2022年10月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

光るゲーミングPCと光らないゲーミングPCのおすすめ8選|ダサいとはもう言わせない

ゲーミングPCはLEDを搭載して光るというイメージが強いです。

クリアパネルを採用した魅せるPCケースも増えているので、自分好みに光らせたいとロマンを求めたくなるのもゲーマーです。

本記事では、おすすめの光るゲーミングPCや、RGB LEDを搭載したPCパーツを紹介していきます。

目次

光るゲーミングPCのおすすめモデル

サイコム(@sycom) G-Master Luminous Z690 RGB/D4

サイコム G-Master Luminous Z690 RGB/D4

LEDライティングがかっこいい!鬼カスタマイズできるハイスペックモデル

おすすめ度:5

CPUCore i7-12700K
グラボRTX 3070 Ti
メモリ16GB
SSD512GB
HDD– – –
電源850W
おすすめする理由
  • 鮮やかなLEDライティング
  • グラフィックス性能に優れたGPUを搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 光らないゲーミングPCがほしい人

LEDを豊富に使ったサイコムの光るゲーミングPCです。

マザーボードとグラボにASUSのROGシリーズを搭載しているため、専用ソフト「ASUS AURA SYNC」を使うことでほとんどのLEDが同期して光るのがポイント。

「RTX 3070 Ti」を搭載しているので性能も高く、Apex LegendsではフルHDなら、シーンにもよりますが最高設定でも240fpsを超えるフレームレートが出せます。

グラボとCPUをより上位のモデルにカスタマイズも可能なので、ハイエンドな光るゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

マイニングベース Astromeda AQUA

LEDライティングが映えるゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400F
グラフィックチップNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB(カスタマイズ)
SSD容量500GB(カスタマイズ)
HDD容量– – –
電源600W
OSWindows
おすすめする理由
  • ゲーム部屋にマッチするLEDライティング
  • ほぼ全てのパーツが光る
  • ゲームを快適にプレイできる性能
こんな人にはおすすめしない
  • 高フレームレートで遊びたい人

RGB LEDのイルミネーションにこだわりのあるメーカー「マイニングベース」の光るゲーミングPCです。

光るゲーミングPCならサイドパネルが透明なのは当然ですが、本モデルはフロントもクリア仕様。RGB LEDファンが美しく光り、見栄えがよくなっています。

見た目だけではなく「Core i5-12400F」と「RTX 3060」を搭載しているので、ミドルクラスモデルとしてバランスがいいのもポイントです。

ただ、標準構成ではメモリが非LEDの8GBなので、LED仕様の16GBへの変更をおすすめします。

【白いケース】マイニングベース Astromeda AQUA

マイニングベース Astromeda AQUA

白いケースがおしゃれなゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700F
グラフィックチップNvidia RTX 3070 Ti
メモリ容量16GB(カスタマイズ)
SSD容量500GB(カスタマイズ)
HDD容量– – –
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 自作erからも人気が高いPCケースを採用
  • 白いカラーリングとLEDライティングでおしゃれな仕上がりに
  • Apexなどを平均200fps狙えるスペック
こんな人にはおすすめしない
  • 予算20万円以下の人

アメリカのPCパーツメーカー「NZXT」とマイニングベースがコラボした光るゲーミングPC。

NZXTの水冷クーラー、ケースだけではなく、白いグラボが搭載されているのもポイント。

ゲーミングPC全体が派手に光るというより、メカニカルな構造をLEDが照らす、落ち着きのあるモデルです。

「COre i7-12700F」と「RTX 3070 Ti」を搭載しているので性能も高く、カスタマイズでメモリを増やせば、配信をする方にもおすすめできます。

【白いケース】マイニングベース Astromeda ORION

マイニングベース Astromeda ORION

白いケースがおしゃれなゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700KF
グラフィックチップNvidia RTX 3080
メモリ容量16GB(カスタマイズ)
SSD容量500GB(カスタマイズ)
HDD容量– – –
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • スタイリッシュなデザイン
  • ほぼ全てのPCパーツが光る
  • 高性能なGPUを搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 予算25万円以下の人

「RTX 3080」を搭載したマイニングベースの光る白いハイエンドゲーミングPC。

CPUクーラーには光る空冷クーラーを搭載。簡易水冷より冷却性能は落ちますが、空冷クーラーは扱いやすいので初心者向きです。

フロントパネルはクリア仕様ではありませんが、イルミネーションを搭載しており、ケースのスイッチでLEDの制御が可能になっています。

白にこだわるなら、カスタマイズで電源をホワイトケーブルのものに変更するのもおすすめです。

ASUS ROG Strix G15 G513RM-R76R3060

ASUS ROG Strix G15 G513RM-R76R3060

ゲーミングモデルらしいデザインの高コスパゲーミングノートPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーAMD
CPURyzen 7 6800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/165Hz
本体サイズ幅354.9×奥行き259.9×高さ22.69mm
重量約2.3kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 重たいゲームも快適にプレイできる
  • 筐体下部にLEDライティングが施されている
  • キー単位でRGB LEDが設定可能
  • WQHD対応ディスプレイを搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 4Kでプレイしたい人

ASUSのゲーミングブランド「ROG」シリーズの光るゲーミングノートPC。

AMDの最新CPU「Ryzen 7 6800H」とミドルクラスのグラボ「RTX 3060」を搭載しており、重いFF15ベンチでも、フルHD、高品質で9000程度のスコアを出せます。

LEDライティングがキー単位で設定できるゲーミングキーボードを搭載。光るだけではなく、Nキーロールオーバー機能も搭載しているので、キーの複数同時押しも可能です。

FPSゲームで多用するWASDがピンク色になったエレクトロパンクモデルもありますので、光るゲーミングノートPCに興味がある方はチェックしてみてください。

光らないゲーミングPCのおすすめモデル

ストーム PG-FH12

シンプルなデザインで部屋に馴染みやすいゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 静音性に優れたFractal Designのケースを採用
  • 黒一色で非常にシンプル
  • 目立たないデザイン
こんな人にはおすすめしない
  • 240fpsを狙いたい人

ストームの光らない静音ゲーミングPC。高い静音性と作りの良さで評判の高い、北欧のメーカー「Fractal Desing」のPCケースを採用しています。

オーソドックスなブラックだけではなく、ホワイトのケースを選択できるのもポイント。

搭載されているSSDが500GBと少なめなので、カスタマイズで1TBに増やすか、HDDを追加するのもおすすめです。

PCケースはPCパーツのなかでも長く流用できるので、自作に興味がある方もチェックしてみてください。

サイコム Premium-Line B660FD-Mini

サイコム Premium-Line B660FD-Mini

小型でおしゃれなPCケースを採用した光らないゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプキューブ
CPUCore i7-12700
グラボRTX 3060
メモリ16GB
SSD500GB
HDD– – –
サイズ幅166×奥行き325×高さ310mm
電源650W
おすすめする理由
  • インテリア性の高いモデル
  • 最新の第12世代CPUを搭載
  • 小型で省スペース
こんな人にはおすすめしない
  • 予算が20万円以下の人

サイコムの白いゲーミングPC。幅166mm、奥行き325mmとデスクの上にも乗せやすいコンパクトなモデルです。

小型のPCながら、CPUには「Core i7-12700K」、グラボには「RTX 3060」を搭載。メモリは16GBなのでゲーミングPCとしても十分な性能を持っています。

上品なホワイトシルバーのケースは、光るゲーミングPCとは違った魅力がありますので、デスク周りを白で統一して落ち着いた雰囲気にしたい方に特におすすめです。

サイコム Silent-Master NEO Z690/D5

サイコム Silent-Master NEO Z690/D5

徹底的に追求された静音性!シンプルなデザインの光らないゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUCore i5-12400
グラボRTX 3060
メモリ16GB
SSD500GB
HDD– – –
サイズ幅209×奥行き478×高さ470.5mm
電源650W
おすすめする理由
  • 本記事トップレベルで静かなゲーミングPC
  • 動画編集・配信もこなせる性能
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

「Core i5-12600K」を搭載したミドルクラスのゲーミングPC。

グラボには「RTX 3060」を採用しているので、VARORANTではフルHDなら、シーンにもよりますが最高画質でも約390fpsの高フレームレートが出せます。

静音性と冷却性能を両立している「Noctua」のファンを搭載しているのもポイントです。

Noctuaは光るファンはなく、見た目より性能を重視したメーカーなので、静音性の高いゲーミングPCが欲しい方におすすめします。

光るゲーミングPCパーツのおすすめ

簡易水冷CPUクーラー

Cooler Master MasterLiquid ML240L V2 ARGB

Cooler Master MasterLiquid ML240L V2 ARGB

台湾のPCパーツメーカー「Cooler Master」の光る簡易水冷CPUクーラー。

対応するマザーボードは必要ですが、光るファンにはアドレサブルRGBを採用しているので、RGB LEDよりも発光の自由度が高くなっています

工業用のゴムを採用することで、簡易水冷で問題になる液漏れを防ぐシーリングが強化されているのもポイントです。

ただ、第12世代のCoreシリーズに使用する場合は、リテンションキットが必要になるので付属しているか確認することをおすすめします。

白いモデルもありますので、気になった方はチェックしてみてください。

DEEPCOOL GAMMAXX L240 A-RGB WH

DEEPCOOL GAMMAXX L240 A-RGB WH

AS500など品質の高い空冷クーラーを販売し、評価が上がっている「DEEPCOOL」の簡易水冷CPUクーラー。

簡易水冷のCPUクーラーは、空冷クーラーに比べて価格が高くなりますが、GAMMAXXはコスパのいいモデルになっています。

アドレサブルRGBを搭載しており、ファンとウォーターブロックはイルミネーションを同期できるのもポイントです。

ハイエンドなCPUを冷やすためではなく、ゲーミングPCを手軽にドレスアップしたい方におすすめします。

メモリ

G.SKILL F4-3200C16D-16GTZR

G.SKILL F4-3200C16D-16GTZR

オーバークロックメモリの定番メーカー「G.SKILL」の光るDDR4メモリ。

ヒートスプレッダにRGB LEDを搭載しており、ASUS AURA SYNCと同期も可能なので、イルミネーションの調節も可能。

注意点として、光るメモリはXMP仕様のオーバークロックメモリになるので、安定動作させるために同一メーカーの同じ製品を使いましょう。

メモリを4枚搭載すると本来の速度が出ないケースもあるため、ドレスアップを重視する方以外は2枚での使用がおすすめです。

CORSAIR CMH16GX4M2E3200C16W

CORSAIR CMH16GX4M2E3200C16W

アメリカのPCパーツメーカー「CORSAIR」のRGB LEDを搭載した光るオーバクロックメモリです。

専用ソフトウェアのCORSAIR iCUEを使用すれば、ウェーブ、スパイラルなどイルミネーションの調整が可能

同じCORSAIRのゲーミングデバイスなら、RGBライティングを同期させることもできます。

本モデルはホワイトなので、白で統一したゲーミングPCを作りたい方におすすめです。

ファン

CoolerMaster SickleFlow 140 ARGB

CoolerMaster SickleFlow 140 ARGB

Cooler Masterの光る140mmケースファンです。

アドレサブルRGBを搭載しており、ASUS AURA SYNCなど各メーカーのソフトウェアにも対応。

回転数は650~1800rpmで、ファンブレードとフレームの改良により、静音性と冷却性能も向上しています。

光るだけではなく、静音性も確保しつつゲーミングPCのLEDライティングを楽しみたい方におすすめです。

InWin Sirius Extreme Pure ASE120P

InWin Sirius Extreme Pure ASE120P

InWinのアドレサブルRGB LEDを搭載した白いケースファン。ファンそのものが派手に光るのではなく、フレームがライン状に光るモデルです。

光る部分は少ないですが、存在感は十分あり、丸みがある四角形のデザインの影響もあって独特なライティングを楽しめます。

ゲーミングPCを光らせてみたいけど、派手に光るとゲームをプレイする時に気になるという方におすすめです。

ケーブル

Lian-Li Strimer Plus 24PIN V2

Lian-Li Strimer Plus 24PIN V2

サイコムのG-Masterにも採用されている、光る電源延長ケーブルです。

旧モデルよりもシャープになったことで、柔軟性が増しており、取り扱いが楽になっています。

専用ソフトの「L-CONNECT 3」でイルミネーションの制御が可能。また、各メーカーのLEDコントロールソフトにも対応しています。

マザーボード電源用だけではなく、グラボの補助電源用もあるのでケーブルにもこだわりたい方はチェックしてみてください。

XPG PRIME ARGB EXTENSION CABLE MB24pin

XPG PRIME ARGB EXTENSION CABLE MB24pin

主にメモリを販売しているADATAのゲーミングブランド「XPG」の光る電源延長ケーブルです。

ASUAやMSIなどのRGB LED制御ソフトに対応しているだけでなく、付属するコントローラーでの制御も可能。

アドレサブルRGBに対応していない環境でも、ライティングを楽しめます。

密度の高いオプティカルファイバーと、高純度の銅を採用しているのもポイントです。XPGの光るメモリと組み合わせて使いたいという方におすすめします。

PCケース

CORSAIR iCUE 4000X RGB

CORSAIR iCUE 4000X RGB

120mmのRGB LEDファンが、最大で6個搭載できるCORSAIRのミドルタワーケースです。

フロントに3個のRGB LEDファンが搭載されており、制御ソフトのCORSAIR iCUEでイルミネーションをカスタマイズ可能。

フロントとサイドパネルは強化ガラスを採用し、高級感がある見た目なのもポイントです。また、ホワイトのモデルもあります。

光るだけではなく品質の高い、長く使えるPCケースが欲しい方におすすめです。

Thermaltake Versa H26 White

Thermaltake Versa H26 White

アクリル製のクリアパネルを採用したコスパのいいミドルタワーケース。

フロント部には青く光るLEDファンを標準搭載しており、5インチベイを取り外せばケースファンを7個まで装着できます。

クリアパネルでゲーミングPC内部のLEDライティングを楽しめるだけではなく、最大で310mmのグラボも搭載できるので、拡張性も高いです。

安価ながら、しっかりとした品質で定番になっているPCケースなので、コスパよくゲーミングPCを光らせたい方におすすめします。

光るゲーミングPCのよくある質問

ゲーミングPCが光る意味とは?

光るパーツが流行り始めたのは2000年代後半からとされていますが、はっきりとした理由は分かっていません。

現在ではSNS映えや配信映えを狙って、魅せる目的でゲーミングPCを光らせているケースが多くみられます。

性能に変わりはないので、ゲーミングPCを光らせるのはあくまでロマン。鮮やかなライティングを求める場合は、マイニングベースのモデルがおすすめです。

光るゲーミングPCの電気代は?

光らせないよりは高くなりますが、LEDの消費電力は低いため、気にするほどではありません

しかし、電気代はやや上がるのでLEDライティングを楽しむか、消費電力を少しでも減らすかは好みによります。

光るゲーミングPCは何色がおすすめ?

光るゲーミングPCのイメージとして定番なのは虹色です。

ほかのゲーミングデバイスと同期させれば、いかにもゲーム部屋らしく演出できます。

白いゲーミングPCなら、水色や青のLEDを使えば落ち着いた雰囲気に、Razerのゲーミングデバイスで統一するなら緑がおすすめです。

ゲーミングPCの光を消す設定は?

ほとんどのメーカーではLEDライティングの制御ソフトを配布しているので、オンオフが可能です。

また、RGB LEDファンやPCケースにはコントローラーが付属する場合もあります。

ASUSなどの大手なら、LEDが消せなくて困ることはまずありません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次