2022年10月最新のコスパ最強ゲーミングPCおすすめをチェック

黒い砂漠の必要最低・推奨スペックとおすすめゲーミングPC|60fps以上でない人必見

黒い砂漠は2015年に日本でサービスを開始し、自由度の高さとグラフィックの美しさで人気となったMMORPGです。

2018年にリマスター、ウルトラの高画質モードが追加され、グラフィックがより美麗になりました。

反面、動作環境の幅が広くなったため、どんなスペックなら快適にプレイできるかわかりづらいです。

そこで本記事では黒い砂漠を高画質で快適にプレイできるスペックと、おすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

目次

黒い砂漠とは?

黒い砂漠とは?

黒い砂漠はPearl Abyssが開発した基本プレイ無料のMMORPGで、2015年から日本でのサービスがスタート。

美麗なグラフィックにノンターゲットバトルでの爽快なアクション、自由度の高さが人気を呼びました。

メインとなる冒険だけではなく、MMORPGならではの生活コンテンツも充実しており、生産をメインにプレイしている方もいます。

PKもありますが、解禁されるのはレベル50からなので、初心者の間なら心配する必要はほとんどありません。

2022年現在でも、全チャンネルを合わせたアクティブ数は20万人程度となっており、人の多い都市ではフレームレートの低下が見られるほどです。

黒い砂漠は今から始めても、MMOの楽しさを味わえますが、高画質でプレイするならハイスペックなゲーミングPCが必要になります。

黒い砂漠の必要最低と推奨スペックは?

黒い砂漠のスペックはプレイスタイルや希望する画質などによって変わります。

ここでは下記の4つに分けてスペックを紹介しています。

ちなみに、ほとんどのゲーミングPCは下記のスペックをクリアしているので、手っ取り早く必要な情報が知りたい場合は、黒い砂漠を快適にプレイするために必要なスペックまで読み飛ばしてください。

必要最低スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i3
グラボGTS 250
GeForce 9800 GTX
Radeon HD 3870 X2
メモリ容量4GB RAM
ストレージ容量41GB以上
OS32ビットまたは、64ビットのWindows10

黒い砂漠を最低限動かすために必要な公式のスペックになります。

GeForce 9800 GTXは2008年のハイエンドグラボなので、GTX 1050にもとどかない性能です。

現在のゲーミングPCであれば、エントリーモデルでも軽々と超えられるスペックなので参考にはなりません。

推奨スペック

パーツスペック
CPUIntel Core i5
グラボNVIDIA GTX 970
AMD RX 480
メモリ容量8GB RAM
ストレージ容量41GB以上
OS32ビットまたは、64ビットのWindows10

黒い砂漠を快適に動かすための推奨スペックです。

GTX 970は2014年のハイクラスグラボですが、GTX 1060と同程度の性能なので、現在はミドルスペックのゲーミングPCでも余裕で超えてくれます。

黒い砂漠に限りませんが、PCゲームは推奨スペックよりも一回り上の性能を持ったゲーミングPCを用意できると安定したプレイが可能です。

リマスタースペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7-8700
グラボGeForce GTX 1070 8GB
メモリ容量16GB RAM
ストレージ容量41GB以上
OS32ビットまたは、64ビットのWindows10

黒い砂漠の高画質モードであるリマスターの動作スペックになっています。

GTX 1070は2016年に発売されたハイクラスグラボですが、現在ではミドルスペックのRTX 3060のほうが高性能です。

黒い砂漠を高画質で快適にプレイするならリマスターを基準にするのが現実的で、「RTX 3080」以上なら高精細な4Kでのプレイも視野に入ってきます。

ウルトラモードスペック

パーツスペック
CPUIntel Core i7-8700
グラボGeForce GTX 1070 8GB
メモリ容量16GB RAM
ストレージ容量41GB以上
OS32ビットまたは、64ビットのWindows10

黒い砂漠の最高画質である、ウルトラモードの動作スペックです。

フルHDを基準にしたスペックですが、2017年のハイエンドグラボであるGTX 1080 Tiとメモリを32GBも要求していることから、非常に重いモードと分かります。

現在のハイエンドゲーミングPCならプレイも可能ですが、ほかのプレイヤーが多くなれば安定性が落ちるため、基本的にはスクリーンショットを楽しむモードです。

黒い砂漠におすすめのスペックは?

CPUとグラボ

ここではCPUとグラボの組み合わせを画質別に解説しています。

フルHDの場合はCore i5-12400×RTX 3060 Ti

黒い砂漠はフルHD、60fps以上のフレームレートが快適にプレイできる基準になります。

リマスターの推奨スペックはGTX 1070なので、現在のミドルクラスグラボ「RTX 3060 Ti」ならフルHD、60fpsを超えるフレームレートで黒い砂漠を安定してプレイできます。

黒い砂漠をリマスター、フルHDでプレイするなら、十分快適なスペックです。

WQHDの場合はCore i7-12700×RTX 3070

「RTX 3070」を搭載したゲーミングPCであれば、高画質なリマスターでも、より高精細なWQHDで快適にプレイできます

黒い砂漠はMMORPGなのでFPSゲームと比べると高フレームレートの重要性は低いですが、フルHDやWQHDなら、144Hzのゲーミングモニターでのプレイも視野に入るスペックです。

「Core i7-12700」との組み合わせなら、ほとんどのゲームを快適にプレイできるので、合わせてゲーミングモニターの導入をおすすめします。

4K最高画質の場合はCore i7-12700×RTX 3080以上

「RTX 3080」以上のハイエンドグラボであれば、フルHDならウルトラモードでもプレイできるスペックです。

現実的な最高画質であるリマスターでの4K解像度でも、黒い砂漠の美しいグラフィックを楽しめます。

ほかのプレイヤーもいるMMORPGなので、4Kで60fpsのフレームレートを維持するのは難しいですが、常用できる範囲です。

人が多くなるシーンでは設定を落としてフレームレートを重視する、冒険では高画質な4Kで楽しむなど、プレイの幅も広がります。

メモリは最低でも16GB

黒い砂漠を快適にプレイするために、必要なメモリ容量は最低でも16GBです。

グラボに搭載されているグラフィックメモリが大きければ、本体のメモリ使用率は下がりますが、8GBだと黒い砂漠を動かすだけで精一杯になります。

ゲームのクラッシュもありえるので、確実に16GB以上を搭載しましょう。配信も行うのであれば、メモリ容量は32GB以上がおすすめです。

SSD・HDD(ストレージ)

黒い砂漠を含めて2~3個程度のゲームをインストールするだけであれば、SSDの容量は500GBでも十分です。

ただ、黒い砂漠だけでも41GB以上必要になるので、500GBのSSDだけでは、のちのち容量不足に悩んでしまう可能性があります。

カスタマイズで1TB以上のSSDに変更したり、セカンドストレージに大容量のHDDを増設するのがおすすめです。

黒い砂漠におすすめのゲーミングPC|ゲーミングノートパソコン

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

ドスパラ ガレリア UL7C-R36

シンプルなデザインで普段使いにもおすすめなノートパソコン

おすすめ度:4

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-11800H
GPUNvidia RTX 3060
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
画面サイズと対応Hz15.6インチ/240Hz
本体サイズ幅356×奥行き234×高さ21.6mm
重量約1.96kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 軽量コンパクトで持ち運びやすい
  • リマスターもプレイ可能
  • バッテリー長持ち
こんな人にはおすすめしない
  • 特になし

「RTX 3060」を搭載したミドルスペックのゲーミングノートPCです。

黒い砂漠のリマスターでも、フルHDであればシーンによっては高いフレームレートが出せることもあります。

ほかプレイヤーが多くなると維持は難しくなりますが、画質をVERY HIGH以下に落としてフレームレートを重視するというプレイも可能です。

240Hzの高速ディスプレイを採用しているので、高フレームレートでのプレイもできるのがポイント。

バッテリーが最大で9.6時間と長く持つので、外出先で黒い砂漠やゲームをプレイするためのゲーミングノートPCを探している方におすすめします。

ドスパラ ガレリア ZL7C-R38H

高画質かつ滑らかな映像を楽しめるゲーミングノートPC

おすすめ度:5

タイプノート
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700H
グラフィックチップNvidia RTX 3080
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
画面サイズと対応Hz16インチ/165Hz
本体サイズ幅358×奥行き247×高さ20.0mm
重量約2.15kg
OSWindows
おすすめする理由
  • 大画面で迫力ある映像が楽しめる
  • 高画質設定でも快適に遊べる
  • 大容量メモリで配信・動画編集もサクサク
  • FPSゲームなどにもおすすめ
こんな人にはおすすめしない
  • 予算20万円以下の人

CPUに第12世代「Core i7-12700H」を搭載したハイスペックなゲーミングノートPC。

「RTX 3080」を組み合わせており、ゲーミングノートPCとしては非常に高いグラフィック性能を持っています。

ディスプレイはフルHDより縦方向にやや広いWUXGAを採用。作業領域が広いため一度に閲覧できる情報が多くなります。

黒い砂漠ではフルスクリーンモードだとグラボの負担が軽くなるので、外部のゲーミングモニターと組み合わせるのもおすすめです。

メインPCとしても使えるスペックのゲーミングノートPCを探している方はチェックしてみてください。

黒い砂漠におすすめのゲーミングPC|デスクトップPC

RTX 3060 Ti搭載|ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

ドスパラ ガレリア RM5C-R36T

コスパ重視ならこの1台!高性能でも格安なゲーミングPC

おすすめ度:4

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i5-12400
グラフィックチップNvidia RTX 3060 Ti
メモリ容量16GB
SSD容量500GB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • コスパに優れた構成
  • LEDライティング搭載
  • 動作音が非常に静か
こんな人にはおすすめしない
  • 4K画質を楽しみたい人

CPUに「Core i5-12400」を搭載したドスパラのミドルクラスゲーミングPC。

グラボには「RTX 3060 Ti」を採用しているので、黒い砂漠をフルHD、リマスターの高画質で快適に遊べるスペックです。

シーンによっては60fpsを大きく超えた高いフレームレートも出せますが、黒い砂漠はスキルエフェクトの影響を受けやすいため、常に維持できるとは限りません。

ただ、黒い砂漠はMMORPGなので、60fps以上で安定すれば十分快適です。

ストレージは500GBと少なめなので、カスタマイズで1TB以上に変更するか、セカンドストレージの追加をおすすめします。

RTX 3070搭載|ドスパラ ガレリア XA7C-R37

ドスパラ ガレリア XA7C-R37

4Kでも快適!ほとんどのゲームを遊び尽くせるゲーミングPC

おすすめ度:4.5

タイプミドルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i7-12700
グラフィックチップNvidia RTX 3070
メモリ容量16GB
SSD容量1TB
HDD容量– – –
電源650W
OSWindows
おすすめする理由
  • 黒い砂漠を高画質・高フレームレートでプレイできる
  • 1TBのSSDを搭載
こんな人にはおすすめしない
  • 小型なモデルがほしい人

Intelの第12世代CPU「Core i7-12700」を搭載したハイクラスゲーミングPC。

本モデルに搭載されている「RTX 3070」は、リマスターの推奨グラボであるGTX 1070の約2倍の性能を持っており、黒い砂漠を高フレームレートでプレイできるスペックです。

高画質なWQHDでのプレイも可能なので、黒い砂漠の美麗なグラフィックをより高精細な映像で楽しめます。

RTX 3070のスペックなら、ほとんどのゲームを快適にプレイできるので、ゲーミングモニターを導入するのもおすすめです。

ドスパラ ガレリア UA9C-R39

ドスパラ ガレリア UA9C-R39

スペック重視のハイエンドゲーミングPC

おすすめ度:5

タイプフルタワー
CPUメーカーIntel
CPUCore i9-12900K
グラフィックチップNvidia RTX 3090
メモリ容量32GB
SSD容量1TB
HDD容量2TB
電源850W
OSWindows
おすすめする理由
  • RTX 3090を搭載した超ハイスペモデル
  • 4K画質でも快適
  • メモリ・ストレージともに大容量
こんな人にはおすすめしない
  • 画質にこだわりがない人

CPUは「Core i9-12900K」、グラボには「RTX 3090」と最高クラスのモデルを搭載した非常にスペックが高い黒い砂漠向けゲーミングPCです。

RTX 3090の性能があれば、高画質なリマスターでも、4K解像度でのプレイが視野に入ってきます。

DDR5メモリを32GB標準搭載し、ストレージもNvme SSDを1TBと、2TBのHDDのデュアル構成なのもポイント。

ゲームをプレイするだけではなく、配信や動画編集にも適したモデルです。

黒い砂漠の美しいグラフィックを、4Kの高画質な映像で楽しみたいという方におすすめします。

黒い砂漠モバイルのスマホ必要スペック

推奨スペックiPhone6 Plus以上/iPadMini3以上
対応OSiOS 11.0バージョン以上
iOSの黒い砂漠必要スペック
推奨スペックSnapdragon 805/RAM 2.5GB以上
対応OSAndroid 6.0以上
Androidの黒い砂漠必要スペック

黒い砂漠モバイルの公式推奨スペックになります。

Snapdragon 805は2013年に発表されたスマホ用CPUなので、プレイするハードルは低く見えますが、モバイル版でも黒い砂漠ならではの美麗なグラフィックは健在です。

相応に重くなりますので本格的にプレイするなら、ゲーミングスマホの入手を検討してみてください。

黒い砂漠のスペックでよくある質問

黒い砂漠のメモリ使用量は?

黒い砂漠のメモリ使用量は約7~9GBです。

グラフィックスメモリを多く搭載した高性能なグラボほど、ゲーミングPC本体のメモリ使用量は少なくなります。

黒い砂漠はメモリ使用量が大きいタイトルなので、最低でも16GBのモデルを選びましょう。

黒い砂漠リマスターのFPSは?

黒い砂漠リマスターにfps制限はありません。モニターのリフレッシュレートが限界値です。

グラボ側のソフトウェアで垂直同期をオフにすれば、モニターの限界を超えたフレームレートも出せるようになります。

ただ、垂直同期を切ると描画が乱れやすくなるので注意です。

黒い砂漠は無料ですか?

黒い砂漠は基本プレイ無料のMMORPGです。

アイテム課金制となっているので、普通にプレイするだけなら無料で遊べます。

一部の課金アイテムはゲーム内通貨で取引できるため、はやめに資金を稼ぎたい場合は課金するのもありです。

黒い砂漠はグラボなしだと60fps以上でない?

黒い砂漠をグラボなしでプレイすると、60fps以上でないのはもちろんカクついてまともにプレイできません。

設定の幅が広いため起動はするかもしれませんが、黒い砂漠は重いだけでなく、ほかのプレイヤーがいるMMORPGなので快適にプレイはできません。

PCで3Dゲームをプレイする場合、グラボは必須です。

黒い砂漠公式とSteamの違いって何?

黒い砂漠は公式なら無料で始められますが、Steam版は有料になっています。

Steam版もサーバーは同じなので、無料でプレイできる公式がおすすめです。

モニターは何がおすすめ?

黒い砂漠はFPSゲームと比べると高フレームレートの恩恵は少ないですが、対人コンテンツを重視するなら、ゲーミングモニターを導入すれば有利に立ち回れます。

RTX 3070を搭載したゲーミングPCであればリマスターでも、フルHD、165Hzのゲーミングモニターの性能を活かせるので、なめらかな映像で黒い砂漠をプレイ可能です。

RTX 3080以上を搭載したゲーミングPCなら、より高精細な4Kのゲーミングモニターがおすすめ。

量子ドットを採用した4KのIPSパネルが、黒い砂漠の美麗なグラフィックをより引き立たせ、没入感を高めてくれます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次