2022年11月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

SSDのプチフリが発生するLPM問題の原因とは?症状解消の対策も解説

SSDはHDDよりも高速で省電力ですが「プチフリ」という、一時的なフリーズ現象を引き起こすことがあります。

古いSSDなら、コントローラーの問題も考えられますが、2022年現在では省電力機能の「LPM」に起因することが多いです。

本記事ではプチフリの原因となる「LPM問題」と、対策について解説していきます。

2022年11月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 189,979円(税込) 159,980円(税込) 699,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900K
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

SSDのプチフリとはどんな症状?

原因の1つは「JMF602」というSSDのコントローラーにありますが、古いモデルの話なので現在のゲーミングPCには関係ありません。

プチフリの主な原因は「LPM問題」と呼ばれており、SATA接続の省電力機能「Link Power Management」の誤作動によるものです。

LPMには「HIPM」と「DIPM」の2つの省電力機能があり、Windowsは両方の機能を持っています。

対して、SSDにはDIPMのみのモデルもあるため、Windows側の省電力設定がHIPMだと命令に食い違いが起こり、電力の供給を断ってしまうのです。

つまり、LPMが不適切なタイミングでSSDへの給電を停止すると、プチフリが発生します。

LPM問題を解消するための対策

LPM問題が原因のプチフリを解消するには、LPMをオフにしなければいけません。

レジストリの設定を変更し、電源オプションにLPMの設定を表示させる必要がありますので、画像をまじえて解説していきます。

難しい作業ではありませんが、レジストリに手を加えるとPCが動作しなくなる危険性もあるので、注意して行ってください。

STEP
レジストリエディターを開く

まず、タスクバーの検索ボックスに「レジストリ」と入力して、「レジストリエディター」をクリックします。

LMP問題を解消する方法。レジストリエディターを開く
STEP
レジストリエディターでの操作

「HKEY_LOCAL_MACHINE」を展開し、「SYSTEM」から「CurrentControlSet」、「Control」の順に開いてください。

LMP問題を解消する方法。CurrentControlSetからControlを開く

Controlフォルダのなかにある「Power」を開き、「PowerSettings」を展開します。

続いて、先頭が「0012」で始まるフォルダを開いてください。「0b2d」から始まるフォルダを選択し、「Attributes」を右クリックして「修正」を選択。

LMP問題を解消する方法。CurrentControlSetからControlを開く

値のデータを「1」から「0」に変更し、OKをクリックすると電源オプションに「AHCI Link Power Management-HIPM/DIPM」が表示されるようになります。

LMP問題を解消する方法。AHCI Link Power Management-HIPM/DIPMを表示する

レジストリエディターでの作業はこれで終わりです。

STEP
LPMをオフにする

続いて、「コントロールパネル」から、「ハードウェアとサウンド」を選択して、電源オプションを開きましょう。

「プラン設定の変更」を開いて、「詳細な電源設定の変更」をクリック。

LMP問題を解消する方法。詳細な電源設定の変更を表示

AHCI Link Power Management-HIPM/DIPMの設定を「Active」に変更すれば、LPMをオフにできます。

LMP問題を解消する方法。AHCI Link Power Management-HIPM/DIPMの設定を「Active」に変更

プチフリはデータが消えることもあるので、症状が起こったら、まずはLPMをオフにして様子を見ましょう。

ほとんどのプチフリはLPMをオフにすれば解決します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次