2023年1月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【2023年1月】ゲーミングPCの相場はいくら?各メーカーの人気モデルから最適価格を知ろう

ゲーミングPCは、スペックによって価格差が非常に大きいという特徴があります。

ゲーミングPCを購入するにあたり、どの程度の予算が必要なのか分からないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、主要なBTOパソコンメーカーで人気のモデルをもとに、ゲーミングPCの相場を解説するとともに、価格帯ごとのおすすめゲーミングPCをご紹介しています。

2023年1月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 164,980円(税込) 139,980円(税込) 639,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900KF
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

2023年1月のゲーミングPCの相場はいくら?売れ筋モデルから算出

スクロールできます
メーカー型番価格(2023年1月)順位(2023年1月)
ドスパラXA7C-R36T214,980円(税込)1位
ドスパラXA7C-R37234,980円(税込)2位
ドスパラRM5C-R36T174,980円(税込)3位
パソコン工房LEVEL-M06M-124-SAX158,800円(税込)1位
パソコン工房LEVEL-M06M-124-RBX-U158,800円(税込)2位
パソコン工房LEVEL-M06M-127-SA1X194,700円(税込)3位
マウスコンピューターHM-A-AL199,800円(税込)1位
マウスコンピューターHM-B-3060Ti-AL229,900円(税込)2位
マウスコンピューターPP-Z309,800円(税込)3位

売れ筋ゲーミングPCから算出した相場は、208,526円となりました。

それぞれの平均価格は、

  • ドスパラが208,313円
  • パソコン工房が170,766円
  • マウスコンピューターが246,500円

となっており、平均相場にもっとも近いのはドスパラ。もっとも安いのはパソコン工房になりました。

2023年1月は、各メーカーで行われた年末年始セールの影響があるため、落ち着いた平均相場になっています。

どのメーカーもRTX 3060以上を搭載したミドルスペックから、ミドルハイクラスのゲーミングPCが人気。ハイエンドグラボを搭載したモデルはランクインしていません。

RTX 3080の後継モデルであるRTX 4080が性能はともかく、コスパがよくないため、不人気なのが影響していると考えられます。

「グラボ別ゲーミングPCの相場比較一覧表」を見れば分かりますが、2023年1月現在でもっともコスパがいい(価格が安い)のはドスパラとなります。

各メーカーごとに需要の高いスペックが異なるため、平均価格に多少の差異が出ていますが、一般的な相場として190,000~220,000円前後と考えて良さそうです。

グラボ別ゲーミングPCの相場比較一覧表

ここでは、大手3メーカーのゲーミングPCの価格をまとめ、相場を比較していきます。

気になるグラボがあれば、下記のリストから読み飛ばせます。

GTX 1660 SUPER

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラRM5C-G60S139,980円(税込)
フロンティアFRGAH670/A/NTK159,800円(税込)
パソコン工房STYLE-M06M-124-RJX153,800円(税込)
価格相場– – –151,193円(税込)

RTX 3060

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラRM5C-R36154,980円(税込)
マウスコンピューターHL-B199,800円(税込)
パソコン工房STYLE-M06M-124-RBX143,800円(税込)
価格相場– – –166,193円(税込)

RTX 3060 Ti

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラRM5C-R36T164,980円(税込)
マウスコンピューターHM-B-3060Ti209,800円(税込)
パソコン工房LEVEL-R769-124-SAX188,800円(税込)
価格相場– – –187,860円(税込)

RTX 3070

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラXA7C-R37229,980円(税込)
マウスコンピューターHN-Z294,800円(税込)
パソコン工房FRGXB660/C/NTK239,800円(税込)
価格相場– – –254,860円(税込)

RTX 3070 Ti

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラXA7C-R37T259,980円(税込)
マウスコンピューターHN-Z-3070Ti304,800円(税込)
フロンティアFRGTB660/C269,800円(税込)
価格相場– – –278,193円(税込)

RTX 3080

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラXA7C-R38274,980円(税込)
パソコンショップセブンZEFT Z35AH323,180円(税込)
ツクモGA7J-C230/B295,250円(税込)
価格相場– – –297,803円(税込)

RTX 3090(搭載モデルほぼ販売終了)

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラUA9C-R39499,980円(税込)
マウスコンピューターXP-Z604,800円(税込)
パソコン工房LEVEL-R769-129-XAX443,800円(税込)
価格相場– – –516,193円(税込)

2023年1月現在、RTX 3090を搭載したゲーミングPCはほとんどのメーカーで販売終了しています。
ただ、日本HPのOMEN 45Lは、まだ搭載モデルを販売中です。

RTX 3090 Ti(搭載モデル販売終了)

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラUA9C-R39T609,980円(税込)
セブンZEFT G29Z9TE659,800円(税込)
ツクモGX9J-F221/ZB529,800円(税込)
価格相場– – –599,860円(税込)

RTX 3090 Tiを搭載したモデルは2023年1月現在、どのメーカーも販売終了しています。
ハイエンドゲーミングPCを選ぶなら、より性能が向上したRTX 4090がおすすめです。

RTX 4080

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラZA7C-R48439,980円(税込)
パソコン工房LEVEL-R779-LC137KF-VLX399,800円(税込)
マウスコンピューターHP-Z529,800円(税込)
価格相場– – –456,526円(税込)

RTX 4090

スクロールできます
メーカー型番価格
ドスパラUA9C-R49639,980円(税込)
ツクモGX9J-R223/ZB579,800円(税込)
パソコン工房LEVEL-R779-LC139KF-XLX569,800円(税込)
価格相場– – –596,526円(税込)

結局どれくらいの値段のゲーミングPCを買えばいい?

安いモデルがほしいなら予算15万円

  • ゲーミングPCは欲しいがそこまでのスペックは求めない
  • できるだけ安価にゲーミングPCを手に入れたい

という方は、予算15万円を目安にゲーミングPCを探すのがおすすめです。

もちろんこれより安価なゲーミングPCも販売されてはいますが、処理速度やグラフィックの描画を考えると、あまり安すぎるものはゲームプレイに支障をきたすこともあります。

また、15万円台には売れ筋のモデルも多く、コスパが高いモデルを探しやすいです。

性能を重視するなら予算25万円以上

  • 最新タイトルを高画質設定でプレイしたい
  • 配信を快適に行いたい
  • 動画編集や3Dモデリングなどの作業をしたい

という方は、予算30万円を目安にゲーミングPCを探すのがおすすめ。

安い買い物ではありませんが、マシンスペックを気にせず最高設定でゲームプレイできるモデルが揃っています。

この価格帯であれば高性能なミドル~ハイクラスのパーツを使ったモデルも購入できますし、用途に合わせてカスタマイズを加えることも可能です。

ゲーミングPCを予算10万円で買うのは無理?

ゲームを快適にプレイできるだけのスペックがあるゲーミングPCを10万円で手に入れるのは、ほぼ不可能です。

10万円以下になると、Ryzen 5 5600Gのようなある程度グラフィック性能の高いCPUを搭載した、グラボなしのモデルを選ぶことになります。

VALORANTのような軽いゲームなら低設定であればプレイは可能ですが、Apex Legendsになってくると60fpsを下回るフレームレートしかだせません。

後からグラボを増設することも可能ではあります。しかし、保証のことも考えると最初からグラボを搭載したゲーミングPCを購入したほうが無難です。

ゲーミングPCの初期費用は?

ゲーミングPCを手に入れても、144Hz以上の高速なリフレッシュレートに対応したゲーミングモニターがなければ性能を活かせません。

24インチのゲーミングモニターなら安価なモデルも多いです。ゲーミングPCを買う時はゲーミングモニター用に20,000~30,000円程度の予算を追加して考えましょう。

予算に余裕があれば、ゲーミングマウスやゲーミングキーボード、ヘッドセットなども購入するとゲームをより快適に楽しめます。

ゲーミングPCに必要なもの、あれば便利な周辺機器をまとめた記事もありますので、参考にしてみてください。

ゲーミングPCを安く買う方法

ゲーミングPCメーカーのセール

多くのゲーミングPCメーカーでは、夏と冬のボーナス時期や年末年始などにセールを行っています。

人気モデルが格安で販売されたり、セール限定モデルが登場するなどゲーミングPCをお得に購入できるチャンスです。

ほかにも無料メモリ増量やポイント還元率アップなどメーカーによって内容は異なりますが、セールに合わせてさまざまなキャンペーンが展開されることも。

ゲーミングPCの購入を考えているなら、セールの時期に合わせるのがおすすめです。

分割で購入する

ゲーミングPCを買いたいが一度に多額の出費はできないと悩んでいる方は、分割で購入するのもひとつの方法です。

分割払いは手数料が気になるところですが、ドスパラではショッピングクレジットを選択した場合、条件を満たせば48回払いまで分割手数料が無料になるキャンペーンを展開しています。

ドスパラ以外でも同じようなキャンペーンを行っていることがあるので、定期的にチェックしてみることをおすすめします。

PCを自作する

ゲーミングPCを既に買ったことがある方向けですが、自作するか、一部のパーツを交換するという方法もあります。

ケースや電源などを流用して、CPUやグラボのような重要なパーツだけをグレードアップすれば、安くすませることも可能です。

ただ、パーツ選びを間違えてしまうとかえって高くつくため、PCの知識がある程度必要になります。

メーカーのサポートもないので、最初から自作に手を出すよりは、ゲーミングPCを買ってからパーツ交換に挑戦するのがおすすめです。

中古PCについて(非推奨)

ゲーミングPCを安く手に入れる方法として、中古やネットオークションという手段もあります。

ただし、積極的におすすめはしません。どのような用途に使われたか、正確なことが分からないからです。

PCの心臓部である電源や、SSDのようなストレージは消耗品なので、使えば確実に劣化していきます。

ゲーミングPCは負荷の高い作業に使われることも多いです。前のオーナーがCPUやグラボをオーバークロックして酷使した可能性もあります。

デメリットがあると理解した上で、PCパーツの知識があれば選択肢に入れても大丈夫ですが、初心者なら中古は避けた方が無難です。

15万円のゲーミングPC一覧

パソコン工房 レベルインフィニティ LEVEL-M0P5-R45-RBX 

パソコン工房 レベルインフィニティ LEVEL-M0P5-R45-RBX

価格と性能を両立!初めて買うならこのモデル

おすすめ度:4

タイプミニタワー
CPUメーカーAMD
CPURyzen 5 4500
グラフィックチップNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • コンパクトでシンプルなデザイン
  • コスパの高いパーツで構成
こんな人にはおすすめしない
  • 華やかなLEDライティングが欲しい人
  • 4K解像度でゲームをしたい

AMD製のエントリーモデルCPU「Ryzen 5 4500」とミドルクラスGPUとして知名度の高い「GeForce RTX 3060」で構成されたゲーミングPCです。

コンパクトなミニタワーケースとシンプルなデザインは、テレワークなどに活用したいという方にもぴったり。

最大4年間まで保証延長できるプランを選べるのも特徴です。ゲーム性能はApex Legendsの低画質設定で190fps前後、シーンによっては200fpsを越えることも。

フォートナイトのパフォーマンスモードでも平均270fpsを出せる性能があります。

価格と性能のバランスが非常に良く、初めてのゲーミングPCとしてもおすすめのモデルです。

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

15万円以下で買えるゲーミングPCならこれがベスト!

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • フルHD環境でゲームプレイできる環境
  • すっきりとインテリアに馴染むボディデザイン
  • 受賞記念モデルのみSSDが1TB
こんな人にはおすすめしない
  • 最高画質でプレイしたい人

RM5C-G60SはCore i5-12400とGeForce GTX 1660 SUPERという、コスパが高いパーツで構成されたエントリーモデルのゲーミングPCです。

メモリは16GB、500GB SSDが標準で搭載されており、ゲームプレイに充分なストレージ容量が確保されています。

140mmの冷却ファンで内部を強力に冷却するので、長時間のゲームプレイにも対応可能。

気になるゲーム性能は、フォートナイトの低画質設定で200fps、Apex Legendsでは120fpsを安定して維持できる実力を持っています。

家庭用ゲーム機などと比較すると、その差は歴然。フルHD環境を充分に活かせる性能を持つ、ゲーミングPCです。

ドスパラ ガレリア RL5C-G50

ドスパラ ガレリア RL5C-G50

予算15万円で格安ゲーミングノートPCを狙うならこのモデル!

おすすめ度:3

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-11400H
GPUNvidia GTX 1650
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz15.6インチ/120Hz
本体サイズ幅360×奥行き244×高さ20mm
重量約2.0kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 15万円以下で買えるゲーミングノートPC
  • 現行タイトルがプレイ可能
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質で快適にゲームプレイしたい人

RL5C-G50は「Core i5-11400H」と「GeForce GTX 1650」というシンプルな構成のゲーミングノートPCです。

15.6インチのモニターは一般的なサイズ感ながら、狭額ベゼルを採用しているので実際より広く感じられ、より高い没入感を得られます。

ゲーム性能は若干控えめながらフォートナイトの競技設定で平均110fps、シーンによっては170fpsを越えることも。

FF14のベンチマークでも、標準品質で5500を超えるスコアを記録しました。

フルHD環境で低画質設定なら、それほどストレスを感じることなくゲームプレイできる性能を持っています。

25万~30万円以上のゲーミングPC一覧

ドスパラ ガレリア ZA7C-R49

ドスパラ ガレリア ZA7C-R49

第13世代Core搭載!最新モデルを組み合わせたハイスペックなゲーミングPC

おすすめ度:5

タイプミドルタワー
CPUメーカーインテル
CPUCore i7-13700K
グラボRTX 4090
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源1200W
OSWindows
おすすめする理由
  • 第13世代Core i7搭載
  • RTX 4090を採用
  • 最高クラスのハイスペックゲーミングPC
  • グラフィックを重視したゲームを楽しみたい
こんな人にはおすすめしない
  • 価格を抑えたモデルが欲しい人

ZA7C-R49はIntelの第13世代「Core i7-13700K」と、ハイエンドグラボ「RTX 4090」を組み合わせた最新のゲーミングPCです。

RTX 4090は前世代のハイエンドであるRTX 3090 Tiと比較しても、大きく性能が向上しています。

ハイエンドグラボのターゲットである高精細な4Kはもちろん、フルHD解像度でも、フレームレートが上がっているのがポイント。

Apex Legendsやフォートナイトでも、高フレームレートで安定するため、300Hz以上のゲーミングモニターと相性がいいです。

ゲームをするだけでは、もったいない性能なので、配信や3Dレンダリングなどクリエイティブな作業に使う方におすすめします。

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) XA7R-R38

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) XA7R-R38

25万円台で買える!ハイスペックながらコスパも良好なゲーミングPC

4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーAMD
CPURyzen 7 5700X
グラボRTX 3080
メモリ容量16GB(8GB×2)
SSD容量1TB NVMe
HDD容量– – –
電源750W
OSWindows
おすすめする理由
  • WQHDでも快適にゲームができる
  • 省電力性に優れたRyzen 7 5700X搭載
  • グラボ用のサポートステー付き
こんな人にはおすすめしない
  • Intel有利なゲームをプレイする人

XA7R-R38は「Ryzen 7 5700X」と「GeForce RTX 3080」で構成されたハイスペックなゲーミングPC。

Ryzen 7 5700Xは2022年4月に発売された新しいCPUで、TDPが65Wと省電力ながら高いマルチスレッド性能を持ったコスパに優れたモデルです。

ハイスペックなRTX 3080を活かせる性能があるため、重いゲームのサイバーパンク2022でも、WQHD解像度で60fpsを出してくれます。

また、1TBのSSDが標準搭載されており、ストレージも十分確保されているのもポイント。

フルHDならほとんどのゲームで高いフレームレートを出せるので、240hzのゲーミングモニターと組み合わせるのもおすすめです。

ドスパラ ガレリア ZL7C-R37TH

抜群のコスパと性能!予算30万円のゲーミングノートならこれがベスト

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700H
GPUNvidia RTX 3070 Ti
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz16インチ/165Hz
本体サイズ幅358×奥行247×高さ20.0mm
重量約2.15kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 最高設定でストレスなくゲームプレイできる
  • ノートPCでも性能には妥協したくない
  • クリエイター作業にも向いている
こんな人にはおすすめしない
  • 価格を抑えたゲーミングノートPCが欲しい人

ZL7C-R37THは「Core i7-12700H」と「GeForce RTX 3070 Ti」という、ハイクラスのなかでもゲーム性能が非常に高いことで知られるパーツで構成されたゲーミングノートPCです。

狭額ベゼルを採用したモニターは16インチと少し大きめ。165Hzに対応しているので、よりなめらかな描画が可能です。

また、現行の人気タイトルの多くを最高画質設定でプレイできるだけの性能を備えています。Apex Legendsで平均100fps以上を維持、低画質なら180fpsを安定して出せる性能です。

VAROLANTなら最高設定でも平均200fpsを超えるので、165fps張り付きも可能。いろいろな目的に活用できる、高性能なモデルです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次