2023年1月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

ミニタワーとミドルタワーどっちがいい?PCケースサイズの違いを解説

自作PCを組む際やゲーミングPCを購入するうえで、見た目を大きく左右するのがPCケースの存在。

近年では魅せることにも重点が置かれ、オープンフレームやキューブ型に近いケースもあります。そんな中でも基本形となるのが、ミニタワーやミドルタワーのような縦長のPCケースです。

一見すると、ミニタワーとミドルタワーでは大きさの違いだけなのでは?と思うかもしれませんが、実はその大きさこそが自作PCやゲーミングPCとしての、性能や拡張性を左右する重要なポイントなのです。

この記事では、ゲーミングPCの性能を左右するPCケースを、ミニタワーとミドルタワーで比較。双方のメリット・デメリットも紹介しますので、PCケース選びの参考にしてみてください。

2023年1月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 164,980円(税込) 139,980円(税込) 639,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900KF
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

【でかすぎ?】ミニタワーとミドルタワーの大きさの違いを比較

スクロールできます
項目ミニタワーミドルタワー
平均サイズ幅196×奥行き418×高さ370mm幅214×奥行き478×高さ467mm
拡張スロット数4~5本6~8本
置き場所の候補デスク上
ラック

ミニタワーの標準的なサイズは、平均幅196×奥行き418×高さ370mmです。いっぽうミドルタワーの標準的なサイズは、幅214×奥行き478×高さ467mmと一回り大きく、ある程度の設置スペースが必要になります。

一番の違いは、搭載できるマザーボードの大きさであり、ミニタワー=Micro-ATX、ミドルタワー=ATXというように、それぞれのマザーボードに合わせて拡張スロットの数が決まっています。

なお、幅に関してはあまり変わりません。幅は搭載するケースファンやCPUクーラーの大きさに関係しているので、12~14cmのファンを使う限りは大きくする意味があまり無いためです。

マザーボードのサイズについて

マザーボードはパソコンのベースとなる基盤で、一般的なATX、やや小さいMicro-ATX、小型のMini-ITXと3種類のササイズがあります。

  • ATXは縦244×横305mm
  • Micro-ATXは縦244×横244mm
  • Mini-ITXは縦170mm×横170mm

標準的なサイズのATXは最も拡張性が高く、小型になるほどグラボなどのパーツ増設に使うPCIeスロットや、SSD用のM.2スロットが少なくなります。

サイズの大きいミドルタワーは3種類の規格に対応できますが、ミニタワーはMicro-ATXが限界のケースがほとんどです。

ATXを更に大きくしたE-ATXなどの特殊な規格もありますが、一般的なゲーミングPCで使うことはまずありません。

ミニタワーPCケースのメリット

ミニタワーPCケースのメリット

省スペースでデスクの上に置きやすい

ミドルタワーのケースに比べればミニタワーはコンパクトで軽いため、ラックやデスク上のスペースに持ち上げやすいです。

デスクの上にパソコンを置けるのでホコリが溜まりづらく、パソコンの内部清掃がしやすくなり、メンテナンス性が上がるというメリットにもつながります。

価格が安い

ミニタワーケースで作られたパソコンのほうが、比較的安価に仕上がることが多いです。

まず、PCケース自体が小さいため、その材料費が少なくなること。

また、搭載するMicro-ATXマザーボードもATXマザーボードに比べると安価であるため、この価格差が完成品となったパソコン全体の値段を下げることになります。

ミニタワーPCケースのデメリット

ミニタワーPCケースのデメリット

性能は低い

ミニタワーケースのデメリットとして、ミドルタワーケースに比べて性能が下がるといったことが挙げられます。正確には、同じパーツを使っていても限界性能を追求することができなくなってしまいます。

まず、ケースが小さいために、大きな冷却機構が搭載できません。昨今のゲーミングPCでは、240~360㎜ラジエーターの簡易水冷CPUクーラーは当たり前。

GPUも3連ファンの大型モデルも増え、これらに対応するためミニタワーケース自体が大型化している傾向にあります。

小さいケースを使うことで冷却機構がケース内に収まらなくなり、それ以上の性能追及ができなくなってしまうのです。

ハイスペなグラボが入らない・拡張性の幅が狭い

ミニタワーケースに搭載されるマザーボードはMicro-ATXになるため、ケースの拡張スロットも5本分程度になります。それだけグラフィックカードを始めとした拡張カードの数が少なくなるということです。

また、ケース自体が小さいため、5インチベイはもちろんのこと、3.5インチベイの搭載数が極端に少なくなったものもあります。

排熱性に劣る

ゲーミングPCにおいては、CPUとGPUから熱が放出されます。PCケース内が高温になると、サーマルスロットリングという保護機能により、動作クロックが強制的に下げられ性能が低下します。

この熱を空気と共にケース外に排出するのがケースファンの役割なのですが、ミニタワーケースの場合ケースの表面積が少なくなるため、搭載できるファンの数も少なくなります。

ミドルタワーPCケースのメリット

ミドルタワーPCケースのメリット

標準的な大きさなので種類が豊富

ミドルタワーケースで搭載できるのはATXマザーボードになります。

PCパーツとしては標準的な仕様となっているものなので、PCケースを製造しているメーカーもミドルタワーを基準にして製品化することが多くなっています。

拡張性に優れカスタマイズの選択肢が多い

搭載されるマザーボードの拡張スロットの数が増えるので、ミドルタワーケースもそれに合わせられています。

また全体的に大きくなることで、5インチベイ、3.5インチベイを搭載するスペースにも余裕が出来ます。

これによって各種カードの増設や複数のHDDを搭載することが出来ます。また増設作業もケース内部が広くて手が入りやすく作業しやすくなっています。

冷却性・排熱性に優れる

ケースが大きくなることで表面積が増えるので、ケースファンの取り付け可能枚数を増やす事が出来ます。

より大きなラジエーターも搭載しやすく効率的な排熱システムを構築できるので、高いクロック数を維持しやすくなり、性能を引き出しやすくなります。

ミドルタワーPCケースのデメリット

ミドルタワーPCケースのデメリット

そこそこ大きさがあるため場所を取る

ケース自体がミニタワーケースと比べると大きいため、重量が増えますし、場所を取ってしまいます。

また、冷却性能を追求してラジエーターを搭載し、サイドパネルにアクリルパネルや強化ガラスを採用することで、見た目以上に重量が増加します。

メンテナンス性を考えるとラックの上などに載せたいところなのですが、持ち上げにくい大きさと重さになるので単純に場所を取るだけでなく、置き場所が限定されてしまうことで扱いにくいと感じやすいです。

各BTOメーカーのミニタワーゲーミングPC一覧

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M06M-A127-SASXB

小型なのに高性能!ミニサイズなゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源700W
OSWindows
おすすめする理由
  • シンプルなデザイン
  • Apexなどで180fpsを狙える性能
  • 高画質設定でも快適に遊べる
こんな人にはおすすめしない
  • 予算を20万円以下に抑えたい人
+特徴を見る

グッドウィルが運営するPCショップ「パソコン工房」のゲーミングPCブランドが「LEVEL ∞=レベル インフィニティ」です。

ミニタワーとしては標準的なサイズと見た目をしています。電源スイッチはポート類が側面についているため、壁に寄せて設置する場合は注意が必要です。

内部構成は「Intel Core i7-12700」と「Nvidia GeForce RTX 3060 Ti」となっており、ミニタワーながらアッパーミドルクラスの性能を持っています。

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

初めてのゲーミングPCに!低価格で買えるおすすめのモデル

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • ゲームを十分快適にプレイできるスペック
  • 省スペースで机の上にも置きやすい
こんな人にはおすすめしない
  • 4Kで遊びたい人
+特徴を見る

サードウェーブが運営するPCショップ「ドスパラ」。そのドスパラのゲーミングPCブランドが「GALLERIA=ガレリア」となります。

以前よりゲーミングPCを手掛けてきたのですが、2020年にPCケースのデザインを一新。サイドパネルの一部が窓になっており、中の様子が確認できるようになりました。また、フロントパネルにはLEDが取り付けられています。

内部構成としては「Intel Core i5-12400」と「Nvidia GeForce GTX 1650 SUPER」となっており、エントリークラスと言える構成。初めてのゲーミングPCとしても適しているモデルです。

マウスコンピューター G-Tune EL-B

ハンドル付きで運びやすいミニサイズなゲーミングPC

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400F
グラフィックチップNvidia RTX 3050
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
HDD容量– – –
電源500W
OSWindows
おすすめする理由
  • ハンドル付きで模様替えの時に便利
  • 万全の1年間サポート
こんな人にはおすすめしない
  • 200fps以上でプレイしたい人
+特徴を見る

国産パソコン製造を手掛けるマウスコンピューターのゲーミングPCブランドが「G-Tune」となります。

このケースの特徴は、持ち運びを容易にするハンドル。日本では馴染みが薄いのですが、パソコンを持ち寄るLANパーティーなどではよく見られるものです。

搭載されているマザーボードはmini-ITXなので、規格的には通常のミニタワーよりも更に小さいケースになります。

内部構成は「Intel Core i5-12400F」と「Nvidia GeForce RTX 3050」です。GPUの性能としてはGTX 1660シリーズと同等ですが、DLSSやレイトレーシングに対応しています。

各BTOメーカーのミドルタワーゲーミングPC一覧

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-R67A-L137C-VLSXR

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-R67A-L137C-VLSXR

最新のハイスペックモデル!LEDライティングも映えるゲーミングPC

おすすめ度:5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-13700KF
グラフィックチップNvidia RTX 4080
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源1000W
OSWindows
おすすめする理由
  • 美麗なLEDライティング
  • 240fps張り付きも狙える性能
  • 80PLUS PLATINUM認証の電源を採用
こんな人にはおすすめしない
  • 光るゲーミングPCに興味がない人
+特徴を見る

パソコン工房のゲーミングブランド「レベルインフィニティ」から販売されているミドルタワーのゲーミングPC。

Intelの第13世代CPU「Core i7-13700KF」と最新のGPU「RTX 4080」を搭載しており、WQHD~4Kゲーミングも視野に入る高いスペックを持っています。

また、CPUクーラーにはLEDを搭載した360mmの水冷クーラーを採用しているのもポイント。高い冷却性で性能を維持できるだけでなく、見た目も楽しめるゲーミングPCです。

電源には80PLUS PLATINUM認証のモデルを使用しているので、のちのちパーツの増設をしても困ることはまずありません。

見栄えの良さと拡張性を両立したゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

ドスパラ ガレリア XA7C-R37

ドスパラ ガレリア XA7C-R37

4Kでも快適!ほとんどのゲームを遊び尽くせるゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700
グラフィックチップNvidia RTX 3070
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 本格的にゲームをプレイしたい人向け
  • 高フレームレート・高画質で遊べる
  • 配信もしっかり可能
  • 大容量のストレージ
こんな人にはおすすめしない
  • 画質やfpsにこだわりがない人
+特徴を見る

ドスパラのアッパーミドルクラスのゲーミングPCです。

ミドルタワーになったことでケース容量が増加。これによりRTX 3070でも余裕をもって搭載できます。

CPUもCore i7-12700となっており、ゲームだけでなく同時配信などのマルチスレッド性能にも優れています。

マウスコンピューター G-Tune HN-Z プレミアムモデル

水冷CPUクーラー採用で動作安定のゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700KF
グラフィックチップNvidia RTX 3070
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
HDD容量2TB
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 長時間のゲームプレイに適したモデル
  • 配信や動画編集にもおすすめ
こんな人にはおすすめしない
  • 予算を25万円以下に抑えたい人
+特徴を見る

マウスコンピューターのアッパーミドルクラスのゲーミングPCです。

高クロック仕様のCore i7-12700KFを搭載し、冷却性能を高めるために240mmのラジエーターを用いた水冷CPUクーラーを採用し、より効率的な冷却を可能としています。

ミニタワーとミドルタワーの違いについてよくある質問

フルタワーケースにはどんなメリットがあるの?

フルタワーは最低でも約幅250×奥行き500×高さ500mm以上となり、ミドルタワーよりも大きなサイズのケースになっています。

大きい分、スペースに余裕があるため、拡張性がミドルタワー以上に高く、大型のグラボや水冷クーラーも取り付けやすいのがメリットです。

ただ、重量が20kgを超えるケースもあり、サイズも大きいので設置スペースに悩まされるのがデメリット。

よほどこだわったハイエンド構成でなければ、ほとんどの方はミドルタワーで十分です。

ガレリアのミドルタワーケースのサイズは?

ガレリアの「X-Series」や「Z-Series」に使われているミドルタワーケースのサイズは、幅220×奥行き440×高さ480mmです。

「R-Series」に使われているミニタワーケースは幅220×奥行き440×高さ425mmなので、違うのは高さだけになっています。

フロンティアのミドルタワーのサイズは?

フロンティアのミドルタワーを採用したゲーミングPCは「GAシリーズ」と「GHシリーズ」があります。

GAシリーズの旧モデルは約幅200×高さ423×奥行き485mm。新型ケースのGAシリーズは約幅210×高さ457×奥行き465mmです。

GHシリーズは約幅200×高さ465×奥行き470mmとなっています。

ミニタワーとミドルタワーの違いについてまとめ

長期的に考えるとパーツの選択肢が豊富なミドルタワーがおすすめです。

PCケースは長く流用できるパーツなので、内部に余裕があるミドルタワーを選べば、グラボをより高性能なモデルに交換する時も、まず困りません。

設置スペースを確保できない、パーツの追加をする予定がない方はミニタワー。

拡張性、冷却性能など扱いやすいモデルが欲しい場合はミドルタワーを選びましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次