【今だけキャンペーン中】2022年1月最新のおすすめゲーミングPCをチェック

【今だけセール情報も】2022年版ドスパラのゲーミングPCおすすめランキング

リアルなグラフィックや滑らかな映像を楽しみたい方に欠かせないのがゲーミングPC。PS4・PS5よりも本格的にゲームをプレイできるので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、自分にとってちょうどいいスペック、ちょうどいい価格帯の製品を探すためには、メーカーの公式ページを行ったり来たりしてスペックを確認しないといけないので少し面倒です。

そこで今回は、BTOメーカーのなかでもトップクラスに人気があるドスパラのおすすめゲーミングPCを、【デスクトップ】【ノート】【ゲームタイトル】別にご紹介。今だけのセール情報も載せているので、ぜひチェックしてみてください。

2022年最新のゲーミングPCのおすすめ記事はこちらから

スポンサーリンク

目次

【最新版】ドスパラのゲーミングPCのセールやキャンペーン情報

年末年始 特大ポイント還元祭

『2021年12月3日(金)11:00~2022年1月13日(木)10:59』まで、ドスパラ会員限定で最大5万ポイント最大1万ポイントが当たる2つのキャンペーンが開催されています。

タイトル キャンペーン① キャンペーン②
特典 最大50,000ポイント 最大10,000ポイント
期間 2021年12月3日(金)11:00~2022年1月13日(木)10:59
条件
  1. 3000円以上買い物をする
  2. キャンペーンページでエントリーする
  1. 対象のパソコンを購入する
  2. キャンペーンページでエントリーする
対象商品 新品、中古全商品 下記コラボモデルを除く新品パソコン
  • 杏仁ミルコラボモデル
  • 渋谷ハルコラボモデル
  • ニグコラボモデル
  • ぶいすぽっ!イベントコラボモデル
  • Crazy Raccoonコラボモデル
  • DETONATORコラボモデル
  • Zelarlコラボモデル

公式ページ:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_sale

1つ目の5万ポイントキャンペーンの方は、期間中に3,000円以上ドスパラ内でお買い物をし、キャンペーンページにてエントリーを行うことが条件。もう1つの1万ポイントキャンペーンの方は、新品のパソコンを購入&エントリーが条件です。

なお、キャンペーン①は合計で10,000円以上お買い物をすると抽選口数2倍、パソコンを購入すると抽選口数がさらに2倍になります。ゲーミングPCを購入する方は抽選口数が4倍になると考えて大丈夫です。

ドスパラは1ポイント1円換算なので、5万円分と考えるとかなり大きいです。ミドルゲーマー向けの144Hzモニターであれば実質無料プロ仕様の240Hzモニターであれば格安で手に入れられます。

また、ドスパラポイントをSteamウォレットに移すこともできるので、新作ゲームが4~5個(安いゲームであればそれ以上)購入できます。

ドスパラでゲーミングPCを購入する場合は必ずエントリーしておきましょう!

たぶーら

1ヶ月間しかないのでお早めに!

ドスパラのゲーミングPCのおすすめランキング|デスクトップPC

ここからはランキング形式でおすすめのゲーミングPCをご紹介していきます。

たぶーら

下のリンクから気になるところまで読み飛ばせますよ!

【1位まで】読み飛ばしたい方はこちら

【比較表】でまとめてみたい方はこちら

第5位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) 第12世代IntelCPU搭載モデル ZA9C-R38

Intel最新の第12世代CPUを搭載したハイスペモデル

4.5

CPUCore i9-12900K
グラボRTX 3080
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB(Gen4)
HDD– – –
電源700W
こんな人におすすめ
  • 性能重視の人
  • 予算に余裕がある人
  • 複数のゲームを入れておきたい人
こんな人にはおすすめしない
  • 低価格モデルを探している人

2021年11月に発売されたIntel最新の第12世代CPUを備えたゲーミングPC。設定にもよりますが、ApexやFortniteなどの軽めなゲームであれば240fpsを安定して出せる性能を持ちます。

SSDは標準搭載で1TBと大容量。OS、動画や画像ファイルの保存分を考えても7~8個以上はゲームをインストールできるので、新作ゲームが出るたびに空き容量を増やすためアンインストールするといった手間が省けます。

PCケースに最上位モデル特有のアルミヘアライン加工が施されているのもポイント。高級感のあるモデルがほしい場合はチェックしてみてください。

たぶーら

HDDは非搭載なので、「ゲームはSSD」「動画・画像はHDD」と使い分けたい場合はカスタマイズで追加しましょう!

第4位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) 第11世代Core搭載モデル RM5C-R36T

重めのゲームでも144fps付近を安定して出せるスペック

3.5

CPUCore i5-11400
グラボRTX 3060 Ti
メモリ16GB(8GB×2)
SSD500GB NVMe
HDD– – –
電源650W
こんな人におすすめ
  • 予算が17万円以下の人
  • メインでプレイするゲームは2~3個という人
  • フルHD以上の解像度でプレイしたい人
こんな人にはおすすめしない
  • 4K解像度で快適にゲームを楽しみたい人

コスパに優れたGPU「RTX 3060 Ti」を搭載したゲーミングPC。初心者向けゲーミングPCよりもワンランク上のモデルがほしい方におすすめです。

FPSはもちろん、重めのRPGも快適に遊べます。WQHDモニターでのプレイを視野に入れている方にもぴったりです。

第3位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) 11400F搭載モデル RM5C-G60S

超格安!フルHD・144fpsなら間違いなくコレ

3

CPUCore i5-11400F
グラボGTX 1660 SUPER
メモリ16GB(8GB×2)
SSD500GB NVMe
HDD– – –
電源550W
こんな人におすすめ
  • 激安モデルがほしい人
  • 画質にそこまでこだわりがない人
  • 初めてゲーミングPCを買う人
こんな人にはおすすめしない
  • 240fpsを安定して出せるモデルがほしい人
  • 重たいゲームを高画質設定でプレイしたい人

ゲーミングPCのなかでは非常に低価格なモデル。CyberPunk 2077やBattle Field 2042などの重たいゲームを最高画質設定でプレイすることは難しいですが、ApexなどのFPSを低画質でプレイするには十分な性能を持っています。

ゲーミングPCがほしいけどハイスペモデルを買うには予算が足りない、、、といった方にぴったり。

たぶーら

ある程度のゲームは実はこのスペックでプレイできちゃうんです!初心者ゲーマーにもおすすめ!!

第2位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) 第11世代Core搭載モデル ZA9C-R39

最強性能のヘビーゲーマー向けモデル

5.0

CPUCore i9-11900K
グラボRTX 3090
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB(Gen4)
HDD– – –
電源850W
こんな人におすすめ
  • さまざまなゲームを高画質でプレイしたい人
  • VRでも快適に遊びたい人
  • 価格を気にしない人
こんな人にはおすすめしない
  • 軽めのゲームしかしない人(Apexなど)

Intel CPUのなかでも高性能な「Core i9-11900K」、RTX 30シリーズ最上位モデルの「RTX 3090」を搭載したゲーマーのためのゲーミングPC。

ストレージは速度の速いGen4 M.2 SSDを搭載。1TBと大容量なので、Shadowplayでプレイシーンを1試合まるまる保存する方も安心です。

メモリが標準搭載で16GBなので、動画編集などクリエイティブな作業をする場合は32GBにカスタマイズするのがおすすめ。最強のゲーミングPCを手に入れたい場合はチェックしてみてください。

第1位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) 第5600X搭載モデル XA5R-R37

予算を抑えつつ性能は妥協したくない方向け

4

CPURyzen 5 5600X
グラボRTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB NVMe
HDD– – –
電源650W
こんな人におすすめ
  • コスパ重視の人
  • 144~240fpsでゲームをプレイしたい人
  • 4Kモニターでのプレイを視野に入れている人
こんな人にはおすすめしない
  • 10万円以下のモデルを探している人

本記事のなかで最もおすすめできるゲーミングPC。

設定を控えめにすれば、ほとんどのゲームで180~200fpsを安定して出せるスペックを持ちます。ゲームによっては240fps出る場合も。

フレームレートは落ちますが、もちろんFFXVやCyberPunk 2077などの重ためなゲームも高グラフィックでプレイ可能。30~40万円台のモンスター級ゲーミングPCとは異なり、価格も手が届きやすいため、本格的ゲームを始めたい方におすすめです。

たぶーら

カクつきを抑えたい場合は、16GB → 32GBへのカスタマイズをおすすめします!

ドスパラのゲーミングPCのおすすめランキング|ノートPC

第3位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) UL7C-R36

大容量バッテリー搭載!出張や旅行のお供に

3

CPUCore i7-11800H
グラボRTX 3060
メモリ16GB(8GB×2)
SSD500GB NVMe
バッテリー 約9.6時間
重量約1.96kg
こんな人におすすめ
  • 充電できなくても長時間プレイできる製品がほしい人
  • 外でも快適にゲームをプレイしたい人
  • 軽くて持ち運びやすい製品がほしい人
  • コスパに優れた製品がほしい人
こんな人にはおすすめしない
  • 予算が10万円以下の人

連続駆動時間が約9.6時間と長めのゲーミングノートPC。学校やカフェなど、コンセントが使用できない場所でも長時間プレイできます。1試合が長いVAROLANTなどをプレイする方におすすめです。映画やアニメ鑑賞を外でしたい方にも適しています

重量は約1.96kgと軽量。かばんに入れてもかさばりにくく、気軽に持ち運べます。

Apexなどの軽めのゲームであれば100~144fpsを安定して出せるスペック。性能と持ち運びやすさ両方を重視する場合は要チェックです。

第2位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) Minecraft Starter Collection同梱版モデル XL7R-R36

コスパ最強&携帯性に優れたおすすめモデル

3.5

CPURyzen 7 5800H
グラボRTX 3060
メモリ16GB(8GB×2)
SSD500GB NVMe
バッテリー約6.3時間
重量約2.1kg
こんな人におすすめ
  • できる限り予算を抑えたい人
  • 最大144fpsでプレイしたい人
  • シンプルなデザインの製品がほしい人
  • マイクラをお得に始めたい人
こんな人にはおすすめしない
  • ハイスペゲーミングノートPCがほしい人

先に紹介した「UL7C-R36」よりも価格を抑えたモデル。

性能に大きな差はないので、より安いゲーミングノートPCを探している場合はこちらがおすすめです。ゲームを快適にプレイできる性能は十分持っているものの、BF2042やCyberPunk 2077などの重量級ゲームを高画質設定で高fpsを維持!とまではいかないので、そこそこの性能でよいという方向け。

マイクラ本編とコイン、さまざまなDLCが付属した「Minecraft Starter Collection」を同梱しているので、お得にマイクラをはじめたい方にもぴったりです。

第1位 ドスパラ GALLERIA(ガレリア) Minecraft Starter Collection同梱版モデル UL7C-R37

外出先でもデスクトップPC並みにサクサク楽しみたいゲーマー向け

4

CPUCore i7-11800H
グラボRTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB NVMe
バッテリー約8.8時間
重量約1.96kg
こんな人におすすめ
  • コスパ重視の人
  • 144~240fpsでゲームをプレイしたい人
  • 4Kモニターでのプレイを視野に入れている人
こんな人にはおすすめしない
  • 予算が20万円以下の人
  • 性能にこだわりがない人

ドスパラのゲーミングノートPCがほしいならコレ!といえるモデルが「UL7C-R37」。「Core i7-11800H」と「RTX 3070」のハイスペ構成。出張や旅行先でも快適にゲームをプレイしたい方におすすめ。3Dモデリングなどのクリエイティブな作業もスムーズにこなせます。

最大240Hzに対応したディスプレイを搭載しているのも魅力。映像の滑らかさを重視する方にもぴったりです。

ストレージも1TBと十分な容量を備えており、必要データ容量が大きいゲームも大量にインストールできます。いつでもどこでも快適にゲームをプレイしたい場合はチェックしてみてください。

【ゲーム別】ドスパラのゲーミングPCのおすすめ

Apex Legends

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) 渋谷ハルコラボモデル SHA7C-R37

渋ハル監修のハイスペモデル

4

CPUCore i7-11700
グラボRTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB(Gen4)
HDD– – –
電源650W

Apex Legendsの配信や「Vtuber最協決定戦」などで人気のある渋谷ハル氏が監修したコラボモデル。

“渋ハル”のイメージカラーであるオレンジのLEDライティングが使用できるほか、ロゴマークが施されていたり特別壁紙がプリインストールされていたりと、ファンにとってはたまらない豪華特典が付属しています。

全6種類で、それぞれスペックが異なるため自分に合ったモデルを選んでみてください。

下記公式リンクのページ中央部分で各モデルのスペックと価格が確認できます。

【渋ハルコラボ特設サイト】を読みたい方はこちらから

Fortnite

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) RM5C-G60T

圧倒的コスパ!フォートナイトなら200fpsド安定

2.5

CPUCore i5-11400F
グラボGTX 1660 SUPER
メモリ16GB(8GB×2)
SSD500GB NVMe
HDD– – –
電源550W

PUBG

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) RM5R-R36

価格も性能も”ちょうどいい”お手頃モデル

3

CPURyzen 5 3600
グラボRTX 3060
メモリ16GB(8GB×2)
SSD500GB NVMe
HDD– – –
電源650W

VALORANT

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) Challengers Japan大会協賛モデル XA7C-R37

VALORANT日本大会でも使われた”お墨付き”モデル

3

CPUCore i7-11700
グラボRTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB NVMe
HDD– – –
電源650W

Final Fantasy XV

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) i9-11900K搭載モデル ZA9C-R38

どんなゲームも快適に!高画質で楽しみたい方向け

4.5

CPUCore i9-11900K
グラボRTX 3080
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB(Gen4)
HDD– – –
電源850W

CyberPunk 2077

ドスパラ GALLERIA(ガレリア) ZA9C-R39

ヘビー級ゲームも超快適!性能重視なら間違いなくコレ

5

CPUCore i9-11900K
グラボRTX 3090
メモリ16GB(8GB×2)
SSD1TB(Gen4)
HDD– – –
電源850W

ドスパラのガレリアシリーズ比較表

本記事で紹介したガレリアシリーズの比較表です。公式ページ記載の性能スコアとコスパの良さをレート化。

また、各ゲームをプレイした際のfpsの目安もあわせて記載しています。

型番性能スコアコスパApex Legends

Apex Legends
Fortnite

Fortnite
VAROLANT

VAROLANT
PUBG

PUBG
CyberPunk 2077

CyberPunk 2077

RM5C-G60S
6031
(5 / 5.0)
100~144fps200~240fps200~240fps120~144fps60~70fps
RM5C-R36T
RM5C-R36T
10410
(4 / 5.0)
200~240fps240~300fps240~360fps144~170fps100~120fps
XA5R-R37
XA5R-R37
12176
(3.5 / 5.0)
240~270fps300~320fps360fps~180~200fps120~130fps

UA9C-R38
17186
(3 / 5.0)
290fps360fps~360fps~220fps~144fps
ZA9C-R39
ZA9C-R39
17323
(3 / 5.0)
300fps~360fps~360fps~240fps~144fps~

ゲーム内設定は「低」を想定。環境などによってfpsは変化するため、あくまでも目安として判断してください

ドスパラのゲーミングPCの選び方

各パーツに注目しよう

ゲームをするならグラボは必須

グラボ(GPU)はPCの頭脳と呼ばれるCPUと同じぐらい重要なパーツ。ほとんどのゲーミングPCに搭載されています。

基本的に、軽めのゲームを低設定・フルHD・144fpsで遊びたい場合はGTX 1660 Tiが搭載されているモデルが安くておすすめ。

重たいゲームも快適にプレイしたい場合はRTX 3070~RTX 3080、4Kでプレイしたい!VRもカクつきなく遊びたい!という場合はRTX 3090搭載のモデルを選びましょう。

グラボの役割や必要性、性能については下記記事で解説しています。

CPUはグラボと同じくらい重要なパーツ

ゲーミングPC全体の処理能力に関わるパーツが「CPU」。ゲームだけでなく、ブラウザやアプリを同時に起動したり、動画編集などを行ったりする際にも、このCPU性能によって快適度が変わります。

基本的に、コスパを求める場合はIntelの場合「Core i5シリーズ」、AMDの場合は「Ryzen 5シリーズ」を搭載しているモデルがおすすめ。

性能を求める場合は、最低でも「Core i7」、理想は「Core i9シリーズ」を搭載しているモデルを選びましょう。「Ryzen 7」か「Ryzen 9シリーズ」も性能が高くおすすめです。

メモリの容量もチェック

メモリは、CPUが処理するプログラムを一時的に保存するためのパーツ。作業台と呼ばれることがあります。

作業台が広ければ(容量が大きければ)作業しやすい(処理しやすい)と考えられるためです。

ほとんどのゲーミングPCには、16GBのメモリが標準搭載されています。ゲームをプレイするだけなら16GBでも十分ですが、動画編集など複数のアプリを使いたい場合は32GB、本格的なモデルがほしいなら64GBのモデルがおすすめ。

カスタマイズで増やすこともできるので、クリエイティブな作業を行う方はチェックしてみてください。

SSDやHDDはインストールしたいゲームの数による

ゲームファイルだけでなく、動画や画像ファイルの保存先としても使われるストレージ。

SSDのみ搭載しているモデルの場合、500GB以上あるとボリュームの大きいゲームでも2~3個はインストールできるため安心です。たくさんのゲームを入れたい場合は1TB以上標準搭載されているモデルを選びましょう。

起動時間やロード時間を速めるためにゲームはSSD、容量を食う動画や画像ファイルはHDDと使い分けたい場合は、SSDとHDD両方搭載されているモデルがぴったり。こちらもメモリ同様、カスタマイズで増設したり追加したりすることができるので、チェックしてみてください。

カスタマイズはストレージをメインに

ドスパラのカスタマイズ画面

ドスパラの場合、ゲーミングPCを購入する前に搭載するパーツのカスタマイズを行うことができます。

画像はSSDのカスタマイズ画面です。標準搭載の1TBから2TBへ増設、より高速なGen4対応のM.2 SSDに変更といった選択肢があります。

あとから自分で増設・追加することもできますが、場合によっては保証対象外になる恐れがあるので注意。また、ゲーミングノートPCは後からパーツを追加することが困難なので、ゲーミングノートPCを選ぶ場合は余裕を持ったストレージのモデルを選ぶか、カスタマイズであらかじめ増やしておくことをおすすめします。

ドスパラのゲーミングPCの評判は?

ドスパラのゲーミングPCの評判を集めてみました。

性能はもちろん、配線のきれいさ、発送の速さなどが良い評価として挙げられています。

ドスパラのゲーミングPCのよくある質問

支払い方法は何が選べる?

下記の支払い方法があります。

  • クレジットカード
  • 分割払い(JACCS)
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • 銀行振込
  • 銀行ネット決済
  • PayPay銀行リンク決済
  • ATM決済(ペイジー決済)
  • 楽天ペイ
  • PayPal
  • PayPay
  • d払い

注文してからいつ届く?

ドスパラの出荷は最短翌日

画像のように、「翌日出荷」のマークがある&正午までに注文すれば、最短翌日に届きます。

ただし、北海道・九州・沖縄にお住まいの場合は異なるので注意しましょう。

詳細は公式ホームページをご確認ください。

送料はいくらかかる?

BTOパソコンの場合、本土は一律3300円×台数、沖縄や離島は6600円×台数分かかります。

初期不良の対応は?

購入日から1週間以内に問い合わせへ連絡を行った場合、無料で修理を行ってもらえます。

アプリインストール、ログインまで行うと30日間まで延長されるので、不安な方は購入後にインストールしておきましょう。

修理に料金はかかる?

上記のとおり、初期不良とみなされた場合は無料です。また、保証期間内の修理も、対象とみなされた場合は無料です。

デスクトップとノートだったらどっちがいいの?

基本的に性能を求める or 自宅でしかゲームをプレイしない場合はゲーミングデスクトップPCがおすすめです。コンパクトさ・携帯性を求めるならノートPCを選びましょう。

ドスパラの会社情報

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる