2024年2月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

15万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ5選|2024年1月

当ページには広告が含まれています。

コスパよくゲームを高画質で動かしたいという人におすすめなのが、15万円クラスのゲーミングPCです。

どのメーカーも魅力的な価格でゲーミングPCを販売しています。

さまざまなスペック・デザインのモデルがあるため、商品選びに悩んでしまうことも。そこで当記事では、予算15万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめモデルを紹介します。

なお、2023年最新のゲーミングPCおすすめモデルを紹介している記事もあるので、あわせてどうぞ。

【提供:株式会社日本HP】当メディア限定クーポンが使える!
こちらから公式ページへ飛び132,000円(税込)以上のゲーミングPCを購入すると、7%安く買うことができます。期間は2024/2/29(木) 23:59までなので、お早めに!

以下の製品は対象外です。
・価格.com限定モデル製品(個人向けPCのみ対象外)
・プリンタ製品
・Workstation製品
・個人向けAndroidタブレット製品

2024年2月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル XL7C-R45XL7C-R45 RM5C-R46TRM5C-R46T ILeDEs-R779-L137C-UL2XBILeDEi-M77M-A147F-UL1XB
価格 161,980円(税込) 164,800円(税込) 296,700円(税込)
CPU Core i7-13700H Core i5-13400F Core i7-14700F
GPU RTX 4050 RTX 4060 Ti RTX 4070 Ti
目安fps/画質 ~120fps/フルHD ~180fps/フルHD ~240fps/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

予算15万円以下のゲーミングPCってどうなの?

10万円~15万円台の価格帯は、ゲーミングPCの予算としては安く、性能に不安を覚える方もいるのではないでしょうか。

本見出しでは、そんな方向けに下記のような点について解説しています。

PS5の代わりに買うか悩んでいる人へ

品薄な状況が続いているため、PS5の代わりにゲーミングPCの購入を検討している人が増えてきました。

結論からいえば、予算に余裕があるのであればPS5ではなくゲーミングPCの購入がおすすめです。

PS5は60fps/120fpsの制限があり、負荷の高い4K画質になるとフレームレートがどうしても落ちてしまいます。

15万円で買えるゲーミングPCは、ゲーム側に制限がなければ200fpsを超えるフレームレートを狙うことも可能です。

ただし、PS5には「価格が安い」、「PS5独占タイトルがある」という最大のメリットがあります。

モンハンを始めとして、最近はSteamでできるゲームが増えてきてはいるものの、ほしいゲームが独占になる可能性は考慮しておきましょう。

たぶーら

FPSゲームをプレイするなら高fpsが狙えるゲーミングPCがおすすめ!

ゲームではどれぐらいのfpsが出せる?

15万円クラスのゲーミングPCで人気ゲームを快適にプレイできるのか、どれくらいのfpsが出るのか。

15万円で購入できるゲーミングPCの平均的なスペックである、Core i5-13400とRTX 3060のスペックで調査しました。

スクロールできます
ゲーム名フレームレート目安(フルHD/低画質)
Apex Legends160~180fps
フォートナイト270~300fps
VALORANT270~300fps
RUST100fps
モンハンライズ140~160fps

動画編集や配信はできる?

15万円以下のゲーミングPCで動画編集はできる

15万円で買えるゲーミングPCになると、ゲームのほか動画編集や配信などの負荷がかなり高い作業も快適にできるようになります。

動画編集は重いエフェクトを何個もかけたり、4Kで非常に長い動画を編集しない限り、最新の15万円クラスのゲーミングPCでも十分作業可能です。基本的な操作であれば快適にできるようになっています。

配信は、重たいゲームをプレイすることがなければ可能です。RUSTやタルコフなどのスペックを必要とするゲームを配信すると少し重たく感じるかもしれません。

そのため、よりスペックを重視するのであれば、予算20万~25万円以下のゲーミングPCがおすすめです。

予算15万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|デスクトップPC

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDXs-M7P5-AR57X-SASXB

RTX 3060 Tiを搭載!15万円以下で買えるミドルハイモデル

おすすめ度:4.5

タイプミニタワー
CPUメーカーAMD
CPURyzen 7 5700X
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • フルHDならほとんどのゲームをプレイできる
  • 配信も十分出来る性能
  • セール中なら14万円以下の時も
こんな人にはおすすめしない
  • Intel有利のゲームをプレイする人
+特徴を見る

AMDのCPU「Ryzen 7 5700X」を搭載したパソコン工房のゲーミングPCです。

Ryzen 7 5700Xは8コア16スレッドと配信も可能なマルチスレッド性能を持つ非常にコスパのよいCPU。

Ryzen 7 5700XのTDPは65Wとコア数に対して低いのもポイント。実際の消費電力も75W程度で収まる省電力なモデルです。

また、グラボにはRTX 3060 Tiを採用しているので、フルHD環境ならほとんどのゲームを快適にプレイすることが出来ます。

セールのタイミングであれば14万円以下で買える可能性もある、非常にコスパのいいゲーミングPCです。

【コスパ重視】ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

格安モデル!15万円以下で買うならコレがベスト

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13400F
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • 15万円以下で買えるゲーミングPC
  • 低画質設定であればほとんどのゲームを遊べる
  • SSDが1TBに増量された
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質設定でゲームをプレイしたい人
+特徴を見る

ドスパラのガレリアブランドから発売されている15万円以下で買えるゲーミングPC「RM5C-G60S」です。

本ゲーミングPCがおすすめな点は手厚いサポートと操作がしやすく冷却性能の高い、LEDライト標準搭載のケースです。

信頼と安心のガレリアブランドで、サポートが充実しています。もし初期不良などの場合も、すぐに対応してもらえて安心感が段違いです。

140mmサイズの大型冷却ファンを搭載しているのもポイント。低速でも風量が大きい大型のファンなので、静音性と冷却性の両立を可能としています。

Core i5-13400F搭載のハイスペックなゲーミングPCながら、利便性と見た目が両立しているのがガレリアRM5C-G60S。多くの人におすすめです。

【RTX3060搭載】パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M7P5-AR45-RBSXB

RTX 3060をRyzen 5 4500と組み合わせたコスパのいいゲーミングPC

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーAMD
CPURyzen 5 4500
グラフィックチップNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • 15万円以下で購入可能
  • 144fps張り付きも狙える
  • シンプルなデザイン
こんな人にはおすすめしない
  • 240fpsを狙いたい人
+特徴を見る

パソコン工房から発売されている、15万円以下で買えるデスクトップゲーミングPCです。

6コア12スレッドと高いマルチスレッド性能を持ちながら安価になっているRyzen 5 4500を搭載。

グラボにはRTX 3060を採用しているので、Apex LegendsのフルHD・低設定なら144fps以上の高いフレームレートでプレイが可能です。

また、Officeなどの有料アプリケーションが標準よりも安く購入できるのがポイント。

仕事や普段使いもする方は後でOfficeを買うよりも、カスタマイズで追加するのがおすすめです。

セールのタイミングであれば13万円以下で買える可能性もある、コスパのいいゲーミングPCになっています。

予算15万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|ゲーミングノートPC

ASUS TUF Gaming F15 FX507ZC4

ASUS TUF Gaming F15 FX507ZC4

高い耐久性が魅力!米国軍用規格に準拠したコスパ良好のゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12500H
GPUNvidia RTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz15.6インチ/144Hz
本体サイズ幅354.9×奥行き251.9×高さ22.45~24.95mm
重量約2.2kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 堅牢性の高い筐体
  • 144hzの高速ディスプレイ
  • 独自の冷却システム
こんな人にはおすすめしない
  • 4K解像度でゲームをプレイしたい人
+特徴を見る

FX507ZC4は、CPUに「Core i5 -12500H」を搭載したASUSのコスパのいいゲーミングノートPCです。

GPUにはエントリークラスの「RTX 3050」を採用。Apex Legendsなら画質設定を調整すれば100fps以上でのプレイが可能です。

また、ディスプレイは144Hzの高速リフレッシュレートに対応しているため、別途ゲーミングモニターを用意する必要もありません。

米国の軍用規格MILに準拠したテストをクリアしているので、耐久性が高く、衝撃や振動にもポイントです。

ゲームをカジュアルに遊べて、丈夫なゲーミングノートPCが欲しい方におすすめします。

ドスパラ ガレリア RL5C-R35

ドスパラ ガレリア RL5C-R35

コスパ良好!144Hzの液晶を採用したゲーミングノートPC

4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13500H
GPURTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズとHz15.6インチ/144Hz
本体サイズ幅360×奥行き244×高さ22mm
重量約2.1kg
OSWindows
こんな人におすすめ
  • 144Hzの高速な液晶を採用
  • シンプルなデザインで普段使いもできる
  • 価格が非常に安い
こんな人にはおすすめしない
  • 240fps張り付きを狙いたい人
+特徴を見る

RL5C-35Hは、Intelの第13世代CPU「Core i5-13500H」を搭載した15万円以下のゲーミングノートPC。

ディスプレイは144Hzのリフレッシュレートに対応しており、GPUには「RTX 3050」を採用。フルHDの低画質設定であれば100fps以上のフレームレートでゲームを楽しめます。

また、Wi-Fi6Eの高速通信にも対応しているので遅延が少なくなっているのもポイント。デザインもシンプルで普段使いしやすいです。

RL5C-R35はカスタマイズがほぼ出来ない代わりに、価格が非常に安く12万円以下で買える時もあります。

コスパの高いモデルなので、ゲーミングノートPCに触れてみたいという方にもおすすめのモデルです。

ASUS Vivobook 16X K3605VC

軽量ながら120Hzに対応!ASUSの15万円以下で買えるゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13500H
GPURTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz16インチ/120Hz
本体サイズ幅358×奥行き249.1×高さ18.9~20.35mm
重量約1.92kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 約1.92Kgと軽量
  • バッテリー駆動時間が約9時間
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質でゲームをプレイしたい人
+特徴を見る

PCパーツの老舗でもあるASUSが販売している15万円以下で買えるゲーミングノートPCです。

GPUにはRTX 3050を採用。Apex Legendsなら、設定の調整次第で約120fpsのフレームレートを出せる性能があります。

ディスプレイはフルHDより縦に広いWUXGAに対応しており、リフレッシュレートは120Hzと15万円以下のモデルなら十分なスペックです。

また、約1.92Kgと軽量ながら、米国の軍用規格に準拠したテストをクリアしているので、持ち運びにも適しています。

バッテリー駆動時間も最大で約9時間と長いので、旅行先でもゲームをプレイしたい方におすすめです。

予算15万円以下で買えるゲーミングPCの比較表

モデルRM5C-G60SILeDEs-M7P5-AR45-RBSXBILeDXs-M7P5-AR57X-SASXBVivobook 16X K3605VCRL5C-R35TUF Gaming F15 FX507ZC4
メーカードスパラパソコン工房パソコン工房ASUSドスパラASUS
タイプデスクトップデスクトップデスクトップノートパソコンノートパソコンノートパソコン
価格124,980円(税込)127,800円(税込)145,800円(税込)124,800円(税込)119,980円(税込)139,800円(税込)
CPUCore i5-13400FRyzen 5 4500Ryzen 7 5700XCore i5-13500HCore i5-13500HCore i5-12500H
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3060RTX 3060 TiRTX 3050RTX 3050RTX 3050
メモリ容量16GB16GB16GB16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)500GB500GB500GB512GB500GB512GB
公式ページ公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る

【2024年2月】自作PCの場合は予算15万円だとどんな構成になる?

ゲーミングPCを自作する場合、予算15万円だと以下のような構成となります。

スクロールできます
パーツパーツ名価格
CPUCore i5-13400F31,780円
CPUクーラーDeepcool AK4002,973円
マザーボードMSI PRO B760M-G DDR4【Amazon限定】17,466円
グラボGTX 1660 SUPER28,298円
メモリCORSAIR VENGEANCE CMK16GX4M2E3200C165,880円
SSDSamsung 9807,051円
電源Corsair RM650x15,980円
PCケースThermaltake Versa H266,046円
– – –– – –115,474円

Core i5-13400FとGTX 1660 SUPERを採用して12万円以下と、コスパの高い構成です。

予算が15万円ならまだ余裕があるので、グラボを上位モデルのRTX 3060に変更すれば、より快適にゲームをプレイできます。

また、動画編集や配信をするならメモリを32GBに増やす、ゲームを多くインストールするならSSDの容量を1TB以上にするなど、用途や好みでパーツを選べるのも自作の魅力です。

特に現在はメモリとSSDの価格が値下がっています。SSDは500GBから1TBに変更しても3,000~3,500円程度の違いしかないので容量を増やしたほうが、コスパがいいです。

予算15万円でゲーミングPCを自作するなら、IntelならCore i5-13400FやCore i5-12400F。AMDならRyzen 7 5700Xを基準にカスマイズしてみてください。

15万円以下で買えるゲーミングPCでよくある質問

15万円以下のゲーミングPCでApexはプレイできる?

Apex LegendsはPCゲームの中では中程度の負荷に分類されるタイトルです。

予算15万円以下のゲーミングPCでもフルHD環境の低画質設定であれば、ほとんどのモデルで問題なくプレイできます。

PCゲームをするにはなにが必要?

ゲーミングPCでゲームをプレイする場合、必須と言えるのは144Hzなどの高いリフレッシュレートに対応したゲーミングモニターです。

一般的な液晶テレビをはじめ、多くのモニターのリフレッシュレートは60Hz。高いフレームレートをゲーミングPCが描画しても、モニターが対応していなければ意味がありません。

原神やドラゴンクエスト10のようにフレームレートが60fpsに制限されているタイトルならともかく、FPSゲームを快適にプレイするにはゲーミングモニターが必要になります。

ほかにもゲーミングマウスなどのゲーミングデバイスはありますが、優先度はゲーミングモニターのほうが高いです。

ゲーミングPCを買ったら、ゲーミングモニターも用意しましょう。視線移動が少なく、扱いやすい24インチのモデルがおすすめです。

10万円以下のゲーミングPCはある?

8月現在、10万円以下で買えるゲーミングPCはドスパラのRM5R-G50があります。グラボを搭載したゲーミングPCのなかでは、非常に安価なモデルです。

ただ、Ryzen 5 4500とGTX 1650を組み合わせたエントリークラスのゲーミングPCなので、ゲームの画質を下げてプレイするのが前提になります。

また、ドスパラにはGTX 1660 SUPERを搭載したLightning AT5もあるので、ガレリアのケースやゲーミングPCの冷却性能にこだわらないのであれば一般向けモデルを選ぶのも手です。

ゲーミングPCは何年で買い替えになる?

ゲーミングPCの買い替え時期は3~5年ていど。15万円以下のミドルレンジであれば長くて3年ほどが目安とされています。

パーツの経年劣化もありますが、CPUやグラボのモデルチェンジが行われる周期が約2年で、新モデルの価格が落ち着くまでにもう少し時間がかかるのも理由の一つです。

また、高性能なゲーミングPCでも5年使えば新モデルとの差が出てくるため、性能的な寿命が見えてきます。

最新タイトルの要求スペックも時代によって上がるので、ストレスを感じるようになったら買い替えを検討しましょう。

ゲーミングPCの寿命やCPUやグラボなど各パーツの買い替え時期について解説した記事もあるので、参考にしてみてください。

予算15万円以下で買えるゲーミングPCまとめ

今回は予算15万円以下で買えるゲーミングPCを紹介しました。

予算15万円以下のゲーミングPCでもスペックは十分で、ある程度重たいゲームでも快適に動作させることが可能です。

デスクトップでおすすめなゲーミングPCはパソコン工房の「ILeDXs-M7P5-AR57X-SASXB」。コスパのいいゲーミングノートPCならドスパラの「RL5C-R35」がおすすめです。

また、自作ゲーミングPCの場合はCore i5-13400FとGTX 1660 SUPERの組み合わせをベースにして構成を考えていきましょう。

予算が15万円あればフルHD・低画質なら、ほとんどのゲームを快適に遊ぶことができます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次