2024年2月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

15万~20万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|2024年1月

当ページには広告が含まれています。

「フルHDで高フレームレートのゲーミングモニターを使いたい」

このような希望に合うゲーミングPCを探している人には、予算15万~20万円以下のゲーミングPCがおすすめです。

フルHDで100fps以上の高フレームレートを目指すなら、RTX 3060やRTX 4060以上のGPUを搭載したモデルを選びましょう。

本記事では、15万~20万円以下で買えるおすすめゲーミングPCを紹介します。

なお、2024年最新のゲーミングPCのおすすめ記事もあるので、気になる方はあわせてどうぞ。

【提供:株式会社日本HP】当メディア限定クーポンが使える!
こちらから公式ページへ飛び132,000円(税込)以上のゲーミングPCを購入すると、7%安く買うことができます。期間は2024/2/29(木) 23:59までなので、お早めに!

以下の製品は対象外です。
・価格.com限定モデル製品(個人向けPCのみ対象外)
・プリンタ製品
・Workstation製品
・個人向けAndroidタブレット製品

2024年2月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル XL7C-R45XL7C-R45 RM5C-R46TRM5C-R46T ILeDEs-R779-L137C-UL2XBILeDEi-M77M-A147F-UL1XB
価格 161,980円(税込) 164,800円(税込) 296,700円(税込)
CPU Core i7-13700H Core i5-13400F Core i7-14700F
GPU RTX 4050 RTX 4060 Ti RTX 4070 Ti
目安fps/画質 ~120fps/フルHD ~180fps/フルHD ~240fps/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCの選び方

この見出しでは、予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCの選び方を解説していきます。

価格が一緒でもスペックが異なることが多々あるので、コスパが高いゲーミングPCを買いたい場合はぜひチェックしてみてください。

CPUは目的と予算にあわせて選択

CPUは、ゲーミングPCの性能を決める最も重要なパーツです。ほかのパーツの性能が良くても、CPUの性能が低ければゲームを快適にプレイすることはできません。

スペックによって価格も変わるため、求める性能と予算でCPUを決めましょう。

予算を抑えたい場合は、「Core i5-13400(F)」を搭載したモデルがおすすめ。安い価格帯のゲーミングPCですが、画質設定を落とせば重たいゲームも滑らかな映像で遊べます。

性能を重視したい場合は、「Core i7-13700」を搭載したゲーミングPCを選びましょう。グラボの組み合わせにもよりますが、180~240fpsを超えるフレームレートで人気ゲームを遊べます。

より価格を抑えるなら第12世代CoreシリーズやRyzen 7 5700Xなどを選ぶのも手です。

グラフィックボードを重視して選ぶ

ゲーミングPCにとって欠かせないパーツであるグラフィックボード。主に映像関連の処理を行っている、CPUに次いで重要なPCパーツです。

ゲーミングPCが搭載しているパーツのなかでもっとも高価で、グラボの性能によってゲーミングPC本体の価格が決まるといっても過言ではありません。

予算を15万円程度に抑えたい場合は、「GTX 1660 SUPER」や「RTX 3060」を搭載したモデルがおすすめ。この2つのグラボは、低価格ながらゲームをプレイするには十分な性能を備えています。

予算20万円までなら出せるという場合は、ワンランク上のグラボである「RTX 3060 Ti」や「RTX 4060 Ti」を搭載したゲーミングPCを選びましょう。

ゲームにもよりますが、フルHDなら高画質設定でもカクつきがない状態で遊べます。

セールなどのタイミングを狙えばRTX 4070搭載モデルを20万円以下で入手することも可能です。

メモリは16GB以上がおすすめ

メモリはCPUが処理するデータを一時的に保存するためのパーツ。メモリ容量が小さいと、ゲームがカクついたり、重くなったりします

一方で、メモリ容量が大きくても動作が早くなるということはありません。映像の滑らかさなどについては、CPU・GPUの性能に左右されます。

あくまでメモリ容量に余裕があれば重くならないだけと認識していれば問題ありません。

基本的に、ゲームをするなら16GBあれば十分です。配信や本格的に動画編集などのクリエイティブな作業をしたい場合は、32GBあると安心。

たぶーら

32GBほしい場合はカスタマイズ画面でメモリ容量を増やしましょう!

ストレージはデュアルストレージがおすすめ

ストレージは、大きく分けてSSDとHDDの2種類があります。

15万~20万円で販売されているゲーミングPCは、500GBのSSDのみ搭載しているのが一般的。ゲームを3~5個程度インストールする分には問題ありませんが、それ以上となると容量不足になりがちです。

また、画像や動画ファイルなど、ストレージに保存するデータがゲームだけではないことを考えると、より大きい容量にカスタマイズすることをおすすめします。

標準搭載されている500GBのSSDに、カスタマイズ画面で1TBのHDDを追加する「デュアルストレージ構成」がおすすめ。予算に余裕があれば、SSDも1TBに増やしておきましょう。

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|デスクトップPC

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDXs-M77M-A134F-SASXB

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDXs-M77M-A134F-SASXB

予算20万円の最適解!ゲームを快適にプレイしたいならコレ

おすすめ度:5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13400F
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • RTX 3060 Tiを搭載したコスパモデル
  • コンパクトなミニタワー
  • 200fps以上も狙える性能
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし
+特徴を見る

ILeDXs-M77M-A134F-SASXBは、Intelの第13世代CPU「Core i5-13400F」を搭載したゲーミングPC。

GPUにミドルハイクラスの「RTX 3060 Ti」を搭載しているのでほとんどのゲームを快適にプレイできます。

Apex Legendsではシーンにもよりますが、フルHDの低画質設定なら200fps以上の高いフレームレートを出すことも可能です。

コンパクトなミニタワーモデルながら、最長で300mmのGPUを搭載可能など拡張性が高いのもポイント。

SSDは500GBとやや少ないので、予算に余裕があればストレージを増設するのがおすすめです。

ドスパラ ガレリア RM5C-R46

ドスパラ ガレリア RM5C-R46

コスパ重視モデル!気持ち性能寄りならコレ

おすすめ度:4.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13400F
グラフィックチップNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • ゲームによっては200fps以上を狙える性能
  • 使いやすさを重視したPCケース
  • 翌日出荷対応
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質を楽しみたい人
+特徴を見る

RM5C-R46はIntelの第13世代CPU「Core i5-13400F」を搭載したドスパラのゲーミングPCです。

GPUにはミドルクラスの「RTX 4060」を採用しており、VALORANTなら最高設定でも300fps以上の高いフレームレートを出せる性能があります。

また、アーマードコア6も、フルHDなら100fps以上でプレイ可能です。

USB端子などのコンソ―ルパネルがアクセスしやすいようにななめ45度になっているのもポイント。

フルHDでゲームを遊ぶ方におすすめのコスパのいいモデルになっています。

ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

20万円以内で買えるRTX 4060 Tiを搭載したフルHD向けコスパモデル

おすすめ度:4.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13400F
グラフィックチップRTX 4060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 最新のRTX 4060 Ti搭載
  • フルHDならゲームを高画質でプレイできる
  • DLSS3が使用可能
こんな人にはおすすめしない
  • VRAMを多く使う作業をする人
+特徴を見る

RM5C-R46TはIntelの第13世代CPU「Core i7-13400F」を搭載したドスパラのゲーミングPC。

GPUにはフルHD向けの「RTX 4060 Ti」を採用しており、重いFF15ベンチマークの最高品質で11000以上のスコアを出せる性能があります。

また、DLSS3が使用できるタイトルではRTX 3000シリーズよりも大きくフレームレートが伸びるのもポイント。

フルHD環境でゲームをプレイするなら高いパフォーマンスを発揮するゲーミングPCなので、144Hz以上のゲーミングモニターと組み合わせるのがおすすめです。

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめ|ゲーミングノートPC

ドスパラ ガレリア RM7C-R35T

ドスパラ ガレリア RM7C-R35T

カジュアルにゲームをプレイするのに最適な軽量モデル

おすすめ度:3.5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700H
GPUNvidia RTX 3050 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz14インチ/60Hz
本体サイズ幅313.8×奥行き219.7×高さ19.9mm
重量約1.43kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 約1.43Kgと超軽量
  • スタイリッシュなデザインで外でも使える
こんな人にはおすすめしない
  • ゲーミングモニターを持っていない人
+特徴を見る

ガレリアのRM7C-R35Tは第12世代CPU「Core i7-12700H」を搭載したエントリークラスのゲーミングノートPC。

GPUには「RTX 3050 Ti」を採用しており、フォートナイトの競技設定ならシーンにもよりますが約120fpsのフレームレートでプレイが可能です。

ただ、ディスプレイは60Hzなので本格的にFPSゲームを遊ぶ場合は、別途ゲーミングモニターに繋げるのがおすすめ。

約1.43kgと非常に軽く、普段使いもできるデザインなのもポイント。原神のように60fps制限のあるゲームを外出先でも楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

ASUS TUF Gaming F15 FX507VV

ASUS TUF Gaming F15 FX507VV

RTX 4060搭載!フルHDならほとんどのゲームが快適なミドルスペックモデル

おすすめ度:4.5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13620H
GPUNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
画面サイズとHz15.6インチ/144Hz
本体サイズ幅354.9×奥行き251.9×高さ22.45~24.95mm
重量約2.2kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 144Hzに対応したディスプレイ
  • 普段使いもできるシンプルなデザイン
  • フルHDなら十分なゲーム性能
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし
+特徴を見る

Intelの第13世代CPU「Core i7-13620H」を搭載したASUSのゲーミングノートPC。

GPUには「RTX 4060」を採用しており、Apex Legendsの最低画質設定ならシーンにもよりますが、200fps以上のフレームレートでプレイできる性能があります。

ディスプレイのリフレッシュレートは144Hzまでなので、FPSゲームを200fps以上でプレイしたい場合はゲーミングモニターと組み合わせましょう。

SSDが1TB搭載されているのもポイント。ゲーミングノートPCはストレージの拡張が難しいので、最初から容量の大きいモデルを選ぶと余裕が持てます。

フルHD・144Hzでゲームができれば十分という方には、特におすすめのゲーミングノートPCです。

MSI Thin GF63 12V

MSI Thin GF63 12V

200fpsも狙える軽量ながら高性能な最新のゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12650H
GPUNvidia RTX 4050
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz15.6インチ/144Hz
本体サイズ幅359.36×奥行き254×高さ21.7mm
重量約1.86kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 低設定な144fps以上も狙える性能
  • 無線・Bluetoothに対応
  • 最新のRTX 4050を搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 静音性の高いモデルが欲しい人
+特徴を見る

MSI Thin GF63 12Vは、CPUに「Core i7-12650H」を搭載したMSIのライトゲーマー向けゲーミングノートPC。

GPUには最新の「RTX 4050」を採用。Apex Legendsでは、フルHD・低設定なら144fps以上の高いフレームレートを狙えます。

また、消費電力は前世代のRTX 3050とほとんど変わらないのもポイント。ワットパフォーマンスがより向上しています。

MSIのゲーミングノートPCはarkならカスタマイズできるのでSSDの容量を増やすか、サブストレージを追加するのもおすすめです。

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCの比較表

モデル
RM5C-R46T
RM5C-R46ILeDXs-M77M-A134F-SASXBRM7C-R35TTUF Gaming F15 FX507VVThin GF63 12V
メーカードスパラドスパラパソコン工房ドスパラASUSMSI
タイプデスクトップデスクトップデスクトップノートパソコンノートパソコンノートパソコン
価格164,800円(税込)157,800円(税込)150,800円(税込)162,980円(税込)189,800円(税込)169,800円(税込)
CPUCore i5-13400FCore i5-13400FCore i5-13400FCore i7-12700HCore i7-13620HCore i7 12650H
GPURTX 4060 TiRTX 4060RTX 3060 TiRTX 3050 TiRTX 4060RTX 4050
メモリ容量16GB16GB16GB16GB16GB16GB
ストレージ容量(SSD / HDD)500GB500GB500GB512GB1TB512GB
公式ページ公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る公式を見る

予算15万~20万円以下のゲーミングPCはどんな人に向いている?

予算15万~20万円以下といえば、そこそこ高い価格なので失敗したくないと考えている人もいるのではないでしょうか。

実際にどれぐらいの性能があるのか、どんな人に向いているのかを本見出しで解説していきます。

なお、より安いモデルに限定した15万円以下で買えるゲーミングPCのおすすめも紹介しているので、予算を抑えたい場合は参考にしてみてください。

フルHDで144fps張り付きを狙いたい人

15万円以上20万円以下のゲーミングPCは、フルHDで144fps張り付きを狙いたい人におすすめ。

RTX 3060 TiやRTX 4060 Tiを搭載したモデルを選べば、高フレームレート・高画質な映像でゲームをプレイすることが可能です。

下記の表の通り、人気のFPSゲームで144fpsを超える結果となっています。

スクロールできます
ゲームタイトルフルHD/低画質/fps目安
Apex Legends160~180fps
フォートナイト240~250fps
VALORANT280~300fps

フレームレートがやや出しにくいApex Legendsでは、高いときで200fpsを超えるシーンも。

ほぼ144fpsに張り付くので、予算15万円以上20万円以下のゲーミングPCはコスパを重視する人におすすめできます。

また、予算ギリギリにはなりますが、Core i7-13700(F)とRTX 4060 Tiを組み合わせたモデルでもメーカーによっては20万円以下で購入可能です。

カクつかずにゲーム配信をしたい人

カクつかずにゲーム配信をしたい人にも、予算15万円以上20万円以下のゲーミングPCをおすすめします。

ゲームをしながら、配信をするには非常にハイスペックなゲーミングPCが必要です。ゲーミングPCの動作が不安定な状態で、ゲーム配信をするとカクつきの原因になります。

ゲームの配信に最低限必要なゲーミングPCのスペックは以下の通りです。

  • CPU:Core i5以上
  • GPU:GTX 1650以上
  • メモリ:16GB以上

予算15万円以上20万円以下のゲーミングPCは、上記の条件を満たすモデルが選べるのでおすすめです。

【2024年2月】自作PCの場合は予算20万円だとどんな構成になる?

自作PCで予算を20万円の価格帯に設定した場合、下記のような構成になります。

スクロールできます
パーツパーツ名価格
CPUCore i7-12700F49,800円
CPUクーラーDeepcool AK4002,961円
マザーボードASUS TUF GAMING B660-PLUS WIFI D419,164円
グラボRTX 4060 Ti57,373円
メモリCORSAIR VENGEANCE CMK16GX4M2E3200C166,013円
SSDWD Black SN77013,797円
電源ANTEC NeoECO Gold NE750G11,973円
PCケースCORSAIR 4000D12,980円
– – –– – –174,061円

Core i7-12700Fは、Core i7-12700の内蔵グラフィック機能を省いたモデルです。

グラボが必須となりますが、その分価格が安く抑えられ、グラフィック性能に優れた「RTX 4060 Ti」を選択できます。

CPUをより高性能なCore i7-13700(F)にする場合は、合わせてCPUクーラーも冷却性能の高いモデルに変更しましょう。

また、最新のゲームは容量が大きくなる傾向にあるため、SSDは1TB搭載すると安心です。電源ユニットやケースなどの価格を抑えて、2TB程度のSSDやHDDを追加するのもおすすめ。

予算15万~20万円以下で買えるゲーミングPCまとめ

ゲームを快適にプレイするためのゲーミングPC選択は、CPUとGPUの選択にかかっています。

予算20万円で快適なゲーミングPCを選択する基準は以下の通りです。

  • CPU:Core i5-13400以上
  • GPU:RTX 4060以上

上記を参考にして、ゲーミングPCを選んで快適なゲームライフを送ってください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次