【セール中】パソコン工房のおすすめゲーミングPC一覧

【2021年9月】フロンティアおすすめゲーミングPC|評判や口コミも

Frontierはなぜ安い?壊れやすい?おすすめBTOパソコン

性能はもちろん、低価格な点でゲーマーからの人気を得ているブランド『フロンティア

今回は、フロンティアが販売するおすすめゲーミングPCを初心者でも分かるようご紹介します。

記事後半では、評判・口コミ現在開催中のセールも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

フロンティアの格安セールまで【読み飛ばしたい】方はこちらから

スポンサーリンク

目次

フロンティアのおすすめゲーミングPC

スペックや価格などから、フロンティアのおすすめゲーミングデスクトップPCを選びました。

ゲーミングノートPCが気になる方は以下のリンクから読み飛ばせます。

【ゲーミングノートPC】を先に読みたい方はこちらから

グラボがどれだけの性能なのか気になる方は、『おすすめのグラボをまとめた記事』をご参照ください。

【GAシリーズ】FRGAH570F/SG5

初心者におすすめな低予算ゲーミングPC

FRGAH570F/SG5
性能評価
価格 169,800円
パーツ構成
  • CPU:Core i7-11700KF
  • グラボ:GTX 1650
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB NVMe SSD
  • HDD:2TB HDD

標準的な性能を持つ低予算ゲーミングPC『FRGAH570F/SG5』。

インテル最新世代の高性能CPU『Core i7-11700KF』のほか、512GBのM.2 SSDと2TBのHDDを標準搭載。カスタマイズしなくても快適にゲームをプレイできます。

ケースはGAシリーズ特有のエアフローに優れたタイプ。熱がこもりにくいので、熱暴走で突然PCが止まってしまうといった事故を防げます。

カラーリングはブラックで、堅牢なデザイン。流行りの『光ったPC』が苦手な方でもこれなら安心して部屋に置けます。

  • Apexみたいな流行りのゲームをPCでプレイしてみたい
  • 240FPS出る!みたいなハイスペックなPCは必要ない(予算を抑えたい)
  • 光ってるPCはイヤだ

という方にぴったりです。

たぶーら

高画質設定でゲームをプレイしたい場合は、カスタマイズでGTX 1660 Tiを選びましょう!

【GBシリーズ】FRGBX570/SG7

中~上級者向け高性能ゲーミングPC

性能評価
価格 219,800円 在庫残りわずか
パーツ構成
  • CPU:Ryzen 5 5600X
  • グラボ:RTX 3060
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB NVMe SSD
  • HDD:2TB HDD

高性能グラフィックボード『RTX 3060』を搭載したゲーミングPC『FRGBX570/SG7

FPSゲームはもちろん、スペックが求められる高画質MMOPRGも難なくプレイできます。

処理性能に優れたCPU『Ryzen 5 5600』は、ゲームだけでなく動画編集(エンコード)でも活躍。より快適に作業したい方は、カスタマイズでメモリを16GB → 32GBに変更してみてください。

ケースには、ハイスペックなパーツの運用に耐えられるよう、前面・背面に大型ファンを搭載。冷却性に優れています。

また、天面にUSBポートを備えているためゲーミングマウスなどが挿しやすいのも魅力です。

左側面は中身が見える強化ガラスを採用しており、掃除などのメンテナンスや拡張がラクに行えます。

  • ヌルヌル画質(高画質)でプレイしたい
  • VRも快適に使えるゲーミングPCがほしい
  • 動画編集などの作業をサクサク進めたい
  • メンテナンスしやすいゲーミングPCがほしい

といった方に適したゲーミングPCです。

たぶーら

ゲームのロード時間を短縮したい場合はカスタマイズでPCIe4.0対応のM.2SSDを選びましょう!

【GBシリーズ】FRGBX570/SG8

どんなゲームも快適に!スペック重視のゲーミングPC

FRGBX570/SG8
性能評価
価格 299,800円
パーツ構成
  • CPU:Ryzen 7 5800X
  • グラボ:RTX 3070 Ti
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB NVMe SSD

CPUに『Ryzen 7 5800X』、GPUに『RTX 3070 Ti』を採用した超贅沢仕様のゲーミングPC『FRGBX570/SG8』。これ1台でゲーム・配信・動画編集など、さまざまな用途を満たします。

  • 予算はいくらでもいいからとにかく性能を重視したい
  • 何でもこなせるゲーミングPCがほしい
  • 今後3~5年は戦えるPCがほしい

といった方におすすめです。

ただし、いくらゲーミングPCの性能がよくても、モニター側の性能が悪いと表示できる映像は改善されません。

そのため、これだけの性能をフルに発揮させたい場合はハイスペなモニターも用意する必要がある点に注意しましょう。

例えば、Acerの『XV253QXbmiiprzx』といった240Hz対応かつ応答速度が1ms以下のモニターであれば、ゲーミングPCの性能を腐らせることなく使えます。

なお、M.2 SSDは1TBと大容量ですが、HDDは標準搭載されていません。1TBだけでは心配だという方は、HDDをカスタマイズで追加しましょう。

PCゲームの容量を60GBだとすると、10個程度はインストールできます。余った容量は、shadowplayで撮影したプレイ動画を保存したり、アプリを保存したりすることが可能。HDDの追加は、もっとたくさんゲームをインストールしたい、動画を保存したい!という方向けです。

たぶーら

予算に余裕がある方は、メモリを32GBにするとパフォーマンスが向上します!

【GBシリーズ】FRGBX570/SG6

フロンティア最強のゲーミングPC

FRGAH370F/SG1はRTX 2070 SUPER・Core i7-9700Fを搭載した高コスパゲーミングPC
性能評価
価格 459,800円 在庫残りわずか
パーツ構成
  • CPU:Ryzen 9 5900X
  • グラボ:RTX 3090
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB NVMe SSD
  • HDD:2TB HDD

現時点でトップクラスの性能を誇るゲーミングPC『FRGBX570/SG6

グラフィックボードにはRTX30シリーズ最上位の『RTX 3090」、CPUにはRyzen 5000シリーズ最上位『Ryzen 9 5900X』を採用しています。

RTX 3090ともなると、CPUがボトルネック(グラボの性能にCPUがついてけない状態)になりがちなのですが、Ryzen 9 5900Xであれば十分に性能を発揮できます。

ただし、ほかパーツの性能に比べてメモリ容量が標準搭載のものでは不足気味なので、32~64GBに変更することをおすすめします。

  • 超ハイスペゲーミングPCがほしい
  • プロゲーマーと同じ環境でプレイしてみたい
  • 仕事用として365日毎日使いたい

という方におすすめです。

なお、FRGBX570/SG8でもお伝えしましたが、これだけの性能を持つPCを使用する場合は、周辺機器もある程度のモノを揃える必要があります。

モニターをはじめとする周辺機器・ゲーミングデバイスを最新の製品で固めましょう。

たぶーら

240Hz以上出るモニターがおすすめ!

フロンティアのおすすめゲーミングノートPC

ここからはゲーミングノートPCを紹介していきます。

出張や旅行など、外出先でもゲームのイベントを逃したくない・友達と一緒に遊びたいという方はぜひチェックしてみてください。

FRZN1011/SG1

ゲームも動画編集もできる万能型ゲーミングノートPC

FRZN1011/SG1
性能評価
価格 179,800円
パーツ構成
  • CPU:Core i7-10870H
  • グラボ:RTX 3060 Laptop GPU
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB NVMe SSD

非常に高性能なゲーミングノートPC『FRZN1011/SG1

重たいゲームも難なくプレイできるグラボと、エンコード等の作業に耐えるCPUを搭載しています。

モニターには144Hz対応のIPSパネルを採用。発色がよく角度による色の変化が少ないため、デュアル用のモニターと並べて使いたい方にぴったりです。

出張や旅行など、自宅外でも快適にゲームをプレイしたい場合は要チェック。

たぶーら

ノートPCはデスクトップPCと比べて拡張が非常に難しいです。そのため、標準スペックに不満がある場合は必ずカスタマイズでアップグレードしましょう。

フロンティアのゲーミングPCセール情報

2021年8月~9月までのお得なゲーミングPCセール情報をまとめました!

高性能なゲーミングPCを格安で手に入れるチャンスなので、お見逃しなく!!

夏得セール

2021年9月16日まで開催される『夏得セール

売れ筋のPCやゲーミングPCが13万円台から購入できます。セール対象のなかでも特におすすめなPCをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

セール公式ページ:https://www.frontier-direct.jp/direct/e/ej-month/

FRGXB560/M16

コスパ最高のミドルクラスPC

FRGXB560/M16
性能評価
価格 139,800円
パーツ構成
  • CPU:Core i5-10400F
  • グラボ:RTX 3060
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB NVMe SSD

FRGXB550/16M

CPUも妥協したくない方に

FRGXB550/16M
性能評価
価格 139,800円
パーツ構成
  • CPU:Core i5-10400F
  • グラボ:RTX 3060
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB NVMe SSD

FRGAB550/M361/NTK

容量十分な大人気ゲーミングPC

FRGAB550/M361/NTK
性能評価
価格 189,800円
パーツ構成
  • CPU:Ryzen 5 5600X
  • グラボ:RTX 3060 Ti
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB NVMe SSD

FRGAB550/67M1/NTK

今だけのセール価格でハイスペPCを手に入れたい方向け

性能評価
価格 219,800円
パーツ構成
  • CPU:Ryzen 7 5800X
  • グラボ:Radeon RX6700XT
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB NVMe SSD

フロンティアの評判・口コミ|壊れやすいって本当?

フロンティアの口コミ・評判をまとめました。

価格の安さ手厚いサポートで信頼を得ている一方、納期に時間がかかる点が惜しいとの声も。

すぐ手に入れたいという方は、『アウトレット・即納品』の中からゲーミングPCを選びましょう。

たぶーら

在庫数に限りがあるのでお早めに!

\ 期間限定セール中! /

フロンティアのメリット・デメリット

この性能でこの安さ!?となるのが、フロンティアの良いところ。

セール特価のものは台数が限られているので、無くなる前にチェックだけでもしておくのがおすすめです。

デメリットとしては、納期が少し遅いという点が挙げられますが、すぐ手元に届いて欲しいという方向けに『即納・アウトレット』というサービスがあります。

\ 期間限定セール中! /

【シリーズ解説】フロンティアのゲーミングPCの違い

GAシリーズはエアフローに評判のあるケースが魅力

FrontierのGAシリーズゲーミングPC

エアフローに特化したGAシリーズ。

エアフローとは、PC内の空気の流れのこと。ファンから送られてくる冷えた空気が中を循環することで、パーツの発熱を抑えられます。

エアフローが悪いPCの場合、発熱を抑えられず温度が上昇 → 熱暴走やパーツの故障に繋がるため注意が必要です。

自作PCの場合は自分でエアフローを考えながら組み立てる必要がありますが、GAシリーズはそんな知識も手間もかかりません。

また、HDDを取り付けるベイが複数備え付けられていたり、大型グラフィックボードを搭載できるスペースが設けられていたりと拡張性に優れているのもポイント。性能は初心者~中級者向けのモデルが多いです。

たぶーら

あとからPCパーツを増設したくなった!となっても、スペースがなければ不可能。将来的な不安もクリアしているのが、GAシリーズです。

GHシリーズはデザイン性に優れたケース

FrontierGHシリーズのゲーミングPC

内部のパーツを”魅”せられるGHシリーズ。

透明強化ガラスを採用しているため、グラフィックボードやCPUクーラーなどのパーツが外から確認できます。

LEDの光を腐らせない設計が魅力ですが、これだけではありません。

大型ファンを前面・背面に搭載しており、エアフローにもしっかり配慮。GAシリーズ同様通気性に優れているため、熱暴走などを抑えられます。

性能は中~上級者向けのモデルが多いです。

たぶーら

ほとんどのゲームはGHシリーズで快適にプレイできます!メモリやストレージに不安を覚えたらカスタマイズで追加しましょう!

GBシリーズは性能特化

FrontierGHシリーズのゲーミングPC

上級者~プロ向けの性能を持つGBシリーズ。

最上位モデルにはハイエンドなCPU『Ryzen 9 5900X』と、同じくハイエンドなグラボ『RTX 3090』を採用しています。プロゲーマーでも余裕で満足いくようなスペックなので、現段階で最強のゲーミングPCをくれ!という方におすすめです。

水冷クーラーにも対応しているケースなので、PCパーツの発熱が気になる方でも安心して使えるのが魅力。

もちろん、エアフローの設計もきちんと考えられています。

たぶーら

ゲーム内設定を全部HIGHにしてもヌルヌル動くPCがほしい方向け!!

【安い理由とは?】フロンティアの特徴

フロンティアの特徴は大きく分けて以下3つ。

安い理由を中の人に聞いてみた

『フロンティアのゲーミングPCが安いのは、低品質なパーツを使っているからでは?』という声を耳にしたことがあるかもしれません。

実際、フロンティアのセールは低価格でよく話題になります。

僕もこの点かなり気になったので、直接中の人(インバースネット社員さん)に話を聞いてみました。

結論から言うと、安い理由は以下2つ。

  • 一部のPCパーツを海外から大量に仕入れている
  • 生産工程における作業を効率化し、人員を少数精鋭に絞って回している
つかさ

パーツを一度にいっぱい買ってくれるなら安く売りますよ~っていうところから仕入れているワケなんだね?

たぶーら

そういうこと!人員も少数精鋭だから、その分人件費がかからない。すごい企業努力だよ!

安さにはちゃんと理由があったんです。

壊れやすいなんて事はないですし、万が一故障してしまった場合も、丁寧な電話対応等のサポートがありますので安心して下さい。

そもそも、パーツのカスタマイズ画面でどのメーカーどのパーツを使っているまで分かるので、実は不安がる必要は無いという。

フロンティアはカスタマイズ画面でどのメーカーのPCパーツが使われているか分かる
フロンティアの中の人

FRONTIERは、パソコンメーカーの中ではまだまだ認知度が高くありません。そのため、何とか努力して「品質と価格」で勝負できる体制を作っております。

【おすすめのゲーミングPC・カスタマイズ】が知りたい方はこちらから

購入前に知識豊富なアドバイザーへ相談できる

フロンティアでは、どんなPCが自分に合うか分からない人向けに、無料で受けられる事前相談サービスがあります。

HPの一番下にボタンがあります

フロンティアではゲーミングPC購入前に事前相談ができる
  • 一番安い構成を教えて欲しい
  • あのゲームを快適にプレイしたい
  • 動画編集もできるようなPCが欲しい

様々な要望に合うPCを提案してくれます。

プロが教えてくれるので、絶対に失敗したくないという方はぜひ利用してみましょう。

\ 無料で相談 /

下取りサービスがある|起動しないPCでもOK

古いPCの処分で悩む方のために、フロンティアでは下取りサービスが用意されています。

回収業者に頼むとただ捨てるだけになりますが、フロンティアの下取りサービスを利用するとゲーミングPC購入時一律1,000円分安くなります。

しかも、起動しなくなったPCでも引き取ってくれるという太っ腹ぶり。

フロンティアでは下取りサービスがあるので、PCを捨てたい人におすすめ
たぶーら

動作に問題無いけど、メルカリ等で売るのが面倒という方は、インバースネット(フロンティアを運営している会社)の高額買取サービスもおすすめですよ!

フロンティアの会社情報

社名インバースネット株式会社
ブランド名フロンティア
本社所在地〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
設立昭和26年12月14日(創業:昭和22年2月)
資本金10,000万円
代表者代表取締役 山本 慶次郎
事業内容自社製パーソナル・コンピュータ開発・製造及び販売など
取扱商品自社製パーソナル・コンピュータ(フロンティアシリーズ)、周辺機器、各種情報機器 他

フロンティアのおすすめゲーミングPCまとめ

今回は、フロンティアの評判・口コミとおすすめのゲーミングPCについてまとめました。

価格の安さ・性能が両立している『FRGAB450F/SG3/NTK』がおすすめです。

たぶーら

光学ドライブ(DVD入れるやつ)が必要な方は、カスタマイズ画面で確認する事を忘れずに!

以上、たぶーら( @daramemolog1202)でした。

類似記事もレビューしています

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる