【セール中】パソコン工房のおすすめゲーミングPC一覧

【2万円台の性能は?】GTX 1660レビュー|低価格ながらも60fpsを狙えるグラフィックボード

GTX 1660 レビュー。最安価格は2万円台

2万円台と、グラフィックボードの中では低価格な位置づけのGTX 1660

その安さゆえ、

  • 自分のプレイしたいゲームで60fps以上出せるのか?
  • 他のグラボとの差はどれぐらいあるのか?

が気になるところ。

今回は上記2点に焦点を当てつつ、10個のゲームをプレイした際のfps値と、各メーカーの価格推移をまとめました。

グラボの【性能比較表】を読みたい方はこちらから

スポンサーリンク

目次

GTX 1660の性能|各ゲームプレイ時のFPSをチェック

GTX 1660を使用した際のfps値をグラフでまとめました。

下記リストから、好きなゲームのところまで読み飛ばせます。

fps値はgpucheckから
CPUはCore i9-9900K

つかさ

追加してほしいゲーム・グラボがありましたら、お気軽にコメント欄へ!

Apex Legends

GTX 1660を使用した際のApex Legendsのfps

Apex Legendsプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 121.0 fps

GTX 1070 Ti
  • 111.9 fps

GTX 1070
  • 104.9 fps

GTX 1660 Ti
  • 103.5 fps

GTX 1660 SUPER
  • 96.8 fps

GTX 1660
  • 91.1 fps

GTX 1650 SUPER
  • 75.1 fps

GTX 1650
  • 52.5 fps

GTX 1650 SUPERと大差をつけており、安定して60fpsを狙える性能です。

次点のGTX 1650 SUPERでも十分遊べますが、常時60fpsを目指すならGTX 1660以上が良いです。

評価
  • Ultra:(4.0)
  • High:(4.5)
  • 総合評価:(4.0)

Fortnite(フォートナイト)

GTX 1660を使用した際のFortniteのfps

Fortniteプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 112.8 fps

GTX 1070 Ti
  • 108.7 fps

GTX 1070
  • 102.3 fps

GTX 1660 Ti
  • 100.6 fps

GTX 1660 SUPER
  • 94.8 fps

GTX 1660
  • 88.6 fps

GTX 1650 SUPER
  • 75.1 fps

GTX 1650
  • 55.0 fps

GTX 1650 SUPERよりも18%ほど性能が上です。

Apex同様、60fps以上維持したいならGTX 1660以上のグラボがおすすめ。

評価
  • Ultra:(4.0)
  • High:(4.0)
  • 総合評価:(4.0)

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)

GTX 1660を使用した際のPlayerUnknown’s Battlegroundsのfps

PlayerUnknown’s Battlegroundsプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 93.4 fps

GTX 1070 Ti
  • 88.0 fps

GTX 1070
  • 84.7 fps

GTX 1660 Ti
  • 81.5 fps

GTX 1660 SUPER
  • 76.7 fps

GTX 1660
  • 71.7 fps

GTX 1650 SUPER
  • 59.3 fps

GTX 1650
  • 40.2 fps

GTX 1650 SUPERとの性能差は21%ほど。

そこそこ性能差があるのと、平均60fpsを切ってしまっているという点を見ると、快適なプレイを目指すのであればGTX 1660以上が良いです。

評価
  • Ultra:(3.5)
  • High:(4.0)
  • 総合評価:(3.5)

Rainbow Six Siege(レインボーシックスシージ)

GTX 1660を使用した際のRainbow Six Siegeのfps

Rainbow Six Siegeプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 217.0 fps

GTX 1070 Ti
  • 217.5 fps

GTX 1070
  • 206.6 fps

GTX 1660 Ti
  • 203.4 fps

GTX 1660 SUPER
  • 195.7 fps

GTX 1660
  • 188.6 fps

GTX 1650 SUPER
  • 162.1 fps

GTX 1650
  • 120.0 fps

Rainbow six siegeでは平均188.6fpsと、高フレームレートを維持できています。

GTX 1650 SUPERのfps値を見ると『あまり変わらないならそっちの方が良いかも』と思いがちですが、他のゲームをプレイすることも念頭に置いて選びましょう。

特に問題無ければ、価格が安いGTX 1650 SUPERを選んでOK。

評価
  • Ultra:(5.0)
  • High:(5.0)
  • 総合評価:(5.0)

Call Of Duty Modern Warfare(CoD MW)

GTX 1660を使用した際のCall Of Duty Modern Warfareのfps

Call Of Duty Modern Warfareプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 127.6 fps

GTX 1070 Ti
  • 127.9 fps

GTX 1070
  • 121.5 fps

GTX 1660 Ti
  • 119.6 fps

GTX 1660 SUPER
  • 115.0 fps

GTX 1660
  • 111.0 fps

GTX 1650 SUPER
  • 95.3 fps

GTX 1650
  • 70.6 fps

CoD:MWでは平均111fpsと、高フレームレートを維持できています。

Ultraでも快適にプレイしたい方におすすめ。

評価
  • Ultra:(4.5)
  • High:(5.0)
  • 総合評価:(5.0)

Overwatch(オーバーウォッチ)

GTX 1660を使用した際のOverwatchのfps

Overwatchプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 175.0 fps

GTX 1070 Ti
  • 168.9 fps

GTX 1070
  • 158.7 fps

GTX 1660 Ti
  • 156.3 fps

GTX 1660 SUPER
  • 147.3 fps

GTX 1660
  • 137.6 fps

GTX 1650 SUPER
  • 117.6 fps

GTX 1650
  • 85.4 fps

比較的軽いゲームのOverwatchでは、平均137.6fpsと十分すぎる値に。

Ultraでも安心してプレイできます。

評価
  • Ultra:(4.5)
  • High:(5.0)
  • 総合評価:(4.5)

Battlefield V(BF5)

GTX 1660を使用した際のBattlefield Vのfps

Battlefield Vプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 115.6 fps

GTX 1070 Ti
  • 115.0 fps

GTX 1070
  • 104.9 fps

GTX 1660 Ti
  • 106.4 fps

GTX 1660 SUPER
  • 99.9 fps

GTX 1660
  • 93.6 fps

GTX 1650 SUPER
  • 83.7 fps

GTX 1650
  • 65.9 fps

少し重めのBFVでは平均93.6fpsという良い結果に。

GTX 1650 SUPERとの性能差は12%です。性能的に、安い方がほしければそちらを選んでも問題ないでしょう。]

評価
  • Ultra:(3.5)
  • High:(4.5)
  • 総合評価:(4.0)

MonsterHunter: World(モンハンワールド)

GTX 1660を使用した際のMonsterHunter: Worldのfps

MonsterHunter: Worldプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 95.4 fps

GTX 1070 Ti
  • 89.6 fps

GTX 1070
  • 85.1 fps

GTX 1660 Ti
  • 82.9 fps

GTX 1660 SUPER
  • 77.7 fps

GTX 1660
  • 72.9 fps

GTX 1650 SUPER
  • 64.6 fps

GTX 1650
  • 50.0 fps

重いゲームのMHWでは、最高画質でも60fps以上確保できており、カクつくことなくプレイできます。

ワンランク画質を下げると120fpsも出るので、お好みで設定しましょう。]

評価
  • Ultra:(3.5)
  • High:(4.0)
  • 総合評価:(3.5)

FINAL FANTASY XV(FF15)

GTX 1660を使用した際のFINAL FANTASY XVのfps

FINAL FANTASY XVプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 92.3 fps

GTX 1070 Ti
  • 92.2 fps

GTX 1070
  • 83.7 fps

GTX 1660 Ti
  • 85.3 fps

GTX 1660 SUPER
  • 79.7 fps

GTX 1660
  • 75.0 fps

GTX 1650 SUPER
  • 66.8 fps

GTX 1650
  • 52.5 fps

FFXVもモンハンと同様重たいゲームですが、平均75fpsとかなり快適な数値。

WQHDや4Kでプレイするにはパワー不足ですが、FullHDであれば問題なくプレイできます。]

評価
  • Ultra:(3.5)
  • High:(4.0)
  • 総合評価:(3.5)

Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オート5)

GTX 1660を使用した際のGrand Theft Auto Vのfps

Grand Theft Auto Vプレイ時のfps(画質設定:Highはクリックで表示)

解像度:1920×1080(FHD)

画質:Ultra
RTX 2060
  • 108.2 fps

GTX 1070 Ti
  • 103.7 fps

GTX 1070
  • 98.2 fps

GTX 1660 Ti
  • 95.9 fps

GTX 1660 SUPER
  • 89.8 fps

GTX 1660
  • 84.4 fps

GTX 1650 SUPER
  • 68.9 fps

GTX 1650
  • 47.6 fps

GTX 1650 SUPERとの性能差は22%と、かなり差が開いた結果に。

こうなると快適度も結構変わってくるので、もし予算が許すのであればできる限りGTX 1660を選んだ方が良さそうです。

評価
  • Ultra:(3.5)
  • High:(4.0)
  • 総合評価:(3.5)

GTX 1660の各メーカー毎の価格推移|最安値はどれ?

5月1日時点の全体的な平均価格は26,865円で、最安値は玄人志向の『GTX 1660 GALAKURO GAMINGシリーズ GG-GTX1660-E6GB/DF

保証期間も3年と他メーカーと比べかなり長いので、細かい性能差が気にならなければおすすめ。

読み飛ばしリスト

ASUS

ASUS NVIDIA GTX 1660 搭載 デュアルファンモデル 6G TUF-GTX-1660-O6G-GAMINGの価格推移

横スクロールできます

ASUS GTX 1660 6G TUF-GTX-1660-O6G-GAMINGのスペック
メーカー 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(W × D × H)
ASUS 1年 1530 MHz 1815 MHz 450 W 8-pin x 1
  • DisplayPort × 1 (DisplayPort 1.4)
  • HDMI × 1 (HDMI 2.0b)
  • DVI(DVI-D×1)
205 mm × 123 mm × 46 mm

ASUSの『GTX 1660 6G TUF-GTX-1660-O6G-GAMING

5月現在、平均価格の29,380円からは3,000円安くなっており、メーカー全体的な平均から見ても安い部類に入るためお買い得。

インターフェースはDP・HDMI・DVI各種1つあるので、モニターの種類を選ばないのもポイントが高いです。

MSI

MSI GeForce GTX 1660 GAMING X 6G グラフィックスボード VD6908の価格推移

横スクロールできます

MSI GTX 1660 GAMING X 6G VD6908のスペック
メーカー 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(W × D × H)
MSI 1年 1860 MHz 130 W 450 W 8-pin x 1
  • DisplayPort x 3 (v1.4)
  • HDMI 2.0b x 1
247 mm × 127 mm × 46 mm

MSIの『GTX 1660 GAMING X 6G VD6908

ゲーミング仕様のため割高ですが、その分オーバークロックの数値は高め。

DP接続に困らない仕様(DP×3)なのも、高フレームレートを狙うゲーマーにとっては嬉しいところ。

3月は品切れとなったためデータがありませんが、執筆次点では在庫復活しています。

欲しい方はお早めに。

玄人志向

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1660 搭載 グラフィックボード 6GB デュアルファン GALAKURO GAMINGシリーズ GG-GTX1660-E6GB/DFの価格推移

横スクロールできます

玄人志向 GTX 1660 GALAKURO GAMINGシリーズ GG-GTX1660-E6GB/DFのスペック
メーカー 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(W × D × H)
玄人志向 3年 1800 MHz 6-pin x 1
  • DisplayPort x 1
  • DVI-D x 1
225 mm × 119 mm × 39 mm

玄人志向の『GTX 1660 GALAKURO GAMING GG-GTX1660-E6GB/DF

例のごとく、各メーカー最安値を更新しています。

インターフェースがDP×1・DVD-D×1と少な目なのが痛いですが、最安値&保証3年というメリットに掻き消される程度のデメリットだと思います。

補助電源が他メーカーと違い6pin×1である点に注意。

ZOTAC

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 グラフィックスボード VD6918 ZTGTX1660-6GBの価格推移

横スクロールできます

ZOTAC GAMING GTX 1660 VD6918 ZTGTX1660-6GBのスペック
メーカー 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(L x W x H)
ZOTAC 1年 1785MHz 120 W 8-pin x 1
  • DisplayPort 1.4 × 3
  • HDMI 2.0b × 1
173.4 mm × 111.15 mm × 35.3 mm

ZOTACの『GTX 1660 VD6918 ZTGTX1660-6GB

玄人志向とは1,000円程度しか価格が変わらないという安さ。

デメリットはブーストクロックが他メーカーと比べ低い点ぐらいで、

  • インターフェースが豊富
  • コンパクトサイズ

なのがかなり魅力的なグラボです。

GIGABYTE

GIGABYTE NVIDIA GeForce GTX1660搭載グラフィックボード GDDR5 6GB 【国内正規代理店品】 GV-N1660GAMING OC-6GDの価格推移

横スクロールできます

GIGABYTE GTX1660 GV-N1660GAMING OC-6GDのスペック
メーカー 保証期間 コアクロック ブーストクロック TDP 推奨電力 補助電源 インターフェース サイズ(L x W x H)
GIGABYTE 1年 1860 MHz 450 W 8-pin x 1
  • DisplayPort 1.4 x 3
  • HDMI 2.0b x 1
280 mm × 116 mm × 40 mm

GIGABYTEの『GTX1660 GV-N1660GAMING OC-6GD

同メーカーの中では最安値を更新中です。

ちょっとサイズがデカめですが、ブーストクロックはMSIに並ぶ高さ。

最安値更新中とはいえ、在庫不足の波が押し寄せているため、今後値上がりする可能性が高いです。

GIGABYTE好きな方は今ポチるのが良さそう。

GTX 1660を使った実際のプレイ動画

GTX 1660を実際に使用した検証動画です。

GTX 1660の口コミ・評判

GTX 1660の口コミ・評判をまとめました。

性能に関して、ゲームが快適にプレイできるという声が多かったですが、それもある程度まで。

3番目のツイートにあるように、ゲームによりますがGTX 1660では144fps以上出すのは厳しいので、RTXシリーズ(特にRTX 2060 SUPER)をおすすめします。

GTX 1660のメリット・デメリットまとめ

デメリット
メリット
  • 4Kでのプレイは厳しい
  • ゲームによるが、144fpsなどの高フレームレートは狙えない
  • 低価格(2万円台)
  • 60fps以上を安定して狙える

GTX 1660は、ほとんどのFPSゲーで60fps以上を叩き出せるグラボです。

価格も2万円台で購入できるので、予算を抑えつつある程度満足してゲームがプレイできれば良いという方にぴったり。

ただし、4KでのプレイやUltra設定で144fps以上出せる環境を求めている場合は、力不足であると言わざるを得ません。

そういった場合は、RTXシリーズに手を出すことをおすすめします。

Amazonギフト券 1000円貰えるキャンペーン
  • チャージは5,000円ちょうどでもOK
  • おトクにポイントゲット!
  • クレカを使わずに買い物できます

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる