2024年2月のゲーミングPCおすすめモデルをチェック

パルワールド(Palworld)に必要なスペックとおすすめのゲーミングPC

当ページには広告が含まれています。

パルワールドは、日本のゲーム制作会社「ポケットペア」か開発したオープンワールドサバイバルクラフトゲーム。

まだ早期アクセスながら、リリースから5日で700万本以上を売り上げ、Steamでの評価も「非常に好評」と人気のタイトルです。

ただ、パルワールドは最新のオープンワールドゲームということもあり、ゲーミングPCのスペックに注意が必要になります。

本記事ではパルワールドをプレイするために必要なスペックやメモリ容量を解説。おすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

目次

パルワールド(Palworld)の必要最低・推奨スペック

パルワールド 参考画像

必要最低スペック

パーツスペック
OSWindows 10 or iater (64bit)
CPUCore i5-3570K 3.4 GHz 4 Core
グラボNVIDIA Geforce GTX 1050(2GB)
メモリ16GB RAM
ストレージ(SSD必須)40GB の空き容量
DirectXバージョン11
Steamより引用

Steamで公開されている、パルワールドの最低スペックです。

パルワールドに限らず、最低スペックはゲームが起動する程度の性能になるので、あまり参考にはなりません。

ただ、最低スペックで16GBのメモリを要求しているゲームは珍しく、快適にプレイするにはミドルスペック以上のゲーミングPCが必要と分かります。

また、Steamの追記事項にはSSDの導入が必要と英語で記載されているので、パルワールドをHDDにインストールするのは避けましょう。

推奨スペック

パーツスペック
OSWindows 10 or iater (64bit)
CPUCore i9-9900K 3.6 GHz 8 Core
グラボNVIDIA Geforce GTX 2070
メモリ32GB RAM
ストレージ(SSD必須)40GB の空き容量
DirectXバージョン11
Steamより引用

パルワールドの推奨スペックではCPUにCore i9-9900K以上の性能が要求されています。

Core i9と言っても、現在のコスパモデルに採用されているCore i5-13400FやRyzen 7 5700Xでもスペックを満たすことは可能です。

グラボのRTX 2070はRTX 3060とほぼ同等の性能。現在ならRTX 4060を搭載したミドルスペックのゲーミングPCなら推奨スペックは満たせます。

ただ、メモリには32GBが推奨されているので、パルワールドを快適にプレイしたいならカスタマイズでメモリ容量を増やしましょう。

ストレージ容量は40GBとなっていますが、2024年1月30日の時点では実際に使われる空き容量は約19GBです。

パルワールド ストレージ容量

ただし、パルワールドはまだ早期アクセスのゲームなので、アップデートが控えているため、40GBを超える容量になる可能性があります。

パルワールドだけ遊びたいなら500GBでも大丈夫ですが、余裕を持って1TBのSSDを導入するのがおすすめです。

パルワールドのおすすめスペック

パルワールド オプション画像

CPUとGPUは画質設定や描画距離で大きく変わる

パルワールドは最高設定だと非常に重いゲームです。最大fpsは無制限も選べますが、120fps以上を出すにはハイエンドゲーミングPCが必要になります。

ただ、現時点では対戦モードが未実装なので競技性はほぼないため、60~90fpsほどのフレームレートを目指すのが無難です。

フルHDで描画距離や影の設定などを落としてプレイするなら、RTX 4060以上。高画質やWQHDでプレイする場合は、RTX 4070以上のグラボを搭載したゲーミングPCを選びましょう。

描画距離などを個別で設定する時は、最高から高設定に落とすとフレームレートを確保しやすくなります。

パルワールドはウルトラワイドに対応している

パルワールド ウルトラワイド参考画像

パルワールドはウルトラワイドに対応しています。

一度に確認できる情報量が増えて、ゲームへの没入感も増すのがウルトラワイドモニターのメリットです。

ただ、相応のスペックが要求されるので、パルワールドをウルトラワイドで快適にプレイしたいなら、RTX 4070以上のグラボを選びましょう。

ウルトラワイドモニターは一般的なモニターよりもグラボへの負荷が高くなるため、影の設定などを個別に調整するのもおすすめです。

パルワールドをフルスクリーンでプレイする時の注意

パルワールドは、フルスクリーンモードでの解像度の変更ができません。

例えば、4Kモニターを使用して、パルワールドをフルスクリーンにすると解像度は4K固定になります。フルHDやWQHDは選べません。

解像度を下げてプレイしたい場合はウィンドウモードを利用しましょう。ミドルスペックのゲーミングPCなら、フルHDのモニターと組み合わせるのが無難です。

2024年1月30日時点での話なので、今後のアップデートで改善される可能性はあります。

メモリ容量は16GB以上

公式から発表されているパルワールドのメモリ容量は最低スペックでも16GB以上です。推奨スペックになると32GBを要求されます。

グラボのVRAM容量にもよりますが、実際のプレイで使用されるメモリ容量は約10~13GBです。

パルワールドをプレイするだけなら、ゲーミングPCでは標準的な16GBでも足りますが、余裕を持ちたいならメモリは32GBがおすすめ。

ミドルスペックのゲーミングPCはほとんどの場合、16GBなので32GBにカスタマイズしましょう。

パルワールド(Palworld)のゲーミングPCおすすめ|ゲーミングノートPC

ドスパラ ガレリア ZL7C-R47

ドスパラ ガレリア ZL7C-R47

メモリ32GBを標準搭載!フルHDでパルワールドを楽しめるハイスペックモデル

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13700HX
グラフィックチップNvidia RTX 4070
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/165Hz
本体サイズ幅361×奥行き242×高さ25~31.6mm
重量約2.4kg
OSWindows
おすすめする理由
  • フルHD・165Hzに対応したディスプレイ
  • メモリが標準で32GB
  • ミドルスペックのデスクトップ並の性能
こんな人にはおすすめしない
  • 持ち運びしやすいノートPCが欲しい人

パルワールドを高画質でプレイできるゲーミングノートPCなら、ZL7C-R47がおすすめです。

CPUに「Core i7-13700HX」、GPUにはデスクトップのRTX 4060と同等クラスの性能がある「RTX 4070」を搭載。

メモリも32GBを標準搭載しているので、パルワールド公式の推奨スペックを上回るスペックがあります。フルHDなら60fpsを狙え、ほかのゲームも快適にプレイが可能です。

1TBのSSDを搭載しているので、パルワールド以外のゲームもプレイしたい方におすすめのハイスペックなゲーミングノートPCになっています。

ドスパラ ガレリア  XL7C-R46

ドスパラ ガレリア XL7C-R46

RTX 4060搭載のフルHD・低画質設定向けゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13700H
グラフィックチップNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/144Hz
本体サイズ幅360×奥行き245×高さ20mm
重量約2.2kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 144Hzに対応したディスプレイ
  • シンプルなデザインで普段使いもOK
  • ストレージが1TBと大容量
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質設定でパルワールドを遊びたい人

XL7C-R46はIntelの第13世代CPU「Core i7-13700H」を搭載したドスパラのゲーミングノートPC。

GPUには「RTX 4060」を採用しており、ディスプレイ解像度はフルHDなので、パルワールドも設定を落とせばプレイできます。

また、ディスプレイは144hzの高速リフレッシュレートに対応しているので、フルHDのゲーミングモニターを用意する必要もありません。

標準搭載されているメモリは16GBですが、注文時にカスタマイズできるので、パルワールドを快適にプレイしたいなら32GBにアップグレードしましょう。

ドスパラ ガレリア UL9C-R49

ドスパラ ガレリア UL9C-R49

WQHD以上でプレイしたいなら!デスクトップ並の性能を持つハイスペックモデル

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-13900HX
グラフィックチップNvidia RTX 4090
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz17.3インチ/240Hz
本体サイズ幅402×奥行き281×高さ24.7~29.7mm
重量約3.4kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 240Hzに対応したディスプレイ
  • メモリが標準で32GB
  • WQHDでもパルワールドをプレイできる
こんな人にはおすすめしない
  • フルHDで十分な人

UL9C-R49はIntelのノート用ハイエンドCPU「Core i9-13900HX」を搭載した最強クラスのゲーミングノートPC。

GPUにはノート版の「RTX 4090」を採用しており、パルワールドをWQHDでプレイできる性能があります。

17.3インチの大画面ディスプレイは、240Hzの超高速リフレッシュレートに対応しているのもポイント。ノングレアの液晶を採用しているのでゲームへの没入感を妨げることもありません。

並のデスクトップPCよりも高性能なので、ゲーミングPCは欲しいけど置く場所がないという方にもおすすめのモデルです。

パルワールド(Palworld)のゲーミングPCおすすめ|デスクトップパソコン

ドスパラ ガレリア RM5C-R46T

フルHD・高画質でも快適!パルワールド向けの高コスパゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-14400F
グラフィックチップNvidia RTX 4060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • フルHDならほとんどのゲームが快適
  • CPUとグラボのバランスがいい
  • 140mmのケースファンを標準搭載
こんな人にはおすすめしない
  • パルワールドを4Kで遊びたい人

Intelの10コア16スレッドの最新世代CPU「Core i5-14400F」を搭載したミドルハイクラスのゲーミングPC。

グラボにはフルHD向けの「RTX 4060 Ti」を採用しているので、重いパルワールドも約60~80fpsでプレイできる性能があります。

ただ、標準構成ではメモリが16GBと推奨スペックに届かないため、32GBにカスタマイズするのがおすすめです。

余裕があればSSDも1TBにアップグレードすれば、パルワールドだけでなく、フルHDならほとんどのゲームを快適にプレイできます。

ドスパラ ガレリア RM5C-R46

ドスパラ ガレリア RM5C-R46

パルワールドをフルHDでプレイできるRTX 4060を搭載したミドルスペックモデル

おすすめ度:4

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-13400F
グラフィックチップNvidia RTX 4060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 画質を調整すれば60fps以上が狙える
  • 控えめな価格で購入可能
  • フルHD・低画質なら多くのゲームをプレイできる
こんな人にはおすすめしない
  • パルワールドを最高設定で遊びたい人

描画距離や影の設定などを妥協してもいいなら、グラボに「RTX 4060」を搭載したRM5C-R46がおすすめ。

CPUには10コア16スレッドの「Core i5-13400F」を採用しており、パルワールドの推奨スペックを満たしています。

パルワールドをプレイするだけならメモリ16GBでも足りますが、32GBにカスタマイズすればより快適です。

フルHDなら画質を調整したり、DLSSを利用すれば60fps以上のフレームレートも狙えるモデルですが、パルワールドはまだ早期アクセスのゲームなので要求スペックが上がる可能性もあります。

パルワールドを遊ぶために、デスクトップのゲーミングPCを買うならRTX 4060搭載モデルが最低ラインと考えましょう。

ドスパラ ガレリア XA7C-R47TS

ドスパラ ガレリア XA7C-R47TS

WQHDでも快適!のRTX 4060を搭載したミドルスペックモデル

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-14700F
グラフィックチップNvidia RTX 4070 Ti
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源750W
OSWindows
おすすめする理由
  • WQHDでも80fps以上が狙える
  • メモリやストレージが標準で大容量
  • ゲームによっては4Kも視野に入る性能
こんな人にはおすすめしない
  • 予算が30万円以下の人

Intelの最新世代CPU「Core i7-14700F」を搭載した、ドスパラのハイスペックゲーミングPC。

グラボには1月に発売されたばかりの「RTX 4070 Ti SUPER」が採用されており、パルワールドをWQHDでも快適にプレイできる性能があります。

メモリは32GB、SSDは1TBを標準搭載しているのでカスタマイズする必要がないのもポイント。ゲームによっては4Kでのプレイも視野に入ります。

パルワールドを高精細なWQHDや、没入感の高まるウルトラワイドモニターでプレイしたい方におすすめのハイスペックなゲーミングPCです。

パルワールド(Palworld)におすすめのレンタルサーバー

パルワールド サーバー参考画像

パルワールドは招待コードや専用サーバーを使えば、マルチプレイで遊ぶこともできます。

招待コードを共有する方法では最大4人まで、公式の専用サーバーを使用するなら最大32人までのマルチプレイが可能です。

ただ、招待コードは手軽ですが4人までと人数が少なく、公式の専用サーバーは知らないプレイヤーが入ってきたり、障害が発生するとプレイできなくなるというデメリットがあります。

4人以上でマルチプレイをしたい場合は「ConoHa for GAME」で、マルチサーバーを借りるというのも手です。

ConoHa for GAMEは手軽にサーバー設定ができる「ゲームテンプレート」があるのが魅力。マイクラやARKだけではなく、パルワールドにも対応しています。

ただし、パルワールドのゲームテンプレートを利用できるのは、4GB以上のプランからとなるので注意しましょう。

ConoHa for GAMEは月額以外にも時間課金もあるので、休日など限られた時間だけ、パルワールドをマルチプレイで遊びたい方にもおすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次