2022年11月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【どっちがいい?】RTX 3060 Tiレビュー|コスパ重視なら買いなのか。性能差と価格推移も

旧モデルのハイクラスグラボであるRTX 2080 SUPERと、ほぼ同等のゲーム性能を持つ「RTX 3060 Ti」。

下位モデルであるRTX 3060の強化版というよりは、RTX 3070に近いグラボで、フルHDならほとんどのゲームを高画質でプレイできるのが魅力です。

本記事では、RTX 3060 Tiの性能をほかのグラボと徹底比較。各メーカーの価格推移をまとめています。

2022年11月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 189,979円(税込) 159,980円(税込) 699,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900K
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

RTX 3060 Tiのスペック比較表

「RTX 3060 Ti」のスペックをほかのグラボと比較しました。

専門用語が分からない場合は、下記記事で解説しているので合わせてチェックしてみてください。

横スクロールできます

GeForce RTX 3000シリーズのスペック比較表
   GPU     スコア コスパ 価格(平均) 汎用シェーダー
(CUDAコア)数
RTコア数 コアクロック ブーストクロック メモリ容量 メモリクロック TDP 推奨電力
RTX 3050 2022年 6,224 92 43,129 円 2560 個 20 個 1552 MHz 1777 MHz 8 GB 14 GT/s 130 W 500 W
RTX 3060 2021年 8,766 84 56,271 円 3584 個 28 個 1320 MHz 1777 MHz 12 GB 15 GT/s 150 W 600 W
RTX 3060 Ti 2020年 11,700 80 84,786 円 4864 個 38 個 1410 MHz 1665 MHz 8 GB 14 GT/s 200 W 600 W
RTX 3070 2020年 13,651 68 129,473 円 5888 個 46 個 1500 MHz 1725 MHz 8 GB 14 GT/s 220 W 650 W
RTX 3070 Ti 2021年 14,857 102 94,983 円 6144 個 48 個 1580 MHz 1770 MHz 8 GB 19 GT/s 290 W 800 W
RTX 3080 2020年 17,631 66 187,803 円 8704 個 70 個 1440 MHz 1710 MHz 10 GB 19 GT/s 320 W 850 W
RTX 3080 Ti 2021年 19,628 80 172,792 円 10240 個 80 個 1365 MHz 1665 MHz 12 GB 19 GT/s 350 W 1000 W
RTX 3090 2020年 19,931 67 216,765 円 10496 個 82 個 1395 MHz 1695 MHz 24 GB 19.5 GT/s 350 W 1000 W
RTX 3090 Ti 2022年 21,929 68 243,601 円 10752 個 84 個 1560 MHz 1860 MHz 24 GB 21 GT/s 450 W 1200 W

▲価格はAmazonの平均値。クリックで並び替えできます

▲コスパはシェーダー数 x コアクロック / 価格。数値が高いほど良い

RTX 3060 Tiは2022年の6月頃から、徐々に価格が落ち着き、値下がり傾向にあります。

RTX 3060 Tiはミドルクラスのグラボながら、RTX 2080 SUPERに匹敵する性能を持ち、消費電力も優秀なモデルです。

設定を落としてもいいならRTX 3060でも十分ですが、RTX 3060 TiはフルHDだけでなく、ゲームによってはWQHDでのプレイも視野に入ります。

ほとんどのゲームを快適にプレイできるので、フルHD・高画質設定で高いフレームレートを維持したい方におすすめです。

詳細な比較は各ゲームプレイ時のfpsで確認できるので、気になる方は読み飛ばしてみてください。

RTX 3060 Tiの性能|各ゲームプレイ時のFPSをチェック

本見出しでは、RTX 3060 Tiを実際に使用した際の各ゲームプレイ時のfps値をまとめています。

気になるゲームがある場合は下記のリストから読み飛ばせるので、ぜひチェックしてみてください。

Apex Legends

RTX 3060でApex Legendsをプレイした際のfps

Apex Legendsプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 183 fps

RTX 3060 Ti
  • 230 fps

RTX 3070
  • 260 fps

RTX 3080
  • 280 fps

RTX 3090
  • 280 fps~

1920×1080(FHD) 高画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

RTX 3060 Tiの性能なら、低画質で200fps以上の高フレームレートをだしてくれます。

RTX 3060では200fpsには届かないので、200hz以上のゲーミングモニターを使う方におすすめです。

フルHDなら、高画質でも144fps以上を出せるため十分快適ですが、より高いフレームレートを狙うならRTX 3070を選びましょう。

Fortnite(フォートナイト)

RTX 3060でフォートナイトをプレイした際のfps

Fortniteプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 262 fps

RTX 3060 Ti
  • 285 fps

RTX 3070
  • 406 fps

RTX 3080
  • 447 fps

RTX 3090
  • 500 fps~

1920×1080(FHD) 高画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

フォートナイトは画質設定や背景、天候の違いでフレームレートの差が大きいタイトル。

低画質であれば、RTX 3060 Tiなら200fpsを大きく越えたフレームレートで快適なプレイが可能です。

高画質設定だと、シーンによっては144fpsを切ることもありますが、RTX 3060より高いフレームレートで安定します。

組み合わせるCPUにも寄りますが、フルHD・高画質ならRTX 3060 Tiなら十分快適です。

VALORANT

RTX 3060でVALORANTをプレイした際のfps

VALORANTプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 290 fps

RTX 3060 Ti
  • 320 fps

RTX 3070
  • 360 fps

RTX 3080
  • 400 fps~

RTX 3090
  • 400 fps~

1920×1080(FHD) 高画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

VALORANTは軽いタイトルなので、画質の影響はほとんどありません。RTX 3060でも300fps以上の高いフレームレートがでています。

300hz以上に対応できるゲーミングモニターは稀なので、RTX 3060以上ならどのグラボを使っても問題ありません。

スパイクラッシュの有無などで、フレームレートに差はでますが、フルHDなら240fps以上で安定します。

むしろ、フレームレートが高すぎるため、CPUボトルネックの影響を考慮しなければいけません。

ゲーム性能の高い、第12世代Core iシリーズと組み合わせるのがおすすめです。

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)

RTX 3060でPUBGをプレイした際のfps

PUBGプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 179 fps

RTX 3060 Ti
  • 200 fps

RTX 3070
  • 209 fps

RTX 3080
  • 220 fps~

RTX 3090
  • 230 fps~

1920×1080(FHD) 高画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

RTX 3060 Tiの性能があれば、フルHD・高画質でも144fps以上のフレームレートがでます。

高画質設定でのRTX 3060との差は大きいので、PUBGでフレームレートを安定させたい場合はRTX 3060 Tiを選びましょう。

PUBGに限ればRTX 3070との差は僅かなので、無理に上位モデルを選択する必要はありません。

FINAL FANTASY 14(FF14)

RTX 3060でFF14をプレイした際のfps

FF14ベンチマークのfps

1920×1080(FHD) 高画質
RTX 3060
  • 163 fps

RTX 3060 Ti
  • 189 fps

RTX 3070
  • 196 fps

RTX 3080
  • 212 fps

RTX 3090
  • 223 fps

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

FF14はRTX 3060でも、144fps以上のフレームレートで快適なプレイが可能です。

RTX 3060 Tiの性能なら、WQHDでも120fps前後でプレイできるので、より高精細なグラフィックで楽しめます。

ただ、4Kで60fpsをだすのは難しいです。4Kの高解像度でプレイしたい場合は、最低でもRTX 3070を選びましょう。

Rust

RTX 3060でRustをプレイした際のfps

Rustプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 130 fps

RTX 3060 Ti
  • 153 fps

RTX 3070
  • 160 fps

RTX 3080
  • 164 fps

RTX 3090
  • 200 fps

1920×1080(FHD) 高画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

Rustで表示できる限界フレームレートは144fpsです。低画質設定ならRTX 3060 Tiなら144fpsを狙えます。

RTX 3060 Tiの性能なら高画質でも100fpsを維持できますが、Rustは回線の品質やサーバーの状況などの影響で、フレームレートが変わりやすいです。

144fpsを狙うなら、RTX 3070以上のハイクラスグラボを選びましょう。

原神

RTX 3060で原神をプレイした際のfps

原神プレイ時のfps

1920×1080(FHD) 高画質
RTX 3060
  • 60 fps

RTX 3060 Ti
  • 60 fps

RTX 3070
  • 60 fps

RTX 3080
  • 60 fps

RTX 3090
  • 60 fps

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

原神は非常に軽いタイトルなので、フルHDならRTX 3060でも快適にプレイできます。

2022年11月現在での限界フレームレートは60fpsなので、フルHDでプレイするならハイクラスのグラボは必要ありません。

RTX 3060 TiならWQHDでも、60fpsに張り付きますので、原神には十分な性能を持っています。

ELDEN RING

RTX 3060でELDEN RINGをプレイした際のfps

ELDEN RINGプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 高画質
RTX 3060
  • 60 fps

RTX 3060 Ti
  • 60 fps

RTX 3070
  • 60 fps

RTX 3080
  • 60 fps

RTX 3090
  • 60 fps

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

RTX 3060 TiならフルHD・最高設定でも、問題なく60fpsに張り付くので快適なプレイが可能です。

ただ、WQHDにすると、戦闘などで60fpsを切ってしまいます。

WQHDのような高解像度でプレイする場合、予算に余裕があればRTX 3070を選びましょう。

モンスターハンター ライズ

RTX 3060でモンスターハンター ライズをプレイした際のfps

モンスターハンター ライズプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 203 fps

RTX 3060 Ti
  • 230 fps

RTX 3070
  • 260 fps

RTX 3080
  • 300 fps~

RTX 3090
  • 300 fps~

1920×1080(FHD) 高画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

モンスターハンターライズはSwitchからの移植なので、軽めのタイトルです。RTX 3060でも144fpsを維持できます。

高画質設定でのRTX 3060 Tiとの差は少ししかなく、ハンティングアクションゲームなので設定を落として200fpsを狙う必要もありません。

コスパを求めるならRTX 3060、ほかのゲームも快適にプレイしたいならRTX 3060 Tiを選びましょう。

黒い砂漠

RTX 3060で黒い砂漠をプレイした際のfps

黒い砂漠プレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 204 fps

RTX 3060 Ti
  • 210 fps~

RTX 3070
  • 220 fps~

RTX 3080
  • 220 fps~

RTX 3090
  • 238 fps

1920×1080(FHD) リマスター画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

黒い砂漠はエフェクトの影響でフレームレートが下がりやすいタイトルです。

リマスター画質が標準的な設定となっており、RTX 3060とRTX 3060 Tiでは差が大きくなっています。

MMORPGでは60fpsが快適にプレイできる目安なのでRTX 3060でも、十分な性能です。

ただ、RTX 3060 Tiなら144hzのゲーミングモニターで、黒い砂漠の美麗なグラフィックをなめらかな映像で楽しめます。

黒い砂漠の世界により没入したいなら、RTX 3060 Ti以上を選びましょう。

タルコフ

RTX 3060でタルコフをプレイした際のfps

タルコフプレイ時のfps

1920×1080(FHD) 低画質
RTX 3060
  • 110 fps

RTX 3060 Ti
  • 120 fps

RTX 3070
  • 134 fps

RTX 3080
  • 144 fps

RTX 3090
  • 144 fps

1920×1080(FHD) 高画質

シーンによってfpsが上下します。基本的に上位GPUのほうがフレームレートは出るので、あくまで参考程度にしてください。

タルコフは2022年11月現在でもβ版のため、グラボの最適化があまりすすんでいないタイトルです。

高画質ではグラボの性能差がでにくいので、RTX 3060とRTX 3060 Tiにもさほど違いはありません。

限界フレームレートの144fpsを狙うのはミドルクラスでは難しいタイトルなので、予算と相談してグラボを選びましょう。

ゲームを主にフルHDでプレイする場合、ハイクラスグラボを選ぶのはコスパがよくないので、RTX 3060 Tiをおすすめします。

RTX 3060 Tiの各メーカー毎の価格推移|最安値はどれ?

RTX 3060 Tiの価格推移をAmazonで調べて、メーカーごとにまとめました。

RTX 3060 Tiは7月に入ってから、徐々に価格が落ちてきています。

10月の調査時点での最安値は、GIGABYTEです。

ASUS

ASUSのRTX3060Tiの価格表

横スクロールできます

ASUS RTX 3060 Ti TUF-RTX3060TI-O8G-V2-GAMINGのスペック
メーカー 価格(10月時点) 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(L x W x H)
ASUS 73,535 円 1年 非公表 1785 MHz(OC) 1755 MHz(Gaming) 非公表 650 W 1 × 8-pin
  • HDMI 2.1 × 2
  • DisplayPort 1.4a × 3
301mm × 143 mm × 54 mm

ASUS製の『RTX 3060 Ti TUF-RTX3060TI-O8G-V2-GAMING

ASUSのTUFシリーズは、軍用規格のコンデンサを使用した耐久性の高いモデルで、ブーストクロックが2種類あります。

HDMI 2.1が2つ、DisplayPortが3つと、他社のRTX 3060 Tiよりもインターフェースが豊富なのもポイントです。

ただ、同じトリプルファンモデルのGIGABYTEよりもやや高いので、積極的に選ぶ理由はありません。

MSI

MSIのRTX3060Tiの価格表

横スクロールできます

MSI RTX 3060 Ti GeForce RTX 3060 Ti GAMING X 8G LHRのスペック
メーカー 価格(10月時点) 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(L x W x H)
MSI 70,193 円 1年 非公表 1770 MHz 220 W 600 W 8-pin × 1 + 6-pin × 1
  • DisplayPort × 3(v1.4a)
  • HDMI 2.1 × 1
278 mm × 131 mm × 51 mm

MSI製の『GeForce RTX 3060 Ti GAMING X 8G LH

MSIのRTX 3060 Tiは7月から値下がり傾向で、10月の調査時点では最安値を更新しています。

ブーストクロックは1770MHzと高く、HDMIやDisplayPortも十分な数です。

GIGABAYTEのトリプルファンモデルとの価格差は僅かなので、ブーストクロックを重視するならMSIを選びましょう。

玄人志向

玄人志向のRTX3060Tiの価格表

横スクロールできます

玄人志向 RTX 3060 Ti GK-RTX3060Ti-E8GBのスペック
メーカー 価格(10月時点) 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(L x W x H)
玄人志向 72,759 円 1年 非公表 1710 MHz 非公表 非公表 8-pin × 1
  • DisplayPort × 3
  • HDMI × 1
285 mm × 124 mm 58 mm

玄人志向とGALAXYのコラボモデル『RTX 3060 Ti GK-RTX3060Ti-E8GB

カラーがホワイトなのもポイント。白いパーツでPCを作りたいという方にもおすすめです。

9月に大きく値下がりしており、RTX 3060 Tiの適正価格に近くなっていましたが、10月に入って値上がってしまいました。

玄人志向のモデルは基本的に安価ですが、早いもの勝ちになりやすいため、欲しい時はこまめにチェックしましょう。

ZOTAC

ZOTACのRTX3060Tiの価格表

横スクロールできます

ZOTAC RTX 3060 Ti GAMING GeForce RTX 3060 Ti Twin Edge OC LHRのスペック
メーカー 価格(10月時点) 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(L x W x H)
ZOTAC 1年 非公表 1695 MHz 200 W 650 W 8-pin
  • DisplayPort 1.4a × 3
  • HDMI 2.1 × 1
222.1 mm × 115.6 mm × 38.2 mm

ZOTAC製の『GeForce RTX 3060 Ti Twin Edge OC L

ブーストクロックは他社のRTX 3060 Tiよりやや劣りますが、サイズが222.1mmと非常にコンパクトなのがポイントです。

高性能で省スペースなゲーミングPCを作りたい方におすすめのモデルになっています。

GIGABYTE

GIGABYTEのRTX3060Tiの価格表

横スクロールできます

GIGABYTE RTX 3060 Ti GV-N306TGAMING OC-8GD R2.0のスペック
メーカー 価格(10月時点) 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(L x W x H)
GIGABYTE 69,800 円 2年 + 2年 1665 MHz 1740 MHz 非公表 600 W 8-pin × 1
  • DisplayPort 1.4a × 2
  • HDMI 2.1 × 2
282 mm × 117 mm × 41 mm

GIGABYTE製の『RTX 3060 Ti GV-N306TGAMING OC-8GD R2.0

高い冷却性能を持つトリプルファンながら、RTX 3060 Tiのなかで最安値のモデルになっています。

また、GIGABYTEのグラボは標準保証以外に、製品登録すると2年の延長保証が付くのもメリットです。

一時的な値下がりの可能性も高いので、早めのチェックをおすすめします。

RTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPC

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

フルHDなら高画質でゲームを遊べる!ほとんどのゲーマーに最適なモデル

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 第12世代Core i5-12400を搭載
  • フルHDでのゲームなら十分な性能
  • 140mmの冷却ファンを標準搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 4Kの高解像度でプレイしたい人

「Core i5-12400」と「RTX 3060 Ti」を組み合わせたドスパラのミドルクラスモデル。

第12世代Core iシリーズはゲーム性能が非常に高くなっており、フレームレートの伸びがよくなっています。

RTX 3060 Tiとの性能バランスもよく、高画質設定でもフルHDなら、ほとんどのゲームで快適なプレイが可能です。

140mmのファンを標準搭載しているのもポイント。回転数を落としても風量を確保しやすいので、静音性が高くなります。

ただ、SSDの容量が500GBとやや少ないので、カスタマイズで1TB以上にするか、セカンドストレージの追加がおすすめです。

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M06M-A124-SASXB

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M06M-A124-SASXB

コスパよし!コンパクトなミニタワーを採用した高性能モデル

おすすめ度:4.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • WQHDでのゲームも視野に入る性能
  • 横190mmの比較的コンパクトなサイズ
  • 電源容量が700W
こんな人にはおすすめしない
  • モニターの左側にスペースを作れない人

RTX 3060 Tiを搭載したパソコン工房のミドルクラスゲーミングPC。

横190mmのコンパクトなミニタワーながら、原神のように軽いタイトルならWQHDでも、60fpsに張り付く性能を持ったコスパのいいモデルです。

ミニタワーなのでパソコンデスクの上にも置きやすく、床に置くよりホコリの侵入をおさえられるのもポイント。

ただ、電源ボタンはケースの右側についているので、モニターの左側に設置できるスペースを用意すると使い勝手がよくなります。

SSDは500GBとやや少ないので、カスタマイズでの増量やHDDの追加がおすすめです。

RTX 3060 Tiを使った実際のプレイ動画

RTX 3060 Tiの口コミ・評判

RTX 3060 Tiの口コミと評判をまとめました。

性能と価格のバランスを考え、コスパのよさに注目している方が多いです。

4Kでゲームをしない限り、ほとんどの方にとって十分な性能を持ったグラボなので、RTX 3060 Tiはよい選択と言えます。

RTX 3060 Tiレビューまとめ

本記事ではRTX 3060 Tiをレビューしました。

RTX 3060だとゲームによっては設定を落とさなければいけませんが、RTX 3060 Tiなら高画質設定でも快適にプレイできるのが魅力です。

ナンバリングこそ60番台ですが、実際はRTX 3070に迫る性能があるので総合的なコスパが高いモデルになっています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次