2022年8月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【2022年】小型ゲーミングPCのおすすめ|持ち運びできる超ミニサイズのPCを紹介

デスクの上や一人暮らしの部屋に置きやすい小型ゲーミングPC。

最近ではコンパクトでおしゃれなモデルが自作erの間で流行っているため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、小型ゲーミングPCならではのデメリットがあるため、知らないまま買うと失敗してしまうことも。

本記事では、小型ゲーミングPCのおすすめモデルをメリット・デメリットとともに解説。

安いモデルも揃えたので、ぜひチェックしてみてください。

目次

ミニタワーなどの小型ゲーミングPCはどれぐらいのサイズ?

一般的に小型ゲーミングPCと呼ばれるものは「スリムタワー型」「キューブ型」「ミニタワー型」、ノートPCであれば14インチ以下のものが該当します。

スクロールできます
タイプミニタワースリムタワーキューブ超小型
サイズ(目安)幅:約180×奥行き:約350×高さ:約350mm幅:約80×奥行き:約250×高さ:約230mm幅:約280×奥行き:約300×高さ:約280mm幅:約150×奥行き:約150×高さ:50~60mm
メリット
  • 高性能なモデルもある
  • 小型のなかでも種類が豊富
  • コスパがよく安いモデルが多い
机の上に置けるサイズ
  • 性能はミニタワーに次いで良い
  • デザインがおしゃれ
  • 軽めのゲームであればプレイできる
  • 非常に狭いデスクにも余裕で置けるサイズ
デメリット机の上に置くにはやや大きい性能が低いためゲームには向かない排熱性に劣るタワータイプと比べて性能は低め
置き場所机の下・ラック・CPUスタンド机の上・ラック机の上・ラック机の上

幅15cm×奥行30cm程度の超小型PCもありますが、グラフィック性能等を重視するゲーミングPCにおいては、あまり現実的といえないでしょう。

小型PCの目安として挙げられるのは、Mini-ITXと呼ばれる小型パソコン向けマザーボードの規格です。

17cm×17cmとこれまでのマザーボードよりもかなり小型化しているため、ミニタワーでも幅18cm~20cm×奥行37cm~45cm程度の大きさになります。

【キューブ】おすすめ小型ゲーミングPC

ストーム PG-OHT

ストーム PG-OHT

おしゃれすぎる!200fps超えも狙える小型ゲーミングPC

おすすめ度:5

タイプキューブ
CPUCore i5-11400F
グラボRTX 3060 Ti
メモリ16GB
SSD500GB
HDD– – –
サイズ幅194×奥行き435×高さ307mm
電源650W
おすすめする理由
  • シンプルでインテリア性の高いPCケース
  • 小型のなかでは非常にハイスペック
  • メンテナンス性も抜群
こんな人にはおすすめしない
  • 予算が10万円以下の人

Storm PG-OHTは、ゲーム性能が高いことで知られるRTX 3060 TiとCore i5-12400Fを組み合わせたミドルクラスの小型ゲーミングPCです。

前面はシンプルなアルミ仕様、両側面は強化ガラスウィンドウで内部構造が見えるので、シンプルながら単調な印象にはなりません。

ゲーム性能も高く、Apex Legendsで平均144~160fps以上を維持できる性能を有しています。

フォートナイトでは250fps、シーンによっては300fpsを越えることも。通常のプレイでラグを感じることはあまりないでしょう。

シンプルなデザインのゲーミングPCが欲しい方、コストパフォーマンスの高いゲーミングPCをお探しの方におすすめのモデルです。

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-C066-L124-RJSXB【安いゲーミングPCならコレ!】

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-C066-L124-RJSXB

aaaaaa

おすすめ度:4.5

タイプキューブ
CPUCore i5-12400
グラボGTX 1660 SUPER
メモリ16GB
SSD500GB
HDD– – –
サイズ約幅177×奥行き388×高さ296mm
電源500W
おすすめする理由
  • 15万円を切る安さ
  • 省スペースで邪魔になりにくい
こんな人にはおすすめしない
  • シンプルなモデルがほしい人

パソコン工房から発売されているILeDEs-C066-L124-RJSXBは、ミドルクラスCPUで評価の高いCore i5-12400が搭載された小型ゲーミングPCです。

ミドルクラスの中では手が届きやすい価格帯におさまっているのが特徴。

ストレージは500GBのSSDのみですが、ゲームを2~3個インストールするだけなら充分な容量でしょう。

初めてのゲーミングPCを探しているという方に向いているモデルです。

サイコム Premium-Line B660FD-Mini

サイコム Premium-Line B660FD-Mini

美しいデザイン!デスク周りをおしゃれにしたいならコレ

おすすめ度:4.5

タイプキューブ
CPUCore i7-12700
グラボRTX 3060
メモリ16GB
SSD500GB
HDD– – –
サイズ幅166×奥行き325×高さ310mm
電源650W
おすすめする理由
  • 部屋の雰囲気を崩さないデザイン
  • 高性能な最新CPUを搭載
  • 珍しい白いゲーミングPC
  • 安心の長期保証
こんな人にはおすすめしない
  • 予算が20万円以下の人

Sycomから発売されているPremium-Line B660FD-MiniはIntel Core i7-12700とGeForce RTX 3060というスタンダードな構成の小型ゲーミングPCです。

上品なホワイトシルバーのボディとウッドパネルはどのようなインテリアにも自然に馴染みます。設置環境に合わせて、排熱性の高いメッシュパネルに変更できるのもポイントのひとつ。

ゲーム性能はフォートナイトの低画質設定で330fpsを維持、Apexでも200fpsを安定して維持できるスペックです。

環境によっては、設定を上げても快適にプレイできるでしょう。

インテリアに馴染むデザインのケースをお探しの方や、グラフィックにこだわってゲームプレイしたい方におすすめのモデルです。

セブン ZEFT G25K-Cube

セブン ZEFT G25K-Cube セブン ZEFT G25K-Cube 横向き

ゲーマー女子に!かわいらしい小型ゲーミングPC

おすすめ度:3.5

タイプキューブ
CPUCore i5-12400F
グラボRTX 3050
メモリ16GB
SSD1TB
HDD– – –
サイズ幅224×奥行き273×高さ357mm
電源750W
おすすめする理由
  • 白やピンクのデスク周り作りに
  • 軽量かつ小型でデスク上に置きやすい
  • 価格が安い
こんな人にはおすすめしない
  • 高画質設定でゲームをしたい人

ZEFT G25K-Cubeは、Core i5-12400FとGeForce RTX 3050というコストパフォーマンスの高い構成の小型ゲーミングPCです。

このモデルの大きな特徴は、華やかなピンクのキューブ型ケースと下部に配置されたLEDイルミネーションです。

サイバーなデザインが多いゲーミングPCの中で、丸みのあるレトロポップなデザインは非常に珍しいといえるでしょう。

Apexの低画質であれば平均170fpsを維持、フォートナイトで230fpsを維持するなどゲーミングPCとしての性能も充分。

人とは違ったゲーミングPCが欲しい方、安定した環境でプレイできるゲーミングPCをお探しの方におすすめのモデルです。

【超小型】おすすめ小型ゲーミングPC

サイコム Radiant SDM3200B660【安いゲーミングPCならコレ!】

サイコム Radiant SDM3200B660

ペットボトルと同じ高さ!RTX 3060搭載可能な超小型ゲーミングPC

おすすめ度:5

タイプ超小型
CPUCore i5-12400F
グラボGTX 1650(要カスタマイズ)
メモリ16GB(要カスタマイズ)
SSD500GB
HDD– – –
サイズ幅168×奥行き219.3×高さ218.3mm
電源500W
おすすめする理由
  • Core i7-12700×RTX 3060の構成も可能
  • 家庭用ゲーム機感覚で置ける
  • シンプルなデザイン
こんな人にはおすすめしない
  • ハイエンドモデルがほしい人

500mlペットボトルと同じぐらいの高さしかない超小型ゲーミングPC。

コスパを求めてCore i5-12400F×GTX 1650の構成にする、性能を求めてCore i7-12700×RTX 3060の構成にするといった幅広いカスタマイズの選択肢があります。

オプションから無線LAN Wi-Fiキットも選べるので、無線でゲームをプレイしたい人におすすめ。

マルチモニターにも対応しているので、デュアルモニターを構築したい人にも向いています。

ark arkhive Gaming Custom GC-A7G35S

ark arkhive Gaming Custom
GC-A7G35S AC-AR8X30IGA5-DE

わずか8リットル!静音ファン搭載の小型ゲーミングPC

おすすめ度:3

タイプ超小型
CPURyzen 7 5700X
グラボRTX 3050
メモリ16GB
SSD1TB
HDD– – –
サイズ幅168×奥行き236.1×高さ221.6mm
電源500W
おすすめする理由
  • 大容量のストレージ
  • 高コスパなRyzen CPUを搭載
  • 静音性に優れている
こんな人にはおすすめしない
  • 4Kなどの高画質モニターでゲームをしたい人

超小型ながら、レイトレーシングに対応したGPU「RTX 3050」を標準搭載しているゲーミングPC。

SSDにKingstonの1TBモデルを採用しているため、複数のゲームをインストールすることが可能です。

CPUクーラーは、静音で知られるNoctuaのファンが搭載されています。通常時はもちろん、ゲーム時も比較的動作音が静か。

ゲーム性能の高いモデルがほしい場合はチェックしてみてください。

【ミニタワー】おすすめ小型ゲーミングPC

ツクモ(TSUKUMO) G-GEAR Aim GB5J-C221/BRGB

ツクモ(TSUKUMO) G-GEAR Aim GB5J-C221/BRGB ツクモ(TSUKUMO) G-GEAR Aim GB5J-C221/BRGB デスクトップ

光る小型ゲーミングPC!コスパの良い人気構成を採用したモデル

おすすめ度:4.5

タイプミニタワー
CPUCore i5-12400
グラボRTX 3060
メモリ16GB
SSD1TB
HDD– – –
サイズ幅210×奥行き415×高さ400mm
電源500W
おすすめする理由
  • おしゃれなデザイン
  • Apexなどで150fps後半を狙える性能
こんな人にはおすすめしない
  • 小さいモデルがほしい人

TSUKUMOから発売されているGB5J-C221はCore i5-12400とGeForce RTX 3060というスタンダードな構成を採用した、ミドルクラスの小型ゲーミングPCです。

このモデルの大きな特徴として、1TBの大容量SSDが挙げられます。

SSDはHDに比べて読み込みが圧倒的に速いため、ゲームクライアントを格納しておけば、より素早い起動が期待できるでしょう。

フォートナイトの低画質設定で330fpsを維持、Apexでも200fpsを維持するなど、通常のゲームプレイなら問題なくこなせるスペックです。

安定した性能のゲーミングPCを購入したい方や、ストレージに余裕を持ちたいという方におすすめのモデルです。

マウスコンピューター G-Tune PL-B プレミアムモデル【安いゲーミングPCならコレ!】

マウスコンピューター G-Tune PL-B プレミアムモデル マウスコンピューター G-Tune PL-B プレミアムモデル 横向き マウスコンピューター G-Tune PL-B プレミアムモデル デザイン

信頼のゲーミングPCメーカー!低価格モデルがほしいならコレ

おすすめ度:3

タイプミニタワー
CPUCore i5-12400F
グラボGTX 1650
メモリ16GB
SSD512GB
HDD– – –
サイズ幅178×奥行き395×高さ285mm
電源500W
おすすめする理由
  • 安いミニタワータイプ
  • 取っ手付きで移動させやすい
こんな人にはおすすめしない
  • 高fpsでゲームをしたい人

初めてゲーミングPCに触れる方にも手が届きやすい価格の小型ゲーミングPCです。

ミニタワーケースを採用しており、重量は7.3kgとかなり軽量。ハンドルがついているので、設置しやすいのも魅力です。

構成はCore i5-11400FとGeForce GTX 1650。

VARORANTやフォートナイトのような軽めのゲームなら、低画質設定で180fps前後を安定して維持できる性能を持っています。

予算を抑えてゲーミングPCを手に入れたい方や、設置しやすい軽量のPCをお探しの方におすすめのモデルです。

【ノート】おすすめ小型ゲーミングPC

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

価格を抑えつつ性能妥協ナシ!持ち運びやすさ抜群のモデル

おすすめ度:5

タイプノート
CPUCore i7-11700H
GPURTX 3060
メモリ16GB
SSD500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/240Hz
本体サイズ
  • 幅356mm
  • 奥行234mm
  • 高さ21.6mm
重量約1.96kg
おすすめする理由
  • 240Hzのディスプレイ搭載
  • 軽量コンパクトで持ち運びやすい
  • ノートPCながらハイスペック
  • 長時間連続で使える
こんな人にはおすすめしない
  • 240fps張り付きを狙いたい人

ガレリア UL7C-R36はCore i7-11800HとGeForce RTX 3060を搭載した、ミドルクラスの中でも高めのスペックを持つ小型ゲーミングノートPCです。

4.5mmの極薄ベゼルを採用しており、コンパクトな外観に対して画面占有率は94.5%の広さを実現。

リフレッシュレート240Hzのクリアな描画は、ゲームへの没入感を最大限に高めてくれます。

ゲーム性能はApexの低画質設定で常時160fpsを維持。

通常プレイでラグを感じることはほとんどないでしょう。

グラフィック性能にもこだわったゲーミングPCをお探しの方や、安定した環境でゲームプレイしたい方におすすめのモデルです。

ドスパラ ガレリア RL5C-G50【安いゲーミングPCならコレ!】

ドスパラ ガレリア RL5C-G50

普段使いにも◎コスパに優れた小型ゲーミングノートPC

おすすめ度:3

タイプノート
CPUCore i5-11400H
GPUGTX 1650
メモリ16GB
SSD512GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/120Hz
本体サイズ
  • 幅360mm
  • 奥行244mm
  • 高さ20.0mm
重量約2kg
おすすめする理由
  • 中高生でも手が出しやすい価格
  • シンプルで外でも使いやすい
こんな人にはおすすめしない
  • 高性能なゲーミングノートPCがほしい人

ドスパラのRL5C-G50はGeForce GTX 1650とCore i5-11400Hというエントリータイプの構成です。

旧モデルの構成ながらある程度のゲーミング性能は備えており、コストパフォーマンスに優れた小型ゲーミングノートPCといえるでしょう。

最低画質であればフォートナイトで180fps以上、シーンによっては200fpsを越えることも。

Apex Legendsでも120fps以上を維持できるので、安定したプレイ環境を確保できます。

できるだけ予算を抑えてゲーミングノートPCを買いたい方や、既にデスクトップPCを持っており、2台目として検討している方におすすめのモデルです。

MSI Stealth 15M B12U

MSI Stealth 15M B12U

超スリム!!!本記事最薄の小型ゲーミングノートPC

おすすめ度:4.5

CPUCore i7-1280P
GPURTX 3060
メモリ16GB
SSD512GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/144Hz
本体サイズ
  • 幅358mm
  • 奥行248mm
  • 高さ17mm
重量約1.8kg
おすすめする理由
  • 非常に薄く軽量で持ち運びやすい
  • ゲーム性能はしっかりある
  • ビジネス兼用など普段使いにも合う
こんな人にはおすすめしない
  • 安いモデルを探している人

MSI Stealth 15M B12Uは薄型ノートPCを想定して開発された第12世代CPU Core i7-1280PとGeForce RTX 3060という構成の小型ゲーミングPCです。

シンプルな黒いボディは、練習や大会で外に持ち出すのにもぴったり。

ステッカーなどで自分好みにカスタマイズするのにも向いています。

ゲーム性能も高く、Apexの低画質設定で180fpsを安定して維持。シーンによっては240fps出ることも。

VALORANTでも200fpsから240fpsを安定して出せる性能を持っています。

シーンを選ばず使えるスタンダードなゲーミングPCをお探しの方や、薄型ノートPCが欲しい方におすすめのモデルです。

ASUS ROG Flow Z13 GZ301ZC-I7R3050

ASUS ROG Flow Z13 GZ301ZC-I7R3050

13.4インチのミニサイズ!外付けGPUでフルパワーモードにできる

おすすめ度:3.5

CPUCore i7-12700H
GPURTX 3060
メモリ16GB
SSD512GB
画面サイズと対応Hz13.4インチ/120Hz
本体サイズ
  • 幅358mm
  • 奥行248mm
  • 高さ17mm
重量約1.18kg(本体のみ)
おすすめする理由
  • かばんに入れやすく便利
  • 外付けGPUを繋げばデスクトップ並の性能に
  • 2in1タイプなのでタブレットとしても使える
こんな人にはおすすめしない
  • 単体で高性能なゲーミングノートPCが良い人

ASUS ROG Flow Z13 GZ301ZCはCore i7-12700HとGeForce RTX 3050というゲーム性能が高い小型ゲーミングノートPCです。

このモデルの大きな特徴は、着脱可能のキーボードと独特な質感のアルミボディです。

背面のガラスウィンドウからはイルミネーションで彩られた基盤が透けており、いかにもゲーミングPCらしいサイバーな雰囲気抜群。

ゲーム性能はApexの低画質設定で200fpsを安定して維持、設定を上げても124fpsを出せる性能があります。

通常のプレイでラグを感じることはほとんどないでしょう。

タブレットとしても活用できる2in1PCをお探しの方や、コンパクトサイズでもパワーのあるマシンが欲しい方におすすめのモデルです。

【スリムタワー】小型ゲーミングPCのおすすめ

ドスパラ Slim Magnate MH【安いゲーミングPCならコレ!】

薄すぎる!第12世代CPU搭載の小型ゲーミングPC

おすすめ度:3.5

タイプスリムタワー
CPUCore i5-12400
グラボGTX 1650
メモリ16GB
SSD500GB
HDD– – –
サイズ幅96×奥行き395×高さ330mm
電源300W
おすすめする理由
  • 超スリムなのにそこそこスペックがある
  • 10万円で買える
  • 最新世代のインテルCPU搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 性能を重視する人

幅が100mm未満なのにも関わらず、GPUが搭載されている小型ゲーミングPC。

ケース内を冷やせるよう、エアフロー設計がしっかり練られているのがポイントです。

メモリ・ストレージも一般的なゲーミングPCの容量を備えており、軽めのゲームであれば配信も可能。

デスクの上に置ける小型ゲーミングPCを探している人におすすめです。

小型ゲーミングPCのメリット

持ち運びやすい

小型ゲーミングPCの大きなメリットとして、重量が軽く持ち運びしやすいという点が挙げられます。パソコン本体は意外と重く、大型のフルタワーPCでは15kgを越えるものも珍しくありません。

その点小型のミニタワーは10kgを切るものが大半なので、あまり力に自信がない方でも移動させやすいのがポイントです。

ノートパソコンはよりコンパクトなので、バッグに入れてそのまま大会や練習に持っていけるという手軽さがあります。

場所を取らないため机の上や狭い部屋に置ける

パソコン購入の際に気になるのが、スペースの問題です。デスクトップPCは幅を取るので、デスクの下に入らないものも少なくありません。

それに対し小型ゲーミングPCには狭いデスクに置いても邪魔にならないキューブ型や、コンシューマー機と変わらないサイズ感のものがたくさんあります。

ノートタイプであれば必要な時だけデスク出して、普段は引き出しにしまっておくという選択肢も。

パソコンを置くスペースが充分に取れない方やデスクの作業スペースを充分に確保したい方におすすめです。

小型ゲーミングPCのデメリット

小型ゲーミングPCのデメリットを解説していきます。

なお、2022年最新のゲーミングPCおすすめモデルを紹介した記事もあるので、普通のサイズのゲーミングPCが欲しくなった場合は下記も参照してみてください。

熱がこもりやすく動作の安定性に懸念がある

PCと排熱は、切っても切り離せない関係にあります。

熱がこもりすぎると熱暴走を起こしてフリーズしてしまうだけでなく、パーツの寿命や性能に悪影響を及ぼす可能性も。

一般的なタワータイプのPCに比べて、小型ゲーミングPCは排熱性能が若干落ちる傾向があります。

小型ゲーミングPCを選ぶときは水冷式やメッシュトップなど、排熱性能もしっかりチェックしておきましょう。万が一に備えて、保証期間や内容の確認も必要です。

拡張・カスタマイズできない製品が多い

小型ゲーミングPCは、コンパクトケースに対応したMini-ITXと呼ばれるマザーボードを搭載しているモデルが多くみられます。

これらのマザーボードは小型化と拡張性を引き換えにしているものが多く、BTOパソコンを選んだとしても、メモリやPCIスロットの拡張は行えないと考えたほうが良いでしょう。

後から自分でパーツを足しての拡張・カスタマイズが難しくなるので、購入時に必要なスペックをよく検討しておくなどの対処が必要です。

コスパが悪い場合がある

小型ゲーミングPCは同スペックのタワータイプパソコンと比較すると、コストパフォーマンスが低くなる傾向があります。

小型ケースに必要なパーツを格納するには、さまざまな設計上の工夫や排熱対策が必要です。

そのため同じ性能のモデルでも、フルタワーに比べて割高になってしまうのです。

小型ゲーミングPCをできるだけ安い価格で購入するなら、セール時やポイント還元を狙うなど、購入タイミングをよく見計らうのもひとつの方法です。

ラインナップは少なめ

ゲーミングPCは他のパソコンに比べてグラフィックの描画など、ゲームに関する性能が重視される傾向にあります。

さらに小型化すると搭載できるパーツも限られますし、値段が高くなります。

値段やスペックのことを考えると、ゲーミングPC市場において小型ゲーミングPCはあまり需要が高いほうではありません。

フルタワーと比べると小型ゲーミングPCのラインナップはかなり少なく、選ぶ余地はあまり多くないと考えたほうが良いでしょう。

小型ゲーミングPCを自作するなら「ベアボーンキット」がおすすめ

ベアボーンキットとは、PCケースとマザーボード・電源など一部のPCパーツが組み立てられた状態で販売されているパソコンキットのこと。

  • 性能に関わる主要なパーツを自分で決められる
  • 組み立ての手間が省ける
  • 初心者でも簡単に組み立てられる

といったメリットがあります。

ベアボーンキットは、キューブ型や超小型の製品が多く、省スペースなモデルを探している人にぴったり。

人気なのは、AsrockのDeskMeetやIntelのNUC 11 Extreme Kit。DeskMeetは最長200mmのグラボも搭載できるので、ゲームを快適にプレイしたい人向けとなっています。

2.5インチベイが4つ搭載されたShuttle SH510R4も、大容量のストレージを構築したい場合に便利です。

小型ゲーミングPCのおすすめ総評

今回は、小型ゲーミングPCをデスクトップ・ノートに分けて紹介しました。

シンプルかつおしゃれなデスクトップPCがほしいなら「PG-JH12T」、持ち運びやすい軽量コンパクトなノートPCがほしいなら「UL7C-R36」がおすすめです。

メリットデメリットを加味しつつ、検討してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次