AmazonサイバーマンデーでVR等を格安で買う

【毎日定期投稿】TwitterのBOTやブログ記事のツイートを予約投稿する方法【IFTTT】

Twitter 自動投稿 定期投稿 やり方


自動でツイートしてくれるサービスが知りたい。

twittbotを使っていたけど、調子が悪いし使い勝手も悪い。

他のツールがあるなら、使い方を分かりやすく説明して欲しい。


本記事は上記のような方向けの記事です。


はじめまして、たぶーら( @daramemolog1202)です。

2019年7月21日21時現在、twittbot(ツイート予約投稿サービス)にアクセスできないという事象が発生しています。

前々から思っていたのですが、twittbotってちゃんと設定した時間にツイートされなかったり、今回のように不具合が発生して不便ですよね。


そこで、今回はあるツールを使って好きな時間に、好きな頻度で確実にツイートできる方法をご紹介します。


Twitterで簡単にBOTツイートやブログの記事を定期投稿する方法


今回は『IFTTT』というツールを使用して、好きな時間・間隔で、何個でもツイートが出来るよう設定したいと思います。

設定にあたり、下記3つのアカウントが必要となります。
※IFTTTアカウントの作り方は画像付で本記事にて解説していますのでご安心下さい。
※Google・Twitterアカウントは既に作成しているという前提で進めていきます。


・Googleアカウント

・Twitterアカウント

・IFTTTアカウント


TwitterBOT作成手順1:Googleカレンダーで新しいカレンダーを作成する


まず、Googleカレンダーを開きます。画面左下にある、他のカレンダーの横にある+マークをクリックして下さい。



Twitter 自動投稿 BOT IFTTT
画像クリックで拡大できます。

クリックすると、下記画像のような選択肢が出てくるので、新しいカレンダーを作成を選択して下さい。



Twitter 自動投稿 BOT IFTTT

用途に合った名前を入力したら、他には何も入力せず、カレンダーを作成をクリックします。



Twitter 自動投稿 BOT IFTTT

※名前は自由に入力して下さい。
Google Calendarのタブは閉じないで下さい。最後にツイート内容を設定するときにもう一度開く事になります。

次はIFTTTの設定です。


TwitterBOT作成手順2:IFTTTのアカウントを作成する


IFTTTを開きます。
下記画像のようなページが表示されるので、Continue with Googleを選択します。



IFTTT

Googleアカウントを選択します。
※画像は複数アカウントある場合



Googleアカウント 選択

下記画像のページが開けたら、画面右上の✕をクリックして下さい。



IFTTT

TwitterBOT作成手順3:IFTTTとGoogle Calendarの連携


Searchで、Google Calendarと検索します。



IFTTT

Servicesを選択し、続けて画面左下のGoogle Calendarをクリックします。



IFTTT

Connectをクリックします。



IFTTT

連携許可を求められるので、許可をクリックします。



Google 認証

Google Calendarとの連携が終わったので、次はTwitterと連携させます。


TwitterBOT作成手順4:IFTTTとTwitterの連携


SearchTwitterと検索して下さい。



IFTTT

Google Calendarの時と同じように、Servicesを選択してからTwitterを選びます。



IFTTT

Connectをクリックします。



IFTTT

連携アプリを認証をクリックします。



IFTTT


たぶーら
もう少しで終了です!

TwitterBOT作成手順5:Google CalendarとTwitterの紐づけ


次はGoogle CalendarとTwitterを紐づけます。

画面左上にある、My Appletsをクリックして下さい。



IFTTT

画面右のNew Appletをクリックします。



IFTTT

青文字になっている+thisをクリックします。



IFTTT

Googleと検索し、Google Calendarを選びます。



IFTTT

画面真ん中にあるAny event startsをクリックします。



IFTTT

Which calendar?で記事冒頭にて作成したカレンダーを選択します。
続けてCreate triggerをクリック。



IFTTT

次に、青文字の+thatをクリックします。



IFTTT

画面左下に既にTwitterが表示されているので、選択します。
※ない場合は検索して下さい。



IFTTT

Post a tweetを選択します。



IFTTT

Title starts Startsと入力されていますが、それは削除して、Add ingredientの中からDescriptionを選択します。
入力されたのが確認できたら、Create actionをクリックして下さい。



IFTTT

画面下のFinishをクリックしたらIFTTTの設定は終了です。



IFTTT

お疲れ様でした。
これでGoogle Calendarの予定でツイート内容・時間を設定すれば、勝手にツイートしてくれるようになります


Google Calendarの予定を自動投稿する方法


ここまで来たら、残りの作業は時間の設定とツイート内容をコピペするだけです。

カレンダーの左上にある、+作成をクリックします。



Google Calendar

このようなポップアップが表示されるため、その他のオプションをクリックして下さい。



Google Calendar

①予定のタイトルを投稿します。このタイトルはツイートには関係ありません。

②ツイートしたい時間帯、間隔を設定します。

③冒頭で作成したカレンダーを選択して下さい。

④予め決めておいたツイートの内容をコピペします。記事のURLを忘れない・文字数制限に引っかからないように注意が必要です。
URLはどんなに長くても22文字としてカウントされるという事と、URLの後ろに半角スペース一文字入れる事を考慮して、URLの文字数を抜いて最大116文字以内に収めましょう





最後に画面上の保存ボタンをクリックしたら全行程終了です!
お疲れ様でした。


ブログ記事の定期投稿や、BOTの自動ツイートがこれで可能になりました。
ツイートを増やしたい場合は+作成をクリックするところから手順を繰り返しましょう。

以上、『【毎日定期投稿】TwitterのBOTやブログ記事のツイートを予約投稿する方法【IFTTT】』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です