2022年10月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【2022年】ゲーミングPCのサブスクおすすめ5選|審査なしでレンタルできるサービスはどれ?

Vtuberやゲーム配信者、eスポーツの盛り上がりの影響でPCゲームの人口が増えており、年々PCゲーム市場は拡大しています。

しかし、ゲーミングPCはミドルスペックでも20万円程度と意外に高く、お試しで買うにはかなり高額。

そこで便利なのが、Netflixなどと同じ支払形態であるゲーミングPCのサブスク

本記事では、ゲーミングPCのサブスクやレンタルの違いやおすすめサービスについて詳しく解説していきます。

ゲーミングPCの分割払いについて気になる方は、下記の記事もチェックしてみてください。

目次

ゲーミングPCのサブスクとは?

ゲーミングPCのサブスクとは?

ゲーミングPCのサブスクとは、一定期間、定額でゲーミングPCを借りることができるサービスのこと。

サブスクとはサブスクリプションの略で、定期購読、継続購読という意味です。

ゲーミングPCのサブスクの場合は、1~3年間ほどの長期契約でゲーミングPCの貸し出すという内容になっています。サービスによっては、ゲーミングマウスなどの周辺機器も貸してくれます。

似たようなサービスに、ゲーミングPCの短期間の貸し出し用途をメインとしたレンタルサービスもあります。

ゲーミングPCのサブスクやレンタルは、お試しでゲーミングPCを使ってみたい人や、今すぐゲーミングPCが欲しいけどお金が足りない人におすすめのサービスとなっています。

ゲーミングPCのサブスクとレンタルの違い

ゲーミングPCのサブスクとレンタルの違い

ゲーミングPCのサブスクとレンタルサービスの大きな違いは、契約期間の長さです。

ゲーミングPCのサブスクの契約期間は1年以上の長期的な利用が前提のサービスとなっています。

それに対してレンタルサービスの契約期間は、数日から数週間と短期的な場合が多いです。

当然長期間レンタルをすると割高になるので、長期的にゲーミングPCを使いたい人はサブスク、短期的にゲーミングPCを試してみたい人はレンタルがおすすめ。

また、レンタルで借りられるゲーミングPCは中古品や型落ち品が多く、それに対してサブスクは新品、現行モデルを貸し出してくれます。

スペックにこだわりがある人は注意しましょう。

ゲーミングPCのサブスクのメリット

ゲーミングPCのサブスクのメリット

一括払いよりも月々の支払額が抑えられる

ゲーミングPCのサブスクのメリットは、一括払いに比べて一度の支出を抑えられることです。

ゲーミングPCは20~30万円と高額なことが多く、欲しいと思ってから今すぐに購入できるものではありません。

サブスクの月々の支払いは6,500円から高くても2万円程度でいいため、欲しいと思ったときすぐにサービス契約を検討することができます。

今流行りのゲームをプレイしたいけどゲーミングPCを一括で購入する資金がないといった人には特におすすめ。

筆者は10年以上PCゲームをプレイしていますが、やはり流行っているときにすぐそのゲームを遊ぶほうが絶対にいいです。

流行りの過ぎたゲームはマッチングが遅い、ゲーム内マーケットの出品が少ない、友達を作りにくいといったデメリットが多くなっていきます。

周辺機器も借りられる

ゲーミングPCのサブスクは、ゲーミングマウスやキーボードなどの周辺機器を一緒に借りられるサービスもあります。

スグゲーの場合はオプションセットとしてマウス、キーボードに加えてゲーミングヘッドセットも付いてきます。

契約終了時にマウスなどの周辺機器は返却不要で自分のモノにできるのも嬉しいポイント。

ゲーミングPCのレンタルサービスでは別途周辺機器も借りなければいけないため、コスパ面ではサブスクのほうがよいです。

契約終了後に返却すれば総額が安い

利用するゲーミングPCのサブスクサービスによっては、契約終了時にゲーミングPCを返却すると支払総額が安くなります

LenovoのゲーミングPCサブスクサービス、「スグゲー」では残価設定型プランを採用しています。

残価とは、借りたゲーミングPCの数年先の価値を表したものです。

あらかじめ決められた残価を本体価格から引いた金額が月々に支払う料金となるため、一括払いに比べて支払額は安くなります。

支払いの最終回にゲーミングPCを返却すると残価の支払いは不要。残価を支払えば使っていたゲーミングPCをそのまま継続利用することもできます。

ゲーミングPCのサブスクのデメリット

ゲーミングPCのサブスクのデメリット

返却の手間がかかる

ゲーミングPCのサブスクの一番のデメリットは、契約終了時に返却の手間がかかる点です。

借りていたゲーミングPCを返却をする場合、サブスク先に返却、ゲーミングPCの状態の確認、その後契約終了または新規プランの契約などの手間が発生します。

普通にゲーミングPCを購入すると当然ですが買い切りで、それ以降の契約などに関する手間がないため、煩わしい事が苦手な人にはあまりおすすめできません。

壊したら買取になる

サブスクで借りたゲーミングPCを故障させると、買取や有償修理が必要になる場合があります。

ユーザーに責任のない自然故障の場合は保証サービスがありますが、落下による破損など過失による故障は保証対象外となります。

Breajonサービスでは、過失による故障にも対応している「安心パック」があるため、不安な方は加入をおすすめします。

また、契約の規約についても注意が必要です。

サブスクサービスによってはゲーミングPCのケースを開ける行為自体が禁止されている場合もあります。

掃除の際に封緘シールをはがしケースを開けてしまうと、万が一故障した際に保証対象外となるため注意しましょう。

スペックの選択肢が少ない

サブスクで借りられるゲーミングPCはスペックの選択肢が少ないことが多いです。

メーカーが販売している既存のモデルのみが選択可能で、パーツのカスタマイズなどに対応してないサービスもあります。

HDDなどのストレージの増設すらできないため、自分で外付けHDDなどを購入して対応する必要あり。

自分が欲しいと思うゲーミングPC自体がないこともあります。

例えばVtuberや配信者とのコラボPCを欲しいなど、特定メーカーの特定のモデルが欲しいといった場合はゲーミングPCのサブスクは向いていません。

ゲーミングPCのサブスク・レンタルサービス比較表

サービス名タイプ料金解約料送料
スグゲーサブスク6500円~/月解約不可無料
BREAJONサブスク4950円~/月なし無料
DMMいろいろレンタルレンタル10000円/7日なし無料
モノカリ!レンタル9400円/4日なし無料
APEX RENTALSレンタル10800円/3日なし無料

評判が高いゲーミングPCのサブスク・レンタルのおすすめ

Lenovo スグゲー

Lenovo スグゲー

Lenovoのスグゲーはサブスクサービスで、モニターとゲーミングマウス、キーボード、ゲーミングヘッドセットといった周辺機器が付いてくるのが大きなメリットです。

残価設定型プランのため支払額も安く、契約最終月にはゲーミングPCの返却や買取を選べます。

サポートも非常に手厚く24時間365日対応。ただし、契約にはローン審査が必要なため、学生や未成年は契約できない可能性があります。

ローン審査をしたくない人は、次に紹介するBREAJONを選びましょう。

BREAJON

BREAJON

BREAJONはサブスクサービスで、オーダーメイドに対応しているのが一番のメリットです。

パーツの交換やPCケースのLEDの色の変更などに対応してくれます。契約の際、ローン審査は不要

契約3か月目以降であれば解約金なしでいつでも解約可能となっており、お試し用途や半年間仕事でハイスペックなPCが必要といった人におすすめです。

契約終了後にゲーミングPCを返却するとBREAJONの最新モデルを4割引きで購入できるといった大きなメリットもあります。

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルはECサイト大手のDMMが運営する総合レンタルサービスです。

RazerやAlienwareのゲーミングノートPCがレンタルできますが、残念ながらデスクトップPCの取り扱いはありません。

DMMいろいろレンタルは総合レンタルサービスなのでオフィスチェアなどの家具もレンタルできます。

仕事や出張先などの短期間でPCゲームをプレイしたり、RazerのゲーミングノートPCを試してみたいといった人におすすめです。

モノカリ!

モノカリ!

モノカリ!はカメラや生活家電などをレンタルできるサービスです。ガレリアやASUSのゲーミングノートPCがレンタルできます。

モノカリでレンタルできるゲーミングPCには全てマイクロソフトのオフィスソフトがインストールされているため、レポートなどを作成する大学生などにもおすすめ。

ゲーム用途だけでなく仕事用途でも使いたい人におすすめ。しかし、ゲーミングノートPCのみの取り扱いで、デスクトップPCは取り扱っていません。

APEX RENTALS

APEX RENTALS

APEX RENTALSはカメラ関連製品のレンタルを主に行うサービスです。

パソコンも幅広く取り扱っており、カメラと一緒にパソコンをレンタルしたい人におすすめです。

APEX RENTALSではALIENWAREのゲーミングノートPCに加えてデスクトップPCも取り扱っています

Macも取り扱っているため、Macを一度試してみたかったなんて人は一緒に借りてみてはどうでしょうか。

ゲーミングPCはサブスクで買うのと普通に買うのどっちがいい?

ゲーミングPCは基本的には一括または分割で普通に購入することをおすすめします。

ドスパラでゲーミングPCを購入する際、48回払いまでは分割手数料がかかりません。ゲーミングPCのサブスクは選択肢がとにかく少ないです。

しかし、パーツの増設やカスタマイズを行うと保証の対象外になってしまいます。

契約中はあくまでサービスとしてゲーミングPCを借りている、自分のモノになったわけではないことも忘れてはいけません。

少しでも月々の支払額を抑えつつ周辺機器もまとめて借りたい人や、仕事で借りる期間があらかじめ決まっているといった人にはゲーミングPCのサブスクは非常にお得なサービスとなります。

たぶーら

ぶっちゃけ、サブスクやレンタルより分割で買ったほうが絶対いいです

サブスクよりもお得に買えるゲーミングPC|デスクトップPC

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

初めてのゲーミングPCならこの1台!

おすすめ度:3.5

タイプミニタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia GTX 1660 SUPER
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源550W
OSWindows
おすすめする理由
  • 低価格で購入できる初心者向けモデル
  • 人気タイトルを快適にプレイできるスペック
こんな人にはおすすめしない
  • 配信を快適に行いたい人

分割払い12か月の場合月額12000円、24か月の場合月額6000円で購入できるゲーミングPC。

Intel最新12世代のミドルスペックCPU「Core i5-12400」にミドルスペックのグラボ「GTX 1660 SUPER」を搭載した低価格でコスパのいいモデルです。

Apex Ledendsやフォートナイトといった人気ゲームを100~120fps以上でプレイ可能。

PS4やSwitchからPCゲームに移行したいといった人におすすめの低予算で買えるゲーミングPCとなっています。

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

ほとんどのゲームをカクつかずにプレイできるゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 低画質であれば180~200fps狙える性能
  • 静音性に優れたモデル
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質でプレイしたい人

分割払い12か月の場合月額15000円、24か月の場合月額7700円で購入できるゲーミングPC。

Intel最新12世代のミドルスペックCPU「Core i5-12400」にミドルハイスペックのグラボ「RTX 3060 ti」を搭載しています。

常時144HzでFPSゲームをプレイしたい人におすすめで、動画編集や配信にも向いています。

ドスパラ ガレリア UA9C-R39

ドスパラ ガレリア UA9C-R39

性能重視なら間違いなくコレ

おすすめ度:5

タイプフルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-12900K
グラフィックチップNvidia RTX 3090
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量2TB
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • 平均240fpsを狙える性能
  • 4K画質でも快適
  • 配信・動画編集などさまざまな作業をサクサク行える
こんな人にはおすすめしない
  • 予算を抑えたい人

分割払い12か月の場合月額12000円、24か月の場合月額6000円で購入できるゲーミングPC。

intel最新12世代の最強CPU「core i9-12900K」に超ハイスペックグラボ「RTX 3090 24GB」を搭載した最強スペックモデルです。

Apex Ledendsを平均240fps出せるスペックがあり、重いゲームの代表格であるMicrosoft Flight Simulatorも平均90fpsで遊べます。

FPSゲームで他人に負けたくない人、スペックに妥協したくない人、配信をしながら144Hzモニターでゲームをプレイしたい人におすすめです。

サブスクよりもお得に買えるゲーミングPC|ゲーミングノートPC

ドスパラ ガレリア RL5C-G50

ドスパラ ガレリア RL5C-G50

安いゲーミングノートPCを探しているならコレ

おすすめ度:3

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-11400H
GPUNvidia GTX 1650
メモリ容量16GB
SSD容量512GB
画面サイズとHz15.6インチ/120Hz
本体サイズ幅360×奥行き244×高さ20mm
重量約2.0kg
OSWindows
おすすめする理由
  • ゲーミングPCとしては非常に安い
  • 初心者向けスペック
こんな人にはおすすめしない
  • 高fpsでプレイしたい人

分割払い12か月の場合月額10200円、24か月の場合月額5100円で購入できるゲーミングPC。

Intel第11世代のミドルスペックCPU「Core i5-11400H」にエントリークラスのグラボ「GTX 1650 4GB」を搭載した低価格でコスパのいいゲーミングPCです。

低価格ながら、ディスプレイはリフレッシュレート120Hzに対応しているのが特徴。重量は約2kgと、外出先や室内での持ち運びも苦になりません

ゲーミングノートPC入門におすすめのモデルとなっています。

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

コスパ重視のスタイリッシュなゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-11800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/240Hz
本体サイズ幅356×奥行き234×高さ21.6mm
重量約1.96kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 軽量小型で持ち運びやすい
  • 低価格ながら高性能
  • 普段使いにぴったりなデザイン
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

分割払い12か月の場合月額16000円、24か月の場合月額8300円で購入できるゲーミングPC。

Intel第11世代のハイスペックCPU「core i7-11800H」にミドルスペックのグラボ「RTX 3060 6GB」を搭載した低価格でコスパのいいゲーミングPCです。

リフレッシュレート240Hz対応、4.5mmの極細ベゼルを採用したディスプレイはゲームの没入感を高めてくれること間違いなし。

マグネシウム合金を採用したシャーシ、最薄部は21.4mmと外出先でも環境に溶け込んでくれるスタイリッシュなデザインです。

ゲーミングPCのサブスクでよくある質問

サブスクは審査なしで通る?

ゲーミングPCのサブスクは審査ありと審査なしのどちらのサービスも存在します。

本記事で紹介したサービスでは、Lenovoのスグゲーは審査あり、BREAJONは審査なしとなっています。

レンタルサービスは審査は必要ありません。

途中で解約できる?

Lenovoのスグゲーは途中で解約ができません

BREAJONはいつでも解約できますが、契約後3か月以内の場合は3か月分の月額料金を支払う必要があります。

解約の際は日割り計算はされないため月終わりに解約するとお得です。

サブスクで借りたPCでマイニングしても大丈夫?

Lenovoのスグゲーの規約によるとマイニングは禁止されていません。

しかし、サブスクで貸し出されているゲーミングPCのグラボはスペックがあまり高くなく、現在の電気代の高騰も考えると日本でマイニングを行っても利益は見込めません。

買取になる場合ってどんな理由?

過失による故障やサービスの規約違反を行うと買取や有償修理の対象となります。

BREAJONであれば落下など過失のある故障の際やパーツの交換などによる故障は保証対象外、パーツの自然故障の際は保証対象内となっています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次