2022年11月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【2022年版】安いゲーミングPCのおすすめ|144fpsや240fps出せる高性能モデルを厳選

PS4やSwitchなどでゲームをするよりも高いfpsで遊べるゲーミングPC。

できれば144fpsや240fps出せる安いゲーミングPCがほしいところですが、プレイしたいゲームに合わないスペックを選んでしまうと、思うようにfpsが出せず後悔することが多々あります。

本記事では、安くても高性能なゲーミングPCのおすすめモデルを各BTOメーカーから厳選して紹介。お得にゲーミングPCセットを揃える方法なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、2022年最新のゲーミングPCおすすめモデルを探している方は、下記記事を参考にしてみてください。

2022年11月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 189,979円(税込) 159,980円(税込) 699,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900K
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

ゲーミングPCは最低でもいくら?価格相場をチェック

各ゲーミングPCメーカーの最安値
メーカー名型番価格
ドスパラRM5R-G60S129,980円
マウスコンピューターPL-B134,800円
パソコン工房ILeDXs-M0P5-AR55G-EZSXB87,800円
フロンティアFRGAH670/SG1/NTK182,800円
ASUSFA506IHRB114,800円
MSIGF63-11UC-062JP125,800円
平均– – –129,330円

ゲーミングPCの値段はピンキリですが、2022年11月時点の各BTOメーカーの最安値を調査したところ、最低約13万円はかかることが分かりました。

もっとも安いのはパソコン工房のゲーミングPCで、87,800円でした。ただ、AMD Ryzen Gシリーズの内蔵グラッフィック「Radeon Graphics」を使用するモデルなので、GPUが搭載されていません。

Radeon GraphicsはフォートナイトやVALORANTのような比較的軽いゲームなら、低画質設定で80~100fps程度は出せるのでカジュアルに遊ぶという方におすすめ。

なお、RTX 4000番台の発表が2022年11月21日に行われたため、直近~1ヶ月程度で価格変動が起こる可能性が高いです。ベストなタイミングで買いたい場合は、本記事を定期的にチェックしてみてください。

安いゲーミングPCの選び方

144fpsや240fps出せるスペックを把握しよう

  • FPSゲームで240fps出せるゲーミングPCがほしい
  • 普通に動けばいいから安いゲーミングPCがほしい

人によって希望するスペックはさまざまです。

そこで、安さを重視したスペックと高fpsが出せる性能を重視したスペックの2通りをここでは解説します。

気になるゲームがあれば、下記のリンクから読み飛ばせます。もしここになければ、コメント欄からお気軽に質問してみてください!

Apex Legends

Apex Legendsにおすすめな安いゲーミングPCの構成

平均144fps狙うなら

CPUCore i5-12400
グラボ(GPU)GTX 1660 SUPER
メモリ16GB

比較的軽めではあるものの、144fps以上を狙うのであればパワーのあるGPUが必要なApex Legends。

この構成だと、144~200fpsを行ったり来たり、ジブウルトなど処理が重くなるウルトやマップの場所によっては110~130fpsまで下がります。平均144fps付近は出せますが、200fps以上を安定して出すことはまず無理です。

が!!コスパは最強レベルでいい(鉄板構成です)ので、価格を重視するならめちゃくちゃおすすめできます。

平均180~200fps狙うなら

CPUCore i5-12400
グラボ(GPU)RTX 3060 Ti
メモリ16GB

一方こちらの構成は、安定して180fps以上を出せるスペック。シーンによって振れ幅が大きく、160fpsに下がることもあれば240fpsに到達することもあります。

平均240fps目指すなら正直RTX 3070とCore i5-12400以上の性能がほしいですが、ここらへんはほぼ25万円を超える価格になってしまうのでRTX 3060 Tiとしました。

ハイスペックモデルと比べたらだいぶ安いですが、表の構成は10万円ギリギリを攻めたい方にとってはちょっと迷うぐらい。まさに、性能を取るか価格を取るかで判断すべきポイントです。

個人的には、後々スペック不足で困らないよう下の構成をおすすめしますが、予算が厳しいなら上の構成でも十分です。

マインクラフト

マイクラにおすすめな安いゲーミングPCの構成

MODを入れないなら

CPUCore i5-12400
グラボ(GPU)GTX 1660 SUPER
メモリ16GB

MODを入れるか入れないかで、求められるスペックが変わるマインクラフト。

FPSゲームとは違い高フレームレート(fps)である必要はないので、MODを入れていない状態のバニラであれば「GTX 1660 SUPER」でも快適です。

軽量化MODを入れればさらにヌルヌルの映像を表示できます。

影MODを入れたいなら

CPUCore i5-12400
グラボ(GPU)RTX 3060 Ti
メモリ16GB

影MODを導入したい場合やレイトレをONにしたい場合は、「RTX 3060 Ti」以上のグラボがないとfpsがガタ落ちするので注意。

また、PvPを楽しみたい人も予算が許すならこちらの構成を選ぶようにしましょう。

マイクラは低画質であれば安いゲーミングPCでも遊べますが、高画質・映像美を求めるとかなりスペックを必要とするので、どちらを優先させたいかで判断しましょう。

レインボーシックスシージ

Rainbow Six Siegeにおすすめな安いゲーミングPCの構成

低画質・144pfs張り付き

CPUCore i5-12400
グラボ(GPU)GTX 1650
メモリ16GB

Rainbow Six Siegeは比較的フレームレートを稼ぎやすいゲームです。

控えめなスペックの「GTX 1650」でも安定して低画質時144fps張り付きを狙えるので、虹6をメインにプレイするならこの構成で問題ありません。

価格もほぼ10万円と安く、高校生でも手が出しやすい値段。極限まで予算を抑えたいならこの構成で買うことをおすすめします。

BF2042

BF2042におすすめな安いゲーミングPCの構成

最低限必要なスペック

CPUCore i5-12400
グラボ(GPU)RTX 3060 Ti
メモリ16GB

数あるFPSゲームのなかでもトップクラスに重たいBF2042。

「Core i5-12400」と「RTX 3060 Ti」の構成でも低画質設定で120fpsを行ったり来たりするぐらいしか出せないので、144fps張り付きを求めている場合は相当スペックの高いゲーミングPCが必要です。

快適さを選んでよりスペックの高いゲーミングPCを購入するか、割り切って120fps付近で我慢するかの2択。

ぶっちゃけ120fpsと144fpsならそこまで変わらないので、予算に余裕がないのであれば妥協するのも手かなというのが個人的な意見です。

たぶーら

ほかのゲームであれば144fpsや240fpsで遊べるスペックはありますしね~

BTOメーカーのセールの値段を確認しよう

新春や夏休み、オータムセールやクリスマスセールなどのイベントに合わせ、各BTOメーカーはセール・キャンペーンを開催します。

ゲーミングPCが格安で買えたり、サイト内で使えるポイントが抽選でもらえたりと、お得に購入できるチャンス。

ほしいスペックが決まったら、購入ボタンを押す前にまずは安くなっていないかチェックしましょう。

ポイントを活用して格安でゲーミングPCセットを揃えよう

ドスパラやパソコン工房は、サイト内で使えるポイント制度(1ポイント=1円)を設けています。

付与されるタイミングに少々ラグがあるものの、ゲーミングPCを買ったときに付与されたポイントでゲーミングモニターなどのデバイスを安く購入できるため、ゲーミングPCセットを揃えたい方は確認しておくことをおすすめします。

しかも、ドスパラはポイントをSteamウォレットに変えられるので、新作ゲームを買うときの足しにしたりゲーム内で課金したりすることが可能。

たぶーら

これたぶん全然知られてないと思うので、もっとポイント活用しましょう!

コスパ最強|安いゲーミングPCのおすすめ

ドスパラ ガレリア 第12世代Core搭載モデル RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア 第12世代Core搭載モデル RM5C-G60S

初心者向け高コスパモデル!安くても高性能なゲーミングPC

4.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • 価格が安い
  • Apexで100~144fps、軽いゲームで200~240fps狙える
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質設定で遊びたい人

コスパのよいゲーミングPCを求めているなら「RM5C-G60S」がおすすめ。

ゲームにもよりますが、低画質設定であれば144fps張り付きや平均240fpsを狙えるスペックがあります。

高画質設定でもよほど重くないかぎりは60fpsを下回ることはほぼ無く、快適にプレイ可能。

価格を重視するなら本記事で一番おすすめできるゲーミングPCです。

RM5C-G60Sのおすすめカスタマイズ
  • 500GBのSSDを1TBに変更
  • 1TBのHDDを追加

※ゲームや動画をたくさんインストール・保存したい人向け。どちらか片方でOK

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

200fps超えを狙えるスペック!価格を抑えた万能モデル

5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • Apexを平均180~200fpsでプレイできる
  • ゲームによっては高画質設定でも快適
  • 初心者~ミドルゲーマーに最適
こんな人にはおすすめしない
  • 10万円で買えるゲーミングPCがほしい人

高フレームレートでのゲームプレイが可能な安いゲーミングPC。

本記事で紹介しているモデルのなかで、もっともおすすめできる製品です。

人気FPSを快適にプレイしたい方、配信中に重くなってしまうのを防ぎたい方にぴったりな性能。

重ためなFF14などのMMORPGも高画質設定で遊べます。性能を重視する場合はチェックしてみてください。

RM5C-R36のおすすめカスタマイズ
  • SSDを500GBから1TBへ変更
  • 1TBのHDDを追加

※ゲームを複数インストール、1マッチ分の動画を丸々保存したい人向け。片方でもOK

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M0P5-AR45_-NASXB

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M0P5-AR45_-NASXB

10万円台で買える激安ゲーミングPC

3

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPURyzen 5 4500
グラフィックチップRTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源500W
OSWindows
おすすめする理由
  • 安い
  • ストレージ・メモリともに十分な容量がある
  • 低画質であればそこそこ遊べる
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質でゲームをプレイしたい人

低画質でもいいから安くてゲームができるPCがほしいという人におすすめな「ILeDEs-M066-A124-RFSXB

13万円で買える安さながら、マイクラ(バニラ)など重くないゲームであれば144fps普通に出るというコスパの良さ。

高画質設定で高フレームレートを維持したりマイクラのようにMODなどを導入するとなると厳しいですが、そうでなければゲーミングPC入門モデルとして購入するのはアリです。

ILeDXs-M05M-A114_-RFSXBのおすすめカスタマイズ
  • SSDを500GBから1TBへ変更
  • 1TBのHDDを追加

※ゲームを複数インストール、1マッチ分の動画を丸々保存したい人向け。片方でもOK

ドスパラ ガレリア RL7C-R35H

ドスパラ ガレリア RL7C-R35H

ゲームや普段使いにも快適!第12世代Core i7を搭載したゲーミングノートPC

4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700H
GPUNvidia RTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz16インチ/165Hz
本体サイズ幅358×奥行き247×高さ19mm
重量約2.0kg
OSWindows
おすすめする理由
  • マルチスレッド性能が高い
  • シンプルなデザインで普段使いもできる
  • 最薄部は19mm
こんな人にはおすすめしない
  • 家でしかゲームをしない人

RL7C-R35Hは、Intelの第12世代CPU「Core i7-12700H」を搭載したドスパラのゲーミングノートPC。

現在、ドスパラから販売されているゲーミングノートPCのなかでは最も安価なモデルで、GPUには「RTX 3050」を搭載。Apex Legendsでも低設定なら約130fpsの高いフレームレートでプレイが可能です。

また、ディスプレイは16インチ、165Hzの高速な液晶を採用。解像度がフルHDより縦に広いため、情報の閲覧性が高くなっているのもポイントです。

デザインもシンプルなので、普段使いにも適しています。

RL5C-G50のおすすめカスタマイズ

なし

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

240Hzの高速ディスプレイ採用!Intelとドスパラのコラボモデル

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-11800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/240Hz
本体サイズ幅356×奥行き234×高さ21.6mm
重量約1.96kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 高リフレッシュレートに対応
  • 長時間連続使用できるバッテリー搭載
  • 持ち運びやすい軽量モデル
こんな人にはおすすめしない
  • ゲームを多めにインストールしたい人

ハイスペックながら20万円以下の価格に抑えられた安いゲーミングPC。240Hzと高リフレッシュレートに対応しているのが特徴です。

滑らかでブレの少ない映像を描写できるため、FPSゲームや格闘ゲームを中心にプレイする方におすすめ。

重さは約1.96kg、一般的なリュックに入れられるサイズなのも魅力。出張や旅行、帰省時でも快適にゲームを遊びたい場合に役立ちます。

UL7C-R36のおすすめカスタマイズ

なし

ゲーミングPCの基礎知識

Core i5とCore i7ゲームをするならどっち?

コスパを重視するならCore i5、性能を重視するならCore i7を選びましょう。なかでも、Intelの第12世代CPUであるCore i5-12400、もしくはCore i7-12700を搭載したモデルは高性能でゲームを快適にプレイできるためおすすめです。

なお、Core i5とCore i7の違いについて解説した記事があるので、ゲームをするならどっちがいいか気になる方はあわせてどうぞ。

ゲーミングPCは何年持つ?

ゲーミングPCの寿命は、ミドルスペックの場合は3年、ハイスペックの場合は5年程度といわれています。メンテナンスの頻度や1日あたりの使用時間などによって何年持つか変わってくるため注意しましょう。

ゲーミングPCの寿命を延ばすための方法については下記の記事で解説しています。

ゲーミングPCとは

ゲーミングPCとは、ゲームの必要・推奨スペックを満たすべく高性能なPCパーツが搭載されたパソコンのこと。

10万円台で買える安いモデルから、50万円以上するようなモデルまで種類はさまざま。

基本的に、安いモデルが欲しい場合はCore i5-12400×GTX 1660 SUPER or RTX 3060を搭載したゲーミングPCを買っておけばハズレません。

  • 高画質なゲーム映像で配信をしたい
  • 240fpsを維持できるような性能のゲーミングPCがほしい
  • 4K画質でゲームをプレイする

といった場合は、Core i9-12900×RTX 3090などを搭載したモデルがおすすめです。

BTOパソコンとは

BTOパソコンとは、ユーザがネットで注文してから、その要望に沿った構成で受注生産されるパソコンのこと。

予め組み込み済みのパソコンとは異なり、用途に合わせてパソコンパーツを変えられるため、安い構成で注文したりハイスペックな構成で注文したりできるのが魅力です。

ゲームはしないからGPUは低スペックで、動画編集を行うからCPUとメモリは高スペックで。といった注文もできます。

ゲーミングPCの性能を自分で決めたい方にBTOパソコンはおすすめです。

パソコンパーツの基礎知識

安いゲーミングPCにおいて重要なパソコンパーツは、以下5つ

  • CPU
  • GPU
  • メモリ
  • SSD
  • HDD

CPUは、パソコンの性能を左右するもっとも大事なパソコンパーツ。CPUが低スペックだと、ほかのパーツがどれだけ高スペックでもそのゲーミングPCでは快適にゲームをプレイすることができません。

安いモデルがほしい、しかし性能も気にしたいという方は、Core i5シリーズを搭載したモデルがおすすめ。

一方、性能を重視したモデルがほしい場合はCore i7シリーズやCore i9シリーズを搭載したゲーミングPCが適しています。

GPUは、映像関連の処理を行うパソコンパーツ。GPUがなければ、ゲームを快適にプレイすることはできません。

安いモデルよく搭載されているのはGTX 1660 SUPER。コスパがよく、多くのゲーマーから人気を集めているGPUです。

メモリは、複数の処理を行う際に活躍するパソコンパーツ。容量が小さいとゲームがカクついたり落ちたりします。

16GBあれば問題ないですが、複数のアプリを起動する動画編集・配信などの作業を行う場合は32GBを搭載したモデルも検討しましょう。

SSDとHDDは、別名ストレージとも呼ばれるパソコンパーツです。

安いモデルだと500GBのSSDのみを搭載したゲーミングPCが多いですが、ミドル~ハイスペックになると1TB以上のHDDを搭載したデュアルストレージ構成が採用されることも。

最新のゲームは100GBを超えるタイトルも珍しくないため、可能であれば1TBのSSDにカスタマイズしておきましょう。

グラボ(GPU)の寿命はどれくらい?

グラボ(GPU)の寿命は約5年と言われていますが、実際には個体差や使用頻度、パソコン周りの環境によって変わるので一概には言えません。

高負荷のゲームを長時間プレイしたり、マイニングのようにグラボに負担のかかる作業を日常的に行えば、寿命が縮む可能性は高いです。

個体差はあるので、長く使い続けられるグラボもありますが、5年も使えば性能面での寿命を迎えます。ゲームを快適にプレイできなくなったら買い替え時です。

安い中古ゲーミングPCは買うべき?

基本的に、ゲーミングPCを中古で買うことはおすすめしないです。

理由は下記のとおり。

  • 保証期間が短い
  • 新品よりも壊れるリスクが高い
  • コスパが悪い

値段が安くても、長期的に見て損をする可能性があるのが中古ゲーミングPCのやっかいなところです。

しかし、なかにはGP-ZEROのような新品に限りなく近いクオリティかつしっかりとした保証を付けているところもあります。

どうしても予算を抑えたい場合は検討してみてください。

安いゲーミングPCのおすすめ総評

安いゲーミングPCで1番おすすめできるのは、ドスパラの「ガレリア RM5C-G60S」です。

最大で平均240fps出せるスペックがありながら、価格は10万円付近と安く購入できます。

レイトレーシングに対応していない、ゲームによっては高画質だとパワー不足といったデメリットがありますが、低画質であればどのゲームもほぼ快適にプレイできるので、予算を抑えたい人向け。

どれぐらいfps出るかの比較表を確認しつつ、自分に合うモデルを選びましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次