノートPC)
12712
NVIDIA GeForce RTX 3080 (ノートPC)
12073
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
11700
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti (ノートPC)
11396
NVIDIA GeForce RTX 3070 (ノートPC)
10563
AMD Radeon RX 6600 XT
9727
NVIDIA GeForce RTX 3060
8766
NVIDIA GeForce RTX 3060 (ノートPC)
8337
NVIDIA GeForce RTX 3050
6224
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
6047

メモリとは?

メモリとはPCの作業スペースにあたり、データを一時的に保存する領域のことです。

メモリが十分あると、PCの処理がスムーズになりますが、容量が足りないと速度で劣るHDDやSSDにデータを一時保存するためパフォーマンスが低下します。

人間で例えれば、机が十分に広いと資料が置きやすくなり、仕事がはかどるイメージです。

メモリ容量は作業スペースの広さなので、使い切れないくらい大容量にしてもあまり意味はありません。

大きくても困ることはありませんが、ゲームをプレイするなら16GB以上、配信なども行うなら32GB以上あれば十分です。

必要以上にメモリの容量を増やすより、SSDやCPUに予算をまわしたほうが快適になります。

SSDやHDDとは?

ゲームや画像、動画などのデータを長期間保存しておくのが、SSDとHDDのようなストレージです。

SSDとHDDには、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

SSDは、HDDとは比較にならない速度のはやさが最大のメリットです。OSをSSDに入れると、PCの起動時間が20秒程度と非常に高速になります。

ゲームのロード時間も短縮されるので、SSDの速度を体験するとHDDには戻れません。デメリットは容量に対して価格が高いことです。

HDDは、PC以外にも広く普及しているストレージで、安価なので大容量を簡単に導入できるのがメリットです。

落下の衝撃に弱く、SSDと比べて速度が遅いのがデメリットになります。

OSやゲームをSSDに、画像や動画などはHDDに保存すると快適さが上がるため、デュアルストレージ構成(HDD+SSD)を採用しているゲーミングPCを選ぶことをおすすめします。

ゲーミングPCのメリット

PS4やPS5などの家庭用ゲーム機よりも高性能

ゲーミングPCは、基本的な知識を憶えて構成を組めば家庭用ゲーム機より高性能になります。

家庭用ゲーム機の性能は基本的に一定で、どのゲームも安定してプレイできるのがメリットです。

反面、解像度やフレームレートに制限があったり、高画質なゲームは60fpsを維持できないこともあります。

PCのパーツは進化がはやく、特にCPUはIntelとAMDの競争が激しいため、性能の向上が著しいです。

最新世代の高性能グラボを軸にして、Core i7やRyzen 7を搭載したゲーミングPCを入手すれば、家庭用ゲーム機よりもなめらかな映像でゲームをプレイできます。

高fpsで楽しめる

ゲーミングPCのメリットは、家庭用ゲーム機では出すのが難しい高fpsでゲームを楽しめることです。

PCの性能は一定ではなく年々進化していくため、理屈上では性能の限界はありません。

ゲーム側もfps制限をしていないタイトルがあり、グラボの性能次第で3桁のフレームレートを出せることもあります。

例えば、ミドルハイグラボの「RTX 3060 Ti」でも、フォートナイトなら調整次第で平均340fps以上の高いフレームレートを狙えます。

ただ、高フレームレートでゲームを楽しむためにはゲーミングモニターも必要になるので、合わせて導入するのがおすすめです。

ゲーミングPCのデメリット

普通のPCよりも価格が高い

ゲーミングPCの一番のデメリットは価格が高いことです。普通のPCは内蔵グラフィックスで映像を出力するため、グラボの費用がかかりません。

グラボはPCパーツのなかでも高価なので、搭載しただけで価格が大きく上がります。

また、グラボの性能を引き出すために高性能なCPUも必要になるため、普通のPCより価格が高くなるのは仕方ありません。

文書作成やブラウジングなどの軽い作業しかしないなら、普通のPCのほうがコスパは高くなります。

動画編集やクリエイティブな作業をするなら、高性能なゲーミングPCのほうが格段に快適です。

ゲーミングPCは仕事や普段使いでも役立つ?

ゲーミングPCは仕事や普段使いでも快適に使用できます。主にゲームをするために作られているからゲーミングPCと呼ばれていますが、実態は非常に高性能なPCです。

普通のPCにできることはスムーズにこなすので、仕事の時間短縮にも繋がります。普段使いでは、YouTubeのような動画配信サービスを見る時も、グラボがあるとより快適です。

ただ、ゲーミングPCは普通のPCと違って、標準ではオフィスソフトが入っていないことが多いです。

普通のPCはメーカー製のアプリが多数入っていますが、ゲーミングPCはOSやセキュリティソフトだけの最低限の状態で納品されます。

ドスパラのガレリアなど、カスタマイズでオフィスを追加できるモデルもあるので、仕事にも使う予定の方は必ずチェックしましょう。

ゲーミングPCのおすすめメーカーは?

ドスパラ(ガレリア)

ドスパラ ガレリア

ドスパラは、BTOメーカーのなかでもトップクラスのシェア率を誇る超有名企業です。

ゲーミングPCブランド「ガレリア」が登場したのが2002年で、多くのゲーム推奨モデルを販売してきました。

ゲーミングPCの老舗ながら、派手に光るようなモデルは少なく、ゲーミングノートPCはシンプルなデザインなので、使う場所を選びません。

カスタマイズではCPUやグラボの変更はできないことも多いですが、性能ごとにランク分けされているので初心者も選びやすいというメリットがあります。

オフィスソフトもカスタマイズで追加できるので、仕事用に使う場合でも安心です。

デスクトップPCのケースは扱いやすく、流用もできるので、自作やパーツの増設に興味がある方にもおすすめできます。

ASUS

ASUS

「ASUS」は台湾を本拠地にした、マザーボードを始めとしたPCパーツを販売している有名なメーカーです。

複数のゲーミングブランドを展開しており、アメリカの軍事規格に準拠した耐久性の高いTUFシリーズや、ハイスペックモデルのROGシリーズがあります。

ASUSはデスクトップよりも、ゲーミングノートPCに力を入れており、冷却性能の高さとスタイリッシュなデザインが魅力です。

カスタマイズはできませんが、セールを行っていることも多く、値引きされているモデルのコスパが高くなっています。

ASUSは長くPCパーツを作ってきた大手だけあって品質もいいので、ゲーミングノートPCを選ぶなら最初に候補に入れていいメーカーです。

DELL(ALIENWARE)

「DELL」はアメリカで設立されたPC販売の大手企業。パーツを選んで構成するBTOパソコンを販売してきた老舗です。

DELLが販売しているゲーミングPCのブランド「ALIENWARE」は高級感があり、デザイン性の高さが魅力。

2022年現在のケースは、ゲーミングPCには珍しい丸みがあるデザインをしており、黒だけではなく白を基調にしたモデルもあります。

受注生産の大手らしく、デスクトップPCのカスタマイズ性が高く、CPUとグラボの選択肢も複数あるので欲しい性能を選びやすいです。

ALIENWAREはDELLの高級ブランドですが、クーポンによる割引きが行われていることも多いため、デザインに惹かれた方はチェックしてみてください。

ゲーミングPCのおすすめは?

初心者向けのモデル

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

第12世代Core i5搭載!軽いゲームをプレイするなら十分な性能

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • コスパのよいCore i5-12400を搭載
  • メンテナンスしやすいケースサイズ
  • 冷却性・静音性に優れた140mmのファンを搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 重量級のゲームをしたい人

第12世代「Core i5-12400」を搭載したエントリー向けのゲーミングPC。

グラボには「GTX 1660 SUPER」を組み込んでおり、Apex LegendsのフルHD、低設定ならシーンによっては約140fpsのフレームレートが出ます。

ケースサイズが約幅220×奥行き440×高さ425mmとゲーミングPCとしては比較的コンパクトながら、140mmのファンを搭載しているのがポイント。

ゲーミングPCは定期的に清掃をしないとホコリがたまって冷却性能が落ち、性能低下の原因となります。

ガレリアのケースは扱いやすいサイズなので、初心者にもおすすめです。

ドスパラ ガレリア RL5C-G50

ドスパラ ガレリア RL5C-G50

ビジネスにも使える初心者向けのゲーミングノートPC

おすすめ度:3

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-11400H
GPUNvidia GTX 1650
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz15.6インチ/120Hz
本体サイズ幅360×奥行き244×高さ20mm
重量約2.0kg
OSWindows
おすすめする理由
  • シンプルなデザイン
  • 約2.0kgと軽量
  • 24時間365日の電話サポートあり
こんな人にはおすすめしない
  • メイン機として使えるゲーミングノートPCが欲しい人

ガレリアのエントリー向けゲーミングノートPCです。

「GTX 1650」を搭載しており、軽めのゲームであるフォートナイトではフルHD、低設定なら平均110fps以上のフレームレートが出ます。

120hzの高速なディスプレイを採用しているので、軽量級のゲームなら設定次第でなめらかな映像でゲームをプレイできます。

ゲーミングノートPCとしてはライティングがキーボードだけなのもポイント。シンプルなデザインは使いどころを選びません。

仕事にも使えるデザインなので、ゲーミングノートPCの入門機として適しています。

売れ筋の人気コスパモデル

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

コスパよし!ほとんどのゲームをプレイできるゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • バランスのいいミドルスペックの構成
  • WQHDでのゲームも視野に入る性能
  • ななめ45度の使いやすいコンソール
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

第12世代「Core i5-12400」を搭載したガレリアのミドルスペックモデル。

ミドルハイクラスのグラボ「RTX 3060 Ti」と組み合わせており、CPUとグラボのバランスがいいゲーミングPCです。

ほとんどのゲームを快適にプレイできる性能がある、コスパの高さが魅力。

ゲーミングPCのお手本のようなモデルですが、SSDは500GBとやや少なめなので、カスタマイズで1TBに変更するのがおすすめです。

ゲームによってはWQHDや高フレームレートでのプレイも十分可能なので、ゲーミングモニターも導入するとより快適になります。

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

240Hzの高速ディスプレイ採用!Intelとドスパラのコラボモデル

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-11800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/240Hz
本体サイズ幅356×奥行き234×高さ21.6mm
重量約1.96kg
OSWindows
おすすめする理由
  • メカニカル式に近い打鍵感のキーボード
  • 最大8.8時間の大容量バッテリー
  • 約1.96kgと軽量
こんな人にはおすすめしない
  • ゲームを多めにインストールしたい人

Intelとドスパラが共同開発したゲーミングノートPCです。

240Hzの高いリフレッシュレートを備えたディスプレイを採用しているのがポイント。約4.5mmの狭いベゼルのお陰で、ゲームに没入しやすいです。

「RTX 3060」を搭載しており、重いゲームであるFF15のベンチマークでもフルHD、高品質で8200程度のスコアが出せます。

Apex LegendsのようなFPSゲームでは設定次第で高フレームレートを狙える性能なので、ディスプレイの高いリフレッシュレートを活かしてくれます。

バッテリー駆動時間が約8.8時間と長いので、持ち運びできる高性能なゲーミングノートPCが欲しい方におすすめです。

配信者向けのハイスペックモデル

ドスパラ ガレリア UA9C-R39

ドスパラ ガレリア UA9C-R39

全てが高性能!できないことを探すのが難しいハイエンドゲーミングPC

おすすめ度:5

タイプフルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-12900K
グラフィックチップNvidia RTX 3090
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量2TB
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 第12世代Core i9を搭載
  • 最高クラスのグラフィック性能
  • 重いグラボを支える大型ステー搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 用途がゲームのみの人

「Core i9-12900K」と「RTX 3090」を搭載した現行最高クラスのスペックがあるゲーミングPCです。

ガレリアの扱いやすいケースはそのままですが、ヘアライン加工が施されたことで高級感のあるデザインに仕上がっています。

グラボ用のサポートステーが付いてくるのもポイント。

グラボは高性能になるほどに大型化して重くなるため、接続部の曲がりが心配になりますが、サポートステーがあれば安定感が増します。

標準構成では電源のメーカーが不明なので、高品質なSeasonic製にカスタマイズするのもおすすめです。

ゲームをするだけではオーバースペックなので、配信や動画編集、クリエイティブな作業をする方に適しています。

ASUS ROG Strix SCAR 17 G733ZX-I9R3080T

ASUS ROG Strix SCAR 17 G733ZX-I9R3080T

360Hzの超高速ディスプレイ!デザインも秀逸なROG Strixシリーズ

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-12900H
グラフィックチップNvidia RTX 3080 Ti
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz17.3インチ/360Hz
本体サイズ幅395×奥行き282.1×高さ23.4mm
重量約2.9kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 冷却性能の高い液体金属グリスを採用
  • 3msの低遅延なディスプレイ
  • ASUSあんしん保証あり
こんな人にはおすすめしない
  • デスクトップPCを設置するスペースがある人

「Core i9-12900H」を搭載したASUSのハイスペックモデル。

筐体下部にもLEDがついており、ROG Strixシリーズらしいサイバーなデザインはゲーマーの心をくすぐります。

グラボには「RTX 3080 Ti」を搭載し、FF14のベンチマークではフルHD、最高品質でも約22000と非常に快適なスコアです。

ASUSはカスタマイズができませんが、メモリは32GBの大容量、SSDも1TBと十分なのもポイント。

非常にハイスペックなゲーミングノートPCなので、高性能なゲーミングPCは欲しいけど置くスペースがないという方にもおすすめです。

ゲーミングPCでよくある質問

BTOパソコンって何?

BTOパソコンとは「Build To Order(受注生産)」の略です。普通のPCは完成品を販売していますが、BTOパソコンはCPU、グラボ、メモリ容量などをある程度カスタマイズして購入できます。

自作ほどの自由度はありませんが、お店に頼んでいるのでパーツの選択を間違えることもなく、万が一の場合は保証があるのがメリットです。

ゲーミングPC、特にデスクトップはほとんどの場合BTOパソコンになります。

ゲーミングPCはいつからあるの?

業界大手のドスパラがゲーム向けPCの販売を開始したのは2002年からです。当時はまだゲーム向けPC、あるいはゲーム推奨PCと呼ばれていました。

ゲーミングPCと呼ばれ始めたのは2010年よりも後ですが、実はゲーミングという呼び方がどこから広まったのかは正確には分かっていません。

ただ、ゲーム用のPCが2000年代前半から存在していたのは確かです。

ゲーミングPCは何年持つ?

ゲーミングPCの寿命は5年程度が目安ですが、実際には使用頻度やメンテナンスによって変わります。

突然故障することもありますし、大事に使えば5年以上持つこともあるので一概には言えません。

また、性能的な寿命もあり、PCパーツの世代が進むことで相対的に性能が下がって、徐々に快適さが落ちてきます。

5年も経てばハイクラスのゲーミングPCもミドルスペック程度になっているので、ストレスを感じるようになったら買い替えを検討しましょう。

ゲーミングPCはなぜ虹色に光るの?

ゲーミングPCを虹色に光らせるイメージが浸透した理由は、ハッキリとは分かっていません。

ただ、ゲーミングデバイス大手の「Razer」が自由に光を設定できるマルチライティング機能を導入したのがキッカケとも言われています。

LEDライティングは性能には関わらないので、SNS映えやゲーム部屋の雰囲気作りとして光らせていることが多いです。

SteamやOriginって何?

SteamとOriginは、海外の企業が運営するPCゲームを配信するプラットフォームです。

利用するには無料のメール登録が必要になりますが、日本語対応はしているので難しくはありません。

特に、Steamはスクウェア・エニックスやアトラスなど日本の有名メーカーも参入しており、膨大なタイトルがあるのが魅力です。

頻繁にセールもやっているので、ゲーミングPCを手に入れたら登録しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次