2023年1月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【2023年】PC版RUSTの必要最低スペックとゲーミングPCおすすめモデル

オープンワールドゲームのなかでも「生き残ること」に主体を置いたゲーム『RUST』。

文明が崩壊した世界を舞台に、原始的な生活から駆け上がり、時には資源を奪い合うというサバイバル要素が人気の作品です。

しかし、RUSTは重たいゲームなので、低スペの場合ロードが長くなるなどの問題が起こり、快適にプレイできません。

そこで今回は『RUST』を快適にプレイするためのPCスペックを解説します。

また、RUST向けのゲーミングPCおすすめモデルも合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。

2023年1月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 164,980円(税込) 139,980円(税込) 639,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900KF
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

RUSTの必要最低・推奨スペック

RUSTの必要最低・推奨スペック

この見出しでは、公式で紹介されているRUSTの必要最低スペックと推奨スペックを解説しています。

とはいえ、ほとんどのゲーミングPCは両スペックをクリアしているので、必要な情報だけ知りたい場合はRUSTを快適にプレイするためのスペックまで読み飛ばしてみてください。

必要最低スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7-3770 / AMD FX-9590
グラボGTX 670 2GB / AMD R9 280
メモリ容量10GB
ストレージ容量25GB(SSD推奨)
OSWindows 8.1 64bit

必要最低スペックはゲームを最低限動かせるレベルのスペックという意味合いなので、起動は出来ますが負荷によりカクつく恐れがあります。

推奨スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7-4790K / AMD Ryzen 5 1600
グラボGTX 980 / AMD R9
メモリ容量16GB
ストレージ容量25GB(SSD推奨)
OSWindows 11 64bit

Rustの推奨スペックは、フレームレートが60fpsほどしかでない恐れがあります。

ロードの遅さやフレームレートの低さなどによるノイズをできる限り排除するために、これから紹介するスペックやおすすめゲーミングPCを参考にして、存分に楽しめる環境を構築してみてください。

RUSTのおすすめスペック

CPUはCore i5シリーズ以上

RUSTを快適にプレイするためには、Core i5シリーズ以上をおすすめします。

必要最低・推奨スペックではCore i7となっていますが、第10世代以上のCore i5シリーズは必要最低・推奨スペックよりも性能が上がっています。

予算が豊富な場合は、2023年現在最新である第13世代CPUのCore i5-13400、Core i7-13700以上にするとほかのゲームにも幅広く対応できるのでおすすめです。

ちなみに、CPUの世代の判別方法は「Core i5-○○○○」の○の数字を確認します。千の位が世代を表しており、例えば-10400のように数字が10だと第10世代になります。

グラボはフレームレートを重視するならRTX 3060 Ti以上

グラボに関しては、RTX 3060 Ti以上がおすすめです。

価格が低め且つ幅広いゲームの推奨スペックを満たしているGTX 1660 / GTX 1660 SUPERが評価が高いですが、あくまで「フルHDでグラフィックを標準設定で遊ぶには問題ない」というレベルになります。

おすすめするグラボだと価格は少々高めですが、高負荷と言われているゲームにも対応可能、グラフィック設定が最高品質でも高fpsが出せる、WQHD・4Kモニターでも十分遊べるという点で、総合的に考えるとコスパがいいです。

メモリ容量は16GB以上

多数のゲームが推奨メモリ容量を8GBとしているなか、RUSTは16GB以上と比較的高い部類に入ります。それだけ処理を重ねているということなので、負荷が高いゲームだということがわかります。

RUST単体で動かす場合は問題ありませんが、将来的に配信・チャットプレイをしながら楽しみたいという場合は足りなくなる可能性があります。

メモリは、ほかのPCパーツに比べてアップグレードに掛かる費用が比較的安価なので、今後の不安を解消する意味でも32GBにしておくと安心できます。

RUSTのゲーミングPCおすすめモデル|ゲーミングノートPC

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

RUSTを快適にプレイできるゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-11800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/240Hz
本体サイズ幅356×奥行き234×高さ21.6mm
重量約1.96kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 2kgを切る軽さで持ち運びやすい
  • 240Hzと高リフレッシュレートに対応
  • 20万円以下で購入できる
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

インテルと共同設計した本ゲーミングノートPCは、第11世代CPU「Core i7-11800H」とハイミドルクラスGPU「RTX 3060」を搭載したノートPCになります。ディスプレイは15.6インチフルHD、リフレッシュレートは240Hzに対応しています。

本体重量は1.96kgと軽いほか、場所に左右されない省スペース性が魅力。高画質で平均80fps、低画質で100fpsと問題なくプレイすることが出来ます。

ベゼルが4.5mm、最薄部21.6mmと限りなく無駄を省き、耐久性も優れているという完成度の高さが魅力のゲーミングノートPCとなっています。

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

360Hzと高リフレッシュレートに対応したハイスペックモデル

おすすめ度:4.5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700H
GPUNvidia RTX 3070 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz17.3インチ/360Hz
本体サイズ幅397×奥行き284×高さ25.9mm
重量約2.9kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 高性能なCPU・GPUを搭載
  • SSDが大容量で複数のゲームをインストールできる
  • 大画面で迫力ある映像が楽しめる
こんな人にはおすすめしない
  • 軽量なモデルがほしい人

最新世代CPU「Core i7-12700H」とハイクラスGPU「RTX 3070 Ti Laptop」搭載、メモリ16GBという構成になっています。

ディスプレイは17.3インチ、リフレッシュレート360Hzと大画面でなめらかな描写が魅力です。

PCle4.0 M.2 SSD規格のストレージを1TB標準装備しており、従来よりも高速且つ大容量。バッテリー駆動時間は7時間で十分許容範囲内。

ゲーミングノートPCで得られる体験を向上させたモデルとなっています。

ASUS ROG Strix SCAR 17 G533ZX-I9R3080T

ASUS ROG Strix SCAR 17 G733ZX-I9R3080T

ノートPCでも配信可能なスペック重視モデル

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-12900H
グラフィックチップNvidia RTX 3080 Ti
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz17.3インチ/360Hz
本体サイズ幅395×奥行き282.1×高さ23.4mm
重量約2.9kg
OSWindows
おすすめする理由
  • おしゃれなLEDライティングが施されている
  • メモリ大容量で動画編集・配信も快適
  • 高画質設定でもカクつくことがほぼない
こんな人にはおすすめしない
  • 低価格モデルがほしい人

最新世代CPU「Core i9-12900H」とハイクラスGPU「RTX 3080 Ti Laptop」搭載、メモリ32GBというモンスタースペック構成のRUSTにおすすめなゲーミングPC。

ディスプレイはフルHDかつ17.3インチ、リフレッシュレート360Hz/応答速度3msとなめらかな描写と高速レスポンスを発揮し、特にFPSゲームで有利に働きます。

性能が高いPCの宿命と言える熱問題ですが、6本のヒートパイプが効率的に冷却を可能にし、改良された特殊な液体金属グリスが通常のグリスよりも約15°低下させることに成功。

高性能と長期的な安定性が特徴の一切の妥協がないゲーミングノートPCとなっています。

RUSTのゲーミングPCおすすめモデル|デスクトップパソコン

144fps・配信向け|ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

コスパを重視するならこのゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 最高画質でも滑らかな映像で楽しめる
  • 静音性に優れている
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質を楽しみたい人

インテル最新世代CPU「Core i5-12400」とアッパーミドルクラスGPU「RTX 3060 Ti」搭載、メモリ容量は16GBと高フレームレートを意識したゲーミングPCになります。

フルHD最高品質設定で120fps前後出すことが可能なスペックとなっており、快適に遊ぶには問題ないモデルとなっています。

配信・チャットプレイなどを考慮するとメモリ16GBだと安定性に欠けるので、32GBにカスタマイズするのがおすすめです。

240fps・サーバー用|ドスパラ GALLERIA(ガレリア) ZA7C-R38

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) UA9C-R38

4Kも狙えるハイスペックゲーミングPC

5

CPUメーカーインテル
CPUCore i9-13700KF
グラボRTX 3080
メモリ容量16GB(8GB×2)
SSD容量1TB NVMe
HDD容量– – –
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 高フレームレート・高画質で遊べるスペック
  • 配信中もほぼカクつかない
  • 動画編集にもおすすめ
こんな人にはおすすめしない
  • 予算30万円以下の人

インテル最新世代CPU「Core i9-13700KF」とハイクラスGPU「RTX 3080」搭載、メモリ容量は16GBとスペックに一切妥協がないゲーミングPCになります。

最高品質で144fps以上出せるのは当たり前で、4K画質でも80fpsほど狙えます。

ここまでの性能を持つと、最新ゲームを最高設定で遊ぶことが可能で、今後数年間においても困ることはありません。

また、筐体もアルミ外装で高級感漂う仕上がりとなっており、所有欲も満たすゲーミングPCとなっています。

最低限|ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ギリギリのスペックを狙うならこのゲーミングPC

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • RUSTを最低限快適に遊べるスペック
  • ほかのタイトルも画質を落とせば遊べる
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質でもカクつかないモデルがほしい人

インテル最新世代CPU「Core i5-12400」、ミドルクラスGPU「GTX 1660 SUPER」搭載、メモリ容量は16GBとRUSTを最低限遊ぶことに適したゲーミングPCとなっています。

シーンによって上下しますが、フルHDで平均60fps以上は出すことが可能なスペックです。

本ゲーミングPCだと、RUST以外にもさまざまなゲームの推奨スペック以上を満たすので、なるべく安くPCゲームを遊んでみたいという人にとっておすすめなモデルになります。

RUSTのスペックでよくある質問

Steam版RUSTってどんなゲーム?

RUSTの基本的な部分は変わりませんが、PC版(Steam)とコンソール版(PS4/Xbox)には違いがあります。

PC版には公式サーバー以外にも有志が立てたサーバーがあり、管理者によってルールが設定されているという特徴があります。

なかには、プレイヤー同士の戦闘を禁止にしたりと、RUSTに慣れるための初心者用サーバーもあります。

これからRUSTを遊びたいと考えている人はPC版から始めるのがおすすめです。

グラボ無しで遊べる?

RUSTはグラボ無しでは遊べません

設定を全て最低値にしたとしても、起動は出来ますがカクカクしてまともなゲームプレイとは言えません。

グラボがしっかりと搭載されたゲーミングPCで、RUSTが提供するゲーム体験を楽しみましょう。ゲーミングPCを選ぶ際は、今回の記事にある「RUSTのおすすめスペック」を参考にグラボを選んでいただけると幸いです。

RUSTのロードが長い場合の対象方法

RUSTのロードが長い場合、HDDではなくSSDにインストールし直しましょう。

HDDは読み込み速度が遅く、ロード時間が長くなってしまいます。格段に読み込み速度が速いSSDなら、RUSTのロード時間を短縮できます。

RUSTをプレイするとメモリ不足になる

RUSTに限りませんが、メモリ不足になるとゲームがクラッシュすることもあります。

RUSTの場合は、設定から最大GIB数を0にして負荷を減らしたり、アンチウイルスソフトやDiscordなどをオフにすれば改善する可能性もありますが、確実ではありません。

メモリ不足に悩んだら設定を変更するよりも、容量を増やした方が素早く問題解決に繋がります。

32GBあればメモリ不足に悩まされることはまずありません。ただし、ノートPCはデスクトップより増設が手間なので、最初にカスタマイズするのがおすすめです。

RUSTが対応しているリフレッシュレートは?

リフレッシュレート(Hz)とはモニターが1秒間に表示できる画像の数です。

RUSTの限界フレームレートは144fpsなので、144Hzのリフレッシュレートが表示できるスタンダードなゲーミングモニターで対応できます。

ただ、RUSTの場合、サーバーの状況や回線の影響もあるため、ゲーミングモニターの最大リフレッシュレートに常に張り付くのは難しいです。

RUSTはCPU性能の影響も大きいので、144fpsを狙うなら、Core i7-12700などを採用したゲーミングPCを選びましょう。

RUSTのワイプってなに?

RUSTのワイプとは、サーバーリセットのことです。

公式サーバーだと定期的に建造物がリセットされて、最初からやり直しとなります。

公式サーバーでは基本的に毎月第一木曜日にワイプが行われますが、開発元とは時差があるため、日本時間では翌日の金曜日と考えましょう。

非公式サーバーの場合は管理者がワイプのタイミングを決めているため、月に1回とは限りません。

また、建造物がリセットされるマップワイプは定期的に行われますが、

RUSTはクロスプレイに対応している?

Rustは現状、PC版のみクロスプレイができません。

PS4やXboxなどのコンソール版と、PC版ではゲームのバージョンが違うため、今後もクロスプレイできる可能性は低いです。

もし、PC版を一緒にプレイしたい人がいる時は、必ずプラットフォームを合わせましょう。

プライベートサーバーを立てるならどのくらいのスペックが必要?

大勢の中で忙しなく遊ぶより、気の合ったフレンドとまったりプレイを楽しみたいならマルチプレイ用サーバーを立てるという方法があります。

サーバーを立てるには自前のマシンを使う方法と、レンタルサーバーを利用する方法があります。

自前のマシンを使う場合は、本ブログで紹介しているおすすめスペックを参考に構成すればある程度の人数が同時接続しても問題なくプレイできるでしょう。

しかしサーバーを開放している間は常に電源を入れておかなければならないため、無停電装置の導入などの追加コストがかかります。その間の電気代や電源の消耗なども考慮すると、レンタルサーバーを利用するのもひとつの方法です。

ゲームが急に重くなるのはどうして?

ゲームのプレイ環境はゲーミングPCのスペックと回線速度、サーバーのスペック、マップサイズによって大きく変わります。

重くなりやすいのはプレイヤーが密集している場所や基地周辺ですが、常時60fpsを下回っていると撃ち合いで不利になる可能性が高いです。

あまりにもラグが多い場合は小さめのマップサイズを選ぶなどの対策にくわえて、PCのスペックと回線を見直してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次