5日間のビッグセールを見逃すな

【10万円以下】FRGXB450/WS5性能レビュー|ライトユーザ向けのコスパ抜群BTOPC

FRGXB450WS5性能レビュー

フロンティアより発売されているPC『FRGXB450/WS5

価格は10万円以下と、PCの中ではかなり格安ですが、その分性能を気にする方が多いと思います。

今回は、『FRGXB450/WS5』のPCパーツ構成で各ゲームどれぐらいfpsが出るか、他のゲーミングPCと比較して性能はどうなのか、という点に着目してレビューします。

たぶーら
上のリンクから商品ページに飛んでみて売り切れだった場合、本記事の『FRGXB450/WS5を他モデルと比較』で近い性能・価格のゲーミングPCを紹介しているのでそちらもぜひ!

フロンティアのおすすめゲーミングPCはこちらから

FRGXB450/WS5のスペック

FRGXB450/WS5』のスペックは以下の通り。

FRGXB450/WS5のスペック性能表まとめ
OSWindows 10 Home
CPURyzen 5 3600
グラボGTX 1660 SUPER
メモリ16GB(8GB x 2)
SSD500GB M.2 NVMe SSD
HDD2TB
価格99,800円

OS・500GBのM.2SSD入りなのにも関わらず、10万円を切るのは格安と言えます。

たぶーら
SSDの中でも『かなり速い』部類のM.2SSD。中にOSが入っているので、起動は爆速です!

グラボはGTX 1660 SUPERを搭載しており、低画質・フルHDなら安定して100fps以上出せる性能を持っています。

ゲーミングPCとして紹介されてはいないものの、これだけのパーツが標準で入っていれば、ほとんどのゲームは問題なくプレイできるでしょう。

セールで安く買えるかも?

FRGXB450/WS5の性能|各ゲームの推定fps

FRGXB450/WS5』が実際にどれぐらいのfpsが出せるのか、各ゲームの推定fpsを表にまとめました。

更に詳しい数値を観たい方は、搭載しているグラボ『GTX 1660 SUPER』のレビュー記事をご覧ください。

GTX 1660 SUPERのレビュー記事はこちらから

FRGXB450/WS5使用時の推定fps(クリックで読み飛ばし)
ゲーム最高画質最低画質
Apex80~100fps150~170fps
Fortnite90~110fps200~220fps
VALORANT220~230fps240~260fps
PUBG90~110fps140~160fps
R6S120~140fps190~210fps
Overwatch100~120fps240~260fps
CoD:MW80~90fps130~150fps
FFXV50~60fps100~120fps
MH:W60~80fps110~130fps
BFV90~110fps150~170fps

fps値はあくまでも推定です。マップ(ステージ)や使用状況等により変化する可能性があります。

値はgpucheck等のサイトを参考

Apex Legends

FRGXB450/WS5使用時、Apex Legendsでは最高画質で100fps、最低画質で150~170fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
80~100fps150~170fps

GTX 1660 SUPER + Ryzen 5 3600の組み合わせでも最高画質で100fps近く出せています。

ただし、テルミットグレネードや撃ち合い・マップの一部箇所によってはfps値が多少下がります。

一方、最低画質であれば、上記のような場面でも150fps付近を維持できる性能です。

画質よりもfpsを稼ぎたい方が多いと思うので、そういった面を考えると特に心配する点なくプレイできると言えます。

Fortnite(フォートナイト)

FRGXB450/WS5使用時、FortniteではEPICで100fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
90~110fps200~220fps

最高画質(EPIC)と最低画質(LOW)の差がかなり激しい結果になりました。

特に最低画質では、200fpsというゲーミングモニターが活きる数値を叩き出しています。

どのゲームもですが、GTX 1660 SUPER搭載PCの場合、モニターはFullHDを推奨します。

VALORANT

FRGXB450/WS5使用時、VALORANTでは200fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
220~230fps240~260fps

VALORANTは非常に軽いゲームであるため、最高画質・最低画質ともに200fpsを超える数値が出せています。

どんな場面でもカクつく心配が無いので、VALORANTをメインにゲームを遊びたいという方は即決でも良いレベル。

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)

FRGXB450/WS5使用時、PUBGでは120fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
90~110fps140~160fps

PUBGはFPSゲーの中では少々重たいゲームであるものの、最高画質で60fps・最低画質で100fpsをキープできています。

マップによって数値に変動はあるものの、基本的に上記の値を維持できると考えて良いです。

もう少し安定させたい・144fpsを維持させたいのであれば、RTX 2060 SUPER搭載のPCがおすすめです。

Rainbow Six Siege

FRGXB450/WS5使用時、R6Sでは144fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
120~140fps190~210fps

R6Sはかなり軽いゲームで、最高画質でも144fps付近の数値が出せます。

とは言え、特にグラを楽しむゲームでも無いため、基本的には最低画質でfpsを稼ぐのがおすすめです。

Overwatch(オーバーウォッチ)

FRGXB450/WS5使用時、Overwatchでは200fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
100~120fps240~260fps

特筆すべき問題点はありません。

Overwatchもそこまでスペックを要求されるゲームではないため、GTX 1660 SUPER搭載の『FRGXB450/WS5』で十分遊べます。

CoD:MW

FRGXB450/WS5使用時、CoD:MWでは100fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
80~90fps130~150fps

多少数値が下がる場合があるものの、60fps/144fpsの最低ラインは維持できます。

カクつくといった問題は無いでしょう。

FFXV(ファイナルファンタジー15)

FRGXB450/WS5使用時、FFXVでは80fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
50~60fps100~120fps

FFXVはRTX 2080 SUPERでも最高画質で100fpsいくかいかないかぐらいなので、かなり重たいです。

正直『FRGXB450/WS5』ではパワー不足なので、RTXシリーズのグラボを搭載したゲーミングPCをおすすめします。

MH:World(モンスターハンター:ワールド)

FRGXB450/WS5使用時、MH:Wでは60fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
60~80fps110~130fps

FFXV同様、このゲームも『FRGXB450/WS5』ではパワー不足感が否めないです。

遊べなくは無いですが、おすすめはしないといったところ。

最低でもRTX 2060 SUPER搭載のゲーミングPCを選びましょう。

Battle Field V(BFV)

FRGXB450/WS5使用時、BFVでは100fps
最高画質の推定fps最低画質の推定fps
90~110fps150~170fps

FRGXB450/WS5』で常時144fpsを維持させたいとなると、画質を落とす必要があります。

レイトレーシングが楽しめるゲームなので、RTXシリーズのグラボを搭載したゲーミングPCをおすすめします。

スポンサーリンク

FRGXB450/WS5のメリット・デメリット

メリット
  • 10万円切りという安さ
  • 低~中画質なら100fps超えを狙える性能
  • 2TBのHDDが標準で入っているため容量も十分
デメリット
  • 高画質でのプレイだと60fpsを切る可能性あり
  • FullHD以上のモニターには適さない
  • 光るPCパーツが好きな人には向かない

一言で言えば、『安くて性能も十分なPCが10万円で買える』です。

普通、この値段だとOSが入っていなかったりHDD無しの構成が多いのですが、この2つも標準で搭載しているので驚き。

デメリットとしては、中身が見えないケースなので、光るPCが欲しいという方には向かないという点。

WQHDや4Kなどのモニターでゲームをしたいという場合も注意が必要です。

性能が足りず、カクついてしまう可能性があります。

たぶーら
高画質・大画面で楽しみたい方はRTXシリーズ(RTX 2070 SUPERがおすすめ)搭載のPCを選びましょう!

セールで安く買えるかも?

FRGXB450/WS5を他モデルと比較

型番 性能 価格搭載CPU 搭載GPUメモリSSDHDD
FRGXB450/WS5はRyzen 5 3600 + GTX 1660 SUPER搭載の10万円台以下で購入可能なBTOPCFRGXB450/WS52.599800円Ryzen 5 3600GTX 1660 SUPER16GB500GB NVMe SSD2TB HDD
FRMXH310/WS4はCore i5-9400F + GTX 1660 SUPER搭載の10万円台以下で購入できるBTOPCFRMXH310/WS4289800円Core i5-9400FGTX 1660 SUPER16GB500GB NVMe SSD2TB HDD
FRGKB460/SG1はCore i7-10700F + GTX 1660 SUPER搭載の10万円台で購入できるゲーミングPCFRGKB460/SG12.5119800円Core i7-10700FGTX 1660 SUPER16GB500GB NVMe SSD1TB HDD
FRGAH370F/SG1はCore i7-9700F + RTX 2070 SUPER搭載の10万円台で購入できるコスパが良いゲーミングPCFRGAH370F/SG14155800円Core i7-9700FRTX 2070 SUPER16GB500GB NVMe SSD2TB HDD
FRGAB450F/SG3/NTKはRyzen 7 3700X + RTX 2070 SUPER搭載の10万円台で購入できるゲーミングPCFRGAB450F/SG3/NTK4.5162800円Ryzen 7 3700XRTX 2070 SUPER16GB1TB NVMe SSD2TB HDD
FRGHZ490/SG2はCore i7-10700 + RTX 2060 SUPER搭載の10万円台で購入できるゲーミングPCFRGHZ490/SG23.5179800円Core i7-10700RTX 2060 SUPER16GB1TB NVMe SSD2TB HDD
FRGKB460/SG3はCore i9-10900 + RTX 2080 SUPER搭載の20万円台で購入できる性能が高いゲーミングPCFRGKB460/SG35203800円Core i9-10900RTX 2080 SUPER16GB1TB NVMe SSD2TB HDD

この中で一番コスパが良いのは、Ryzen 7 3700X + RTX 2070 SUPERを搭載したゲーミングPC『FRGAB450F/SG3/NTK

価格は162800円と安い上、性能はよほど重たいゲームでない限りカクつく事は無いといえるほど。

VR入門としても十分実力を発揮してくれるPCです。

RTX 2070 SUPERの性能レビューはこちらから

たぶーら
FRGAB450F/SG3/NTK』よりも価格を抑えたいという方は、CPUが『Core i7-9700F』の『FRGAH370F/SG1』もおすすめです!

スポンサーリンク

FRGXB450/WS5レビューまとめ

今回は『FRGXB450/WS5』をレビューしました。

ゲームにもよりますが、最高画質だと平均60fps・最低画質だと100fpsを超える、十分すぎる性能を持っています。

価格も10万円を切っているので、まさに初心者にうってつけのPCです。

たぶーら
在庫数に限りがあるで、気になる方はお早めに!

以上、たぶーら( @daramemolog1202)でした。

セールで安く買えるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です