2022年11月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

15万~20万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|2022年11月

「フルHDで高フレームレートのゲーミングモニターを使いたい」

このような希望に合うゲーミングPCを探している人には、予算15万~20万円以下のゲーミングPCがおすすめです。

フルHDで100fps以上の高フレームレートを目指すなら、RTX 3060以上のGPUを搭載したモデルを選びましょう。

本記事では、15万~20万円以下で買えるおすすめゲーミングPCを紹介します。

なお、2022年最新のゲーミングPCのおすすめ記事もあるので、気になる方はあわせてどうぞ。

モデル
RM5C-G60S
ILeDEs-M06M-A124-SASXBXL7C-R36H
メーカードスパラパソコン工房ドスパラ
タイプデスクトップデスクトップノートパソコン
価格144,980円(税込)199,800円(税込)194,980円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400Core i7-12700H
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3060 TiRTX 3060
公式ページ公式を見る公式を見る公式を見る
2022年11月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 189,979円(税込) 159,980円(税込) 699,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900K
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCの選び方

この見出しでは、予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCの選び方を解説していきます。

価格が一緒でもスペックが異なることが多々あるので、コスパが高いゲーミングPCを買いたい場合はぜひチェックしてみてください。

CPUは目的と予算にあわせて選択

CPUは、ゲーミングPCの性能を決める最も重要なパーツです。ほかのパーツの性能が良くても、CPUの性能が低ければゲームを快適にプレイすることはできません。

スペックによって価格も変わるため、求める性能と予算でCPUを決めましょう。

予算を抑えたい場合は、「Core i5-12400」を搭載したモデルがおすすめ。安い価格帯のゲーミングPCですが、画質設定を落とせば重たいゲームも滑らかな映像で遊べます。

性能を重視したい場合は、「Core i7-12700」を搭載したゲーミングPCを選びましょう。グラボの組み合わせにもよりますが、180~240fpsを超えるフレームレートで人気ゲームを遊べます。

グラフィックボードを重視して選ぶ

ゲーミングPCにとって欠かせないパーツであるグラフィックボード。主に映像関連の処理を行っている、CPUに次いで重要なPCパーツです。

ゲーミングPCが搭載しているパーツのなかでもっとも高価で、グラボの性能によってゲーミングPC本体の価格が決まるといっても過言ではありません。

予算を15万円程度に抑えたい場合は、「GTX 1660 SUPER」や「RTX 3060」を搭載したモデルがおすすめ。この2つのグラボは、低価格ながらゲームをプレイするには十分な性能を備えています。

予算20万円までなら出せるという場合は、ワンランク上のグラボである「RTX 3060 Ti」を搭載したゲーミングPCを選びましょう。ゲームにもよりますが、高画質設定でもカクつきがない状態で遊べます。

メモリは16GB以上がおすすめ

メモリはCPUが処理するデータを一時的に保存するためのパーツ。メモリ容量が小さいと、ゲームがカクついたり、重くなったりします

一方で、メモリ容量が大きくても動作が早くなるということはありません。映像の滑らかさなどについては、CPU・GPUの性能に左右されます。

あくまでメモリ容量に余裕があれば重くならないだけと認識していれば問題ありません。

基本的に、ゲームをするなら16GBあれば十分です。配信や本格的に動画編集などのクリエイティブな作業をしたい場合は、32GBあると安心。

たぶーら

32GBほしい場合はカスタマイズ画面でメモリ容量を増やしましょう!

ストレージはデュアルストレージがおすすめ

ストレージは、大きく分けてSSDとHDDの2種類があります。

15万~20万円で販売されているゲーミングPCは、500GBのSSDのみ搭載しているのが一般的。ゲームを3~5個程度インストールする分には問題ありませんが、それ以上となると容量不足になりがちです。

また、画像や動画ファイルなど、ストレージに保存するデータがゲームだけではないことを考えると、より大きい容量にカスタマイズすることをおすすめします。

標準搭載されている500GBのSSDに、カスタマイズ画面で1TBのHDDを追加する「デュアルストレージ構成」がおすすめ。予算に余裕があれば、SSDも1TBに増やしておきましょう。

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|デスクトップPC

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M06M-A124-SASXB

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M06M-A124-SASXB

予算20万円の最適解!ゲームを快適にプレイしたいならコレ

おすすめ度:5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • 20万円以下でRTX 3060 Ti搭載という超コスパ
  • コンパクトなミニタワー
  • 200fps以上も狙える性能
こんな人にはおすすめしない
  • 予算ギリギリだと厳しい人

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

15万円以下で買えるゲーミングPCならこれがベスト!

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • フルHD環境でゲームプレイできる環境
  • すっきりとインテリアに馴染むボディデザイン
こんな人にはおすすめしない
  • 最高画質でプレイしたい人

ドスパラ ガレリア RM5C-R36

ドスパラ ガレリア RM5C-R36

コスパ重視モデル!気持ち性能寄りならコレ

おすすめ度:4.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • ゲームによっては200fpsを狙える性能
  • 使いやすさを重視したPCケース
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質を楽しみたい人

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|ゲーミングノートPC

ドスパラ ガレリア XL7C-R36H

ドスパラ ガレリア XL7C-R36H

普段使いにも最適な高性能ゲーミングノートPC

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz16インチ/165Hz
本体サイズ幅358×奥行き247×高さ20mm
重量約2.15kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 165Hz対応のディスプレイ搭載
  • 持ち運びしやすい小型ACアダプター
  • スタイリッシュなデザインで外でも使える
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

ASUS ROG Strix G17 G713IM-R7R3060

大画面で迫力ある映像が楽しめるおしゃれなモデル

おすすめ度:4.5

タイプノート
CPUメーカーAMD
CPURyzen 7 4800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズとHz17.3インチ/144Hz
本体サイズ幅395×奥行き282.1×高さ23.4mm
重量約2.7kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 非常に安い
  • LEDライティングが施されている
  • 11時間以上使えるバッテリー
  • 大画面でゲームが楽しめる
こんな人にはおすすめしない
  • 携帯性を重視する人

MSI Katana-GF66-11UE-857JP

240fpsも狙える高性能ゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-11800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz15.6インチ/144Hz
本体サイズ幅359×奥行き259×高さ24.9mm
重量約2.7kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 強力な冷却システムを採用
  • 低価格ながら144fps張り付きを狙える
  • 無線・Bluetoothに対応
こんな人にはおすすめしない
  • 携帯性を重視する人

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCの比較表

モデル
RM5C-G60S
RM5C-R36ILeDEs-M06M-A124-SASXBXL7C-R36HG713IM-R7R3060Katana-GF66-11UE-857JP
メーカードスパラドスパラパソコン工房ドスパラGIGABYTEASUS
タイプデスクトップデスクトップデスクトップノートパソコンノートパソコンノートパソコン
価格144,980円(税込)169,980 円(税込)199,800円(税込)194,980円(税込)179,800円(税込)179,800円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400Core i5-12400Core i7-12700HRyzen 7 4800HCore i7-11800H
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3060RTX 3060 TiRTX 3060RTX 3060RTX 3060
メモリ容量16GB16GB16GB16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)500GB500GB500GB512GB512GB512GB
公式ページ公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る

予算15万~20万円以下のゲーミングPCはどんな人に向いている?

予算15万~20万円以下といえば、そこそこ高い価格なので失敗したくないと考えている人もいるのではないでしょうか。

実際にどれぐらいの性能があるのか、どんな人に向いているのかを本見出しで解説していきます。

なお、より安いモデルに限定した15万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめも紹介しているので、予算を抑えたい場合は参考にしてみてください。

フルHDで144fps張り付きを狙いたい人

15万円以上20万円以下のゲーミングPCは、フルHDで144fps張り付きを狙いたい人におすすめです。

予算ギリギリにはなりますが、RTX 3060 Tiを搭載したモデルを選べば、高フレームレート・高画質な映像でゲームを楽しめます。

下記の表の通り、人気のFPSゲームで144fpsを超える結果となっています。

スクロールできます
ゲームタイトルフルHD/低画質/fps目安
Apex Legends160~180fps
フォートナイト240~250fps
VALORANT280~300fps

フレームレートがやや出しにくいApex Legendsでは、高いときで200fpsを超えるシーンも。

ほぼ144fpsに張り付くので、予算15万円以上20万円以下のゲーミングPCはコスパを重視する人におすすめできます。

カクつかずにゲーム配信をしたい人

カクつかずにゲーム配信をしたい人にも、予算15万円以上20万円以下のゲーミングPCをおすすめします。

ゲームをしながら、配信をするには非常にハイスペックなゲーミングPCが必要です。ゲーミングPCの動作が不安定な状態で、ゲーム配信をするとカクつきの原因になります。

ゲームの配信に最低限必要なゲーミングPCのスペックは以下の通りです。

  • CPU:Core i5以上
  • GPU:GTX 1650以上
  • メモリ:16GB以上

予算15万円以上20万円以下のゲーミングPCは、上記の条件を満たすモデルが選べるのでおすすめです。

【2022年11月】自作PCの場合は予算20万円だとどんな構成になる?

自作PCで予算を20万円の価格帯に設定した場合、下記のような構成になります。

スクロールできます
パーツパーツ名価格
CPUCore i5-12400F28,980円
CPUクーラーDeepcool AK40035,09円
マザーボードASUS TUF GAMING B660M-PLUS D422,950円
グラボRTX 3060 Ti66,200円
メモリCORSAIR VENGEANCE CMK16GX4M2E3200C168,464円
SSDWD Black SN77013,950円
電源Corsair RM75012,318円
PCケースNZXT H5109,164円
– – –– – –165,535円

Core i5-12400Fは、本記事でご紹介したCore i5-12400の内蔵グラフィック機能を省いたもの。

GPUが必須となりますが、その分価格が安く抑えられ、グラフィック性能に優れた「RTX 3060 Ti」を選択できます。

最新のゲームは容量が大きくなる傾向にあるため、最低でも500GBのSSDを用意しましょう。1TBあれば安心できます。

電源ユニットやケースなどの価格を抑えて、2TB程度のHDDを追加するのもおすすめです。

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCまとめ

ゲームを快適にプレイするためのゲーミングPC選択は、CPUとGPUの選択にかかっています。

予算20万円で快適なゲーミングPCを選択する基準は以下の通りです。

  • CPU:Core i5-12400以上
  • GPU:RTX 3060以上

上記を参考にして、ゲーミングPCを選んで快適なゲームライフを送ってください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次