2022年11月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

【超簡単】ゲーミングPCを買ったらやることと初期設定まとめ。Windows11の手順も

ゲーミングPCに限らず、パソコンを使う前には初期設定が必要です。

ゲーミングPC本来のパフォーマンスを引き出し、快適なゲームプレイを楽しむには初期設定が欠かせないものですが、項目が多すぎて何から手をつければ良いか迷ってしまうことも。

この記事では「最低限これだけ設定すれば大丈夫」というレベルまで、項目を絞り込みました。

初めてのゲーミングPCで初期設定ができるのか不安だ、できるだけ楽に初期設定を済ませたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

2022年11月最新のゲーミングPCおすすめランキング
順位 1位 2位 3位
モデル RM5C-R36TRM5C-R36T RM5C-G60SRM5C-G60S UA9C-R49UA9C-R49
価格 189,979円(税込) 159,980円(税込) 699,980円(税込)
CPU Core i5-12400 Core i5-12400 Core i9-13900K
GPU RTX 3060 Ti GTX 1660 SUPER RTX 4090
目安fps/画質 ~180fps/フルHD ~144fps/フルHD 240fps~/フルHD~4K
公式ページ 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
目次

ゲーミングPCが届いたらやるべき初期設定

ここからはゲーミングPCが届いたらやるべき初期設定について解説していきます。

気になる項目がある場合、下記の読み飛ばしリストでジャンプできます。

Windows11の初期設定

透明効果を消す

Windowsにはウィンドウに影を付けたり、重なった部分を透かすように表示する機能がデフォルトでついています。

これをオフに設定して、パソコンのリソースを節約しましょう。

STEP
個人用設定を開く

デスクトップ上で右クリックして、一番下の「個人用設定」をクリック。

ゲーミングPC初期設定①透明降下を消す-個人用設定を開く
STEP
透明効果をオフにする

開いた画面の左の「色」を選択すると、透明効果を切り替える項目があります。

初期設定では「オン」になっているはずなので、これを「オフ」に変更しましょう。

ゲーミングPC初期設定②色を選択し、透明効果をオフにする

はっきり目に見えて効果が出るシーンはあまり多くありませんが、可能な限りリソースを節約するのはとても大切です。

どうしても透明効果が必要だというシーン以外は、オフに設定しておくのをおすすめします。

プライバシーへのアクセスをオフにする

Windowsのパソコンには、個人情報をMicrosoftに送信する機能がデフォルトで備わっています。

これらの情報は、よりニーズに合った機能を提供するために使われるものとされていますが、特に必要がなければオフにしておいても問題ありません。

STEP
設定画面を開く

画面左下にあるWindowsマークをクリックし、設定画面を開きます。

ゲーミングPC初期設定③設定画面を開く
STEP
設定からプライバシーを開く

設定画面からプライバシーを選択します。

ゲーミングPC初期設定④設定からプライバシーを開く
STEP
プライバシー設定をオフにする

画面の左にある「Windowsのアクセス許可」と「アプリのアクセス許可」を変更していきます。

ゲーミングPC初期設定⑤プライバシー設定をオフにする

特にプライバシーと関係がある「通話履歴」の項までは、すべてオフにしておいて良いでしょう。

ただしビデオチャットを行う予定がある場合、カメラとマイクをオンにしておく必要があります。

必要に応じてカメラとマイクへアクセスできるアプリを選択すれば、より安全です。

バックグラウンドアプリをオフにする

パソコンの内部ではバックグラウンドアプリが大量に動いています。

ゲーミングPCは出荷時からインストールされているアプリは比較的少ないほうですが、必要ないものは最初にオフにしておきましょう。

メモリやCPUの使用率を下げる効果が期待できます。

オフにしても通知や更新がストップするだけなので、アプリそのものが使えなくなるわけではありません。

STEP
設定画面からプライバシーを開く

画面左下にあるWindowsマークから設定画面を開き、続けてプライバシーを開きます。

ゲーミングPC初期設定⑥プライバシーを開く
STEP
バックグラウンドアプリをオフにする

「設定」のトップ画面から「プライバシー」→「アプリのアクセス許可」→「バックグラウンドアプリ」を選択。

アプリのバックグラウンド実行はオンのままにして、実行するアプリを個々に選択します。

ゲーミングPC初期設定⑦バックグラウンドアプリをオフにする

日頃よく使っているアプリやWindowsセキュリティ、設定以外は、ほとんどオフにしてしまって良いでしょう。

ゲーミングモニターのリフレッシュレートを変える

モニターの最大リフレッシュレートはパソコン側で制御されています。

この設定がモニターに対応していないと、せっかく良いゲーミングモニターを買っても、充分にパフォーマンスを発揮できません。ゲーミングPCを購入したら、必ず確認しておきましょう。

STEP
ディスプレイの詳細設定を開く

ホーム画面の「設定」→「システム」「ディスプレイ」から「ディスプレイの詳細設定」を選択します。

ゲーミングPC初期設定⑧ディスプレイの詳細設定を開く
STEP
ディスプレイのプロパティを開く

詳細設定から「ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します」をクリックします。

ゲーミングPC初期設定⑨ディスプレイのプロパティを開く
STEP
モニターが何Hzになっているか設定を確認する

リフレッシュレートを設定する画面が開くので、選択できる最大の数値を選びましょう。

ゲーミングPC初期設定⑩モニターのHzを変える

ゲーミングモニターの場合60Hz~240Hzが一般的です。

モニターを買い替えたりケーブルを差し替えた時も、念のため設定を見直すことをおすすめします。

グラボの初期設定

ゲーム内の動画をなめらかに描画するグラフィックボードは、ゲームごとに設定する部分も多いですが基本的な部分は最初に設定しておくのがベストです。

ここではNVIDIA Geforceを例にとって解説します。

STEP
NVIDIA コントロールパネルを開く

デスクトップの何もないところで右クリックして「NVIDIA コントロールパネル」を選択。

ゲーミングPC初期設定⑪Nvidia コントロールパネルを開く
STEP
3D設定からパフォーマンス最大化する

開いたら「3D設定の管理」を開き、「電源管理モード」を「パフォーマンス最大化を優先」に変更しましょう。

これは電源をフルパワーにして、最大パフォーマンスを発揮するという設定です。

ゲーミングPC初期設定⑫3D設定の管理を開く

消費電力も大きくなるので、軽めのゲームをするときやゲーム以外の用途に使う時は、標準に戻しておいても良いでしょう。

セキュリティーソフトのアンインストール

大抵のパソコンにはマカフィーやノートンなどのセキュリティソフトがプリインストールされています。

30日間無料で以後は有料版に切り替えることになりますが、セキュリティ対策は標準搭載されている「Windows Defender」のみで良いという考え方も浸透しつつあります。

基本的なセキュリティ知識がある方なら、セキュリティソフトはアンインストールしても構わないでしょう。

STEP
設定画面からアプリを開く

ホーム画面の「設定」→「アプリ」を選択すると、インストールされているアプリが一覧で表示されます。

ゲーミングPC初期設定⑬アプリを開く
STEP
不要なセキュリティソフトを検索してアンインストールする

セキュリティソフトの名前を検索して「アンインストール」を選択。

ゲーミングPC初期設定⑭セキュリティソフトをアンインストールする

アプリのファイルを直接削除すると中途半端にデータが残り、不具合を生じる可能性があります。必ずこの手順でアンインストールするようにしましょう。

ゲーミングPCでやってはいけないことは?

ゲーミングPCが届いたらやってはいけないことは、

  • ゲーミングPCが入っていた段ボールを捨てる(修理で送る際に使う)
  • 初期不良のまま使い続ける
  • 重いモノを載せる
  • 設定の際に適当なパスワードなどを使う

などが挙げられます。特に段ボールは大きいため捨てられがちですが、後々使う可能性があるためどこかに保管しておきましょう。

ガレリアの初期設定代行はどこまでやってくれる?

ゲーミングPCの初期設定は難しいものではありませんが、慣れていないとそれなりに時間がかかります。

届いたらすぐにでも使いたいという方には、初期設定代行を利用するのもひとつの方法です。

ドスパラのゲーミングPCブランド「GARELLIA」では、有料で初期設定代行サービスを提供しています。

ローカルアカウントの作成はもちろんのこと、ゲーミング設定に特化した初期設定代行も提供しているのが特徴です。

グラフィックボードのドライバアップデートなどにくわえ、ゲームプレイに必要なコンテンツをインストールした状態で届けてくれます。

面倒な初期設定をしたくない方、届いたらすぐにゲームをしたいという方は購入時に依頼しておきましょう。

ゲーミングPCの初期設定でよくある質問

標準搭載のマカフィーは消すべき?

標準搭載されているマカフィーは1か月試用版で、それ以後は有料版に切り替わります。継続して使うつもりなら、消す必要はないでしょう。

ただし、セキュリティーソフトはメモリなどのリソースを消費するだけでなく、頻繁に通知を送ってくるなど煩わしい一面も。

Windowsのセキュリティは「Windows Defender」で充分であるという考え方もあります。

ある程度のセキュリティ知識があり、パフォーマンスや利便性を重視するのではあれば削除しても問題はありません。

ゲーミングPCを買ったら入れるソフトは?

ゲームプラットフォーム

パソコンでゲームをするなら必ず必要になるのが、ゲームプラットフォームです。Steam以外ではEPICやOrigin、UBIが有名です。

いずれもゲームの無料配布などを実施しているので、インストールしておくと良いでしょう。

ゲームクライアントの起動が早くなるので、SSDに格納しておくのがおすすめです。

PC版LINE

ゲーム中にいちいちスマホを確認するのは、意外と煩わしいものです。

LINEにはPC版アプリがあり、アカウントを紐づけることができるので最初に入れておきましょう。

Discord

ボイスチャットに欠かせないDiscordも必須アプリのひとつです。

最近はライブ配信などに使用している人も多いので、あまりVCをしないという方もインストールしておくことをおすすめします。

ゲーミングPCの設定で最初にやっておくことは?

ゲーミングPCを起動する前に、最初にやっておきたいことはグラボとモニターの接続確認です。

ゲーミングPCにはグラボとマザーボード両方に、映像の出力端子が搭載されていることが多いため、接続先を間違うことがあります。

マザーボードとモニターを接続してしまうと、映像が表示されたとしても、グラボの性能を活かせません。

特に、ゲーミングPCを初めて購入した初心者の方に多いミスで、気づかずに使い続けてしまうこともあります。

最初にグラボとモニターを接続しているか、必ず確認してから、ゲーミングPCを起動しましょう。

ゲーミングPCの初期設定にはどのくらいの時間が必要?

ゲーミングPCの初期設定に必要な時間は、PCの知識や慣れによって大きく異なります。

何度か初期設定をしたことがあり慣れている人で1時間程度、初めての人なら2~3時間程度はかかると思ったほうが良いでしょう。

初期設定は、慣れている方でもトラブルや手順のミスで手こずることがよくあります。ある程度時間の余裕を持って、落ち着いて作業を進めていくことが大切です。

ゲーミングPCを買ったらやるべき初期設定まとめ

ゲーミングPCを買ったら、最初にやるべき初期設定について解説しました。

初期設定というと面倒そうに思えますが、項目によってはパフォーマンスに影響を及ぼすものもあります。

仮に設定を間違えたとしても、それでパソコンが壊れてしまうということはありません。

せっかく買ったゲーミングPCの性能を存分に引き出し、快適なゲームプレイのために初期設定をよく確認しておきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次